2016年03月19日

お蔵出しディープスポット・初夏の北海道、旭山動物園!の巻。。

釧路湿原で野生のワシや鹿と遭遇した翌日は、旭山動物園でいろいろな動物を観察してきました、、! ここでは動物の自然な姿が見られるよう、到るところに面白い工夫がされていましたよ。。

例えば、ここではアザラシが円柱形の水槽を通り抜ける仕組みになっていて、より身近にアザラシを観察することができます!↓

L1130589.jpg

お腹を上にして、すいすい泳いでいきます、、。↓

L1130592.jpg

こちらのプールでは、アザラシやアシカの餌やりショー「もぐもぐタイム」が大人気でした!↓

L1130596.jpg

白熊は初夏の暑さで、ちょっとアンニュイな雰囲気に。。↓

L1130601.jpg

L1130599.jpg

ライオンも、まるで猫のようにゴロゴロしていましたよ。。↓

L1130603.jpg

L1130613.jpg

こんな風に、すぐ顔を上げたところに豹が寝ていたりするのも迫力満点でした!↓

L1130606.jpg

L1130611.jpg

ペンギンも、まったりしていて可愛かったです!↓

L1130616.jpg

そしてプールの下からは、このように飛んでいるかのようなペンギンの泳ぐ姿を見ることができるのです!↓

L1130621.jpg

レッサーパンダも初めはダルンとしていたのですが、、。↓

L1130635.jpg

せっせと笹を食べ始め、、、。↓

L1130639.jpg

一匹がなにやら動きだしました。。↓

L1130640.jpg

実はレッサーパンダのいる場所から、こんな風に橋がかかっていて外の木に上れるようになっているのです。。↓

L1130642.jpg

L1130645.jpg

L1130649.jpg

大きなエゾ鹿や丹頂鶴、鷲もいました!↓

L1130658.jpg

L1130667.jpg

L1130673.jpg

そして、ここがテナガザルの遊技場です!↓

L1130685.jpg

この写真だとわかりにくいのですが、、高いところに片手でぶら下がっている小さな人影がテナガザルなのです。ブルンブルン回って遊んでいるようでしたが、、、見ているこちらがハラハラしました。。↓

L1130684.jpg

まるでサーカスのように、高いところにあるロープを平気で渡っていきます。。↓

L1130687.jpg

隣の類人猿ブースでは、チンパンジーが熱心に道具を使う姿も見られましたよ、、!↓

L1130681.jpg

そして、こんな風にカバを下から見上げたのも初めての経験でした!↓

L1130696.jpg

カバは糞をした後、尻尾を振ってまき散らす習性があるのですが、、その姿はこちらまで臭ってきそうな迫力でした!↓

L1130698.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 00:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

お蔵出しディープスポット・初夏の北海道、釧路湿原探訪!の巻。。

これも少し前の写真なんですが、、、爽やかな初夏の北海道、釧路湿原です。。
今回のメインの目的は、釧路湿原をカヌーで巡る!というもの。。
とりあえず、釧路空港からレンタカーで30分くらいのところにある、釧路湿原のとっぺ先に向かいました。

この日は曇り空だったのですが、湿原の中の道は爽やかで気持ちよかったです!↓

L1130524.jpg

道の脇に生えた木の枝には、こんな巨大で珍しい茸が。。↓

L1130515.jpg

手の平くらいの大きさのものが、いくつも生えていましたよ。↓

L1130518.jpg

シダは沖縄にも沢山生えていましたが、やはり北海道のシダは少し雰囲気が違うような気がします。。↓

L1130523.jpg

この草むらの中に猫がいるのですが、、、どこにいるか分かるでしょうか??↓

L1130525.jpg

アップにしてみると、、、。一匹のつもりが、二、三匹いるような気がしてきました。。↓

L1130526.jpg

こうして眺めると、やはり釧路湿原は雄大ですね。。↓

L1130534.jpg

そしてその日の深夜3時半に起きた吉田達は、ホテルからレンタカーを飛ばして朝4時半に釧路湿原の中にあるネイチャーセンターへ。。ここからカヌーを漕いで湿原の中を巡るのです、、!

ちなみに、これが吉田が乗る一人乗り用カヌー。。↓(写っているのは準備してくれたスタッフの人です)

L1130568.jpg

救命具などを体につけて、恐る恐る川に漕ぎ出していきます。。↓

L1130536.jpg

陽が昇る前なので、まだ辺りは薄暗いです。↓

L1130538.jpg

なぜこんな早朝から漕ぎ出したかというと、、、どうやら早い時間のほうが、餌を探しに水辺にくる野生動物と遭遇しやすいそうなのです。。↓

L1130539.jpg

写真だと分からないのですが、、、早朝の釧路湿原は東京では聞いたことがないような珍しい鳥がさえずっていて、まるで極楽浄土のような清らかな雰囲気でした。。↓

L1130542.jpg

そして、しばらく行ったところの木の枝に、天然記念物のオジロワシが、、!↓

L1130546.jpg

高い木のてっぺんにとまった姿からは、神々しさが漂っていましたよ!↓

L1130553.jpg

さらに、川辺には水を飲みに来た野生の鹿の群が、、!↓

L1130559 のコピー.jpg

鹿は奈良公園にも沢山いたのですが、、やはり鹿煎餅を食べたことのない生粋の野生の鹿に遭遇できるのは嬉しいですね! しかも、子鹿もいるようです。。↓

L1130559.jpg

別の場所にもまた鹿が、、。↓

L1130567.jpg

きょとんとした顔でこちらを観察していました。。↓

L1130567 2.jpg

早朝の釧路湿原は、静かで野生動物にも出会うことができ、本当に素晴らしかったです。。早起きした甲斐がありました!

そして、カヌーを返却した後は、再び車を飛ばして富良野の「ファーム富田」へ。。↓

L1130573.jpg

ここは広大なラベンダー畑が有名なのです。。↓

L1130582.jpg

時期的に少し早いようでしたが、整然と並んだ花苗が宇宙人のようで見事でした!↓

L1130585.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

3月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

先週土曜日は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
今回の情念の衣装は可愛く「猫」をテーマにしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

L1190270.jpg

皆それぞれ猫耳をつけています。。↓

L1190269.jpg

吉田も猫ドレス&猫耳をつけてみましたよ。。↓

L1190273.jpg

チャームポイントはピンクのリボンと花の首輪です。。↓

L1190276.jpg

そして、今回もまたご来場くださった方から「大金持ちあられ」の差し入れを頂きましたよ!↓

L1190282.jpg

だいぶ食べてしまった後での撮影だったので中身がスカスカなのですが。。。今回はエビマヨネーズ味で、こちらも美味しかったです!ありがとうございました!!↓

L1190283.jpg

CDをお買い上げくださった皆様もありがとうございました!
(写真は上二つがスプーンさん撮影です。こちらもありがとうございます!)
posted by 吉田酢酸先生 at 01:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

東京ステーションホテル!の巻。。

今回は「麻吉旅館」や「竹村家」とはまた違ったタイプの歴史あるホテル、、、「東京ステーションホテル」です!
もともと大正3年の開業なのですが、改修されて2012年に新しく生まれ変わったのでした。。

東京駅の丸の内南口改札から、そのままホテルに直結しています。。↓

L1130711.jpg

東京駅の3階部分のほとんどと、2階と4階の一部がホテルになっているようです。↓

L1130712.jpg

そして、なんとドームサイドの部屋からは、東京駅構内が見渡せるのです! 夜遅くはさすがに人通りが少なかったのですが、歩いている人を上からこっそり見下ろすのはなんだか気分がよかったです。。↓

L1130704.jpg

駅構内を取り囲むように部屋が並んでいます。。向かい側の部屋にも灯りがついていました。↓

L1130706.jpg

駅の天井もリニューアルされていて素敵でした! 天井を囲むように、干支のレリーフが取り付けられているそうです。。↓

L1130709.jpg

そして、一夜明けて朝に、、、。↓

L1130715.jpg

さっそくカーテンを開けて構内を覗いてみると、だんだん人通りが多くなっていくのがわかります。なんだか一日中、ここの窓から人の流れを観察してみたくなりますね。。↓

L1130716.jpg

ちなみに部屋の内装も、シャンデリアが灯っていてゴージャスでした!↓

L1130717.jpg

部屋の内部から窓を見るとこんな感じでしたよ。。↓

L1130720.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

潜入!ロボットレストラン!の巻。。

これも、とある夏の写真なのですが、、ロボットに100億円もかかっているという噂のロボットレストランに潜入してきましたよ!

場所は新宿、歌舞伎町です。ド派手な看板&ロボットですぐにわかりました!↓

L1130812.jpg

中央にいる全身ピンクの人は、ロボットのように見えるのですが、、、乗っている巨大ロボットを操縦しているお姉さんなのです。。↓

L1130831.jpg

こちらは赤い人が操縦しています。↓

L1130821.jpg

ロボットと神輿の融合という、なんとも不思議な世界観が広がっていました!↓

L1130825.jpg

L1130826.jpg

L1130834.jpg

しかし、ここはレストランの中というわけではなく、まだ入り口にすぎないのです。。↓

L1130837.jpg

ショーは完全予約制で、時間がくると中の待合室に通されます。待合室の壁や天井もド派手でしたよ、、、!↓

L1130838.jpg

トイレの中まで金ピカでした、、!↓

L1130841.jpg

ショーが始まるまでの待ち時間がけっこう長かったのですが、待っている間にステージではジャズの演奏が、、。↓

L1130843.jpg

L1130846.jpg

これだけでも満足できるくらいのド派手な世界をたっぷり味わった後、ようやく地下のホールに通されショーが始まったのでしたが、、、。↓

L1130848.jpg

ショーはもうすごすぎて、何が何やらわからないようなド迫力でしたよ!とにかく、奇麗なお姉さん達が大勢登場して、どんどこどんどこ太鼓を叩きまくります!↓

L1130852.jpg

どうやら、女同士の熱い闘いが繰り広げられるようです。。↓

L1130854.jpg

ちなみにショーはホールの真ん中で行われていて、お客さんは、両サイドの壁際にまるでクイズ番組のように並んで座って鑑賞(観戦?)します。。吉田が行ったときはほとんど外国からきたお客さんばかりで、なんだか日本ではないみたいでした。。さらに、レストランなのになぜか食事はお弁当一種類しかないのも謎でした。。↓

L1130858.jpg

女同士の闘いが終わると、今度は別の闘いが勃発したようです。。↓

L1130862.jpg

いろいろあった後、最後はロボットが大蛇を打ち倒してめでたしめでたしということに、、。↓

L1130870.jpg

L1130883.jpg

そして、零戦?に乗って再び美女群が登場! よくわからない興奮と盛り上がりの中、ショーは幕を閉じたのでした。。↓

L1130897.jpg

とにかくいろいろな意味で衝撃を受けたロボットレストランですが、、、見応えはたっぷりで、なんだかわけのわからない元気をもらった感じがしました。。

L1130907.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

お蔵出しディープスポット・尾道その2〜西國寺&映画「転校生」の階段探訪!の巻。。

前回に続き、坂の街「尾道」編です。。
まずは、2メートルの巨大わらじがある「西國寺」へ。。いきなり山門に迫力のわらじがありました!↓

L1140052.jpg

巨大ワラジの下には願掛けのためのミニわらじが。↓

L1140054.jpg

このわらじは健脚祈願とのことで、本殿のほうにも奉納されていました。↓

L1140058.jpg

このお寺もかなり石段を上ったところにあったので、眺めがよかったです!↓

L1140055.jpg

L1140061.jpg

不動明王が祀ってある「大師堂」とその脇の「毘沙門堂」。かなり広いお寺でした。↓

L1140065.jpg

さらに石段を上った頂上から、お堂の屋根を眺めます。。↓

L1140062.jpg

尾道の街も味わい深いものがありました。。!↓

L1140068.jpg

この石畳を通って、いよいよ映画「転校生」で主人公が転がり落ちる石段に向かいます。。↓

L1140069.jpg

歩いていると、またしても猫が、、。↓

L1140071.jpg

せっかく寛いでいたのに、カメラを向けると警戒されてしまいました。。↓

L1140073.jpg

そして、しばらく歩いて辿り着いたのが、この「御袖天満宮」の石段。。男の子と女の子がここを転がり落ちて男女が入れ替わったのですが、、実際に見ると映画のイメージより急なのでびっくりしました! ここから転がるのはかなり勇気がいりますね、、。↓

L1140080.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

お蔵出しディープスポット・原節子の泊まった旅館、尾道「竹村家」の巻。。

これも少し前の写真なのですが、、古い旅館シリーズで、昨年九月に亡くなった女優の原節子さんが逗留したことがあるという、尾道の「竹村家本館」です。。

原節子は「東京物語」の撮影のときに滞在したそうなのですが、なんと吉田もその滞在していた同じ部屋に泊まることができました!
まるで映画に出てきそうな雰囲気のある部屋で、実際にロケに使われたこともあるそうです。。↓
(ちなみに吉田が泊まった夜は、東京物語のDVDを借りて部屋でしみじみ鑑賞しました、、)

L1140082.jpg

窓から首を出すと、すぐ下が海になっていました。↓

L1140096.jpg

部屋の内装も当時とほとんど変わっていないようです。。↓

L1140091.jpg

欄間には頼山陽の額が、、。趣のある天井も素敵でした!↓

L1140097.jpg
 
小庭の灯籠は、豊臣秀吉が遺愛した由緒あるものだそうです。。↓

L1140100.jpg

内側から玄関を眺めたところも風情があります。。↓

L1140137.jpg

旅館を出た後は、近くにある「石鎚山千光寺」にも登ってきましたよ!
ここはロープウェーで上まで登れるのですが、頂上に修行のための鎖場があるのです。。↓

L1140109.jpg

頂上からは尾道の街が一望できました!↓

L1140110.jpg

そして、こちらがその修行場。。↓

L1140113.jpg

左が「厳しい男の修行場」で右が「厳しくない女の修行場」なのですが、、吉田は当然「厳しくない女の修行場」へ。。↓

L1140114.jpg

とはいっても、しっかり鎖場があって、登るのはけっこう大変でした。。↓

L1140117.jpg

岩の上には、なんとなく縁起が良さそうな丸い石も。。↓

L1140122.jpg

石鎚山を下りてから尾道の街を散策したのですが、尾道は坂が多いだけでなく猫も沢山いました! これは「招き猫美術館」で、中に入ると本物の猫もいましたよ!↓

L1140125.jpg

美術館の中はいろいろな所に猫グッズが隠れていました。。↓

L1140124.jpg

L1140126.jpg

美術館の外の道にも、至る所に猫が、、。↓

L1140127.jpg

L1140128.jpg

ベンチの下でものびのびと寛いでいました。。↓

L1140133.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

お蔵出しディープスポット・元遊郭「麻吉旅館」!の巻。。

これも2年くらい前の写真なのですが、、、伊勢にある創業200年以上の歴史を持つ、麻吉旅館です。
この辺り一帯は江戸時代には遊郭として賑わっていた場所なのですが、そこに当時のままで残っているという由緒正しい旅館なのです!

L1140251.jpg

二カ所ある入り口は、どちらも古くて趣がありました。。↓

L1140255.jpg

L1140254.jpg

まるで小説に出てきそうな、玄関の前の階段。。↓
この旅館は実際、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも出てくるらしいですよ。

L1140266.jpg

裏に回ったところの黒壁や石垣にも歴史が感じられました!↓

L1140272.jpg

L1140279.jpg

中に入って二階から見下ろしてみます。↓

L1140283.jpg

旅館の中には昔の道具などが展示してある資料室もありました。。↓

L1140244.jpg

二階の居間には、ドナルド・キーンや立松和平、C.W.ニコルなどなど、さまざまな著名人の色紙が並んでいました。。↓

L1140247.jpg

吉田が泊まったのは二階の角部屋だったのですが、ここも古くて趣がありましたよ!↓

L1140238.jpg

L1140291.jpg

ここはどうやらスピリチュアルスポットとしても名高いらしいのですが、、吉田が泊まったときは、残念ながら?とくに怪しいことは何も起こりませんでした。。

L1140292.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

モラキュラーバーで分子料理を体験!の巻。。

これは去年の秋頃行ったところなのですが、4ヶ月くらいでメニューが変わるらしいので、そろそろアップしてみますね。。

場所はマンダリンオリエンタルホテルの38階にある「モラキュラー・バー」!
分子料理というのは、科学を駆使した料理のことで、液体窒素など普通の料理には使われないものがいろいろ使われているそうです。
ここモラキュラー・バーは完全予約制で、お客が全員揃ってから一斉に料理が出てきます。そのようすは、まさに料理ショー! という感じでした。

まず現れたのは、実験に使うシャーレとピンセット。。↓
シャーレの中にある円いものに液体をかけると、、、。

L1180260.jpg

みるみるうちに長くなり、なんとこれがおしぼりに変身したのでした!↓

L1180262.jpg

そして、最初に出てきた料理が、トリプルコーン。これは全体がトウモロコシでできていて、芯まで美味しく食べられるのです。しかも、スプーンやフォークではなく、ピンセットでつまんで食べるのでした!(ちなみに写真の左上に写っているメジャーに、今日のメニューが書いてあります)↓

L1180263.jpg

次に出てきた白い物体、、、。これはハンマーで割ってからいただきます。。↓

L1180264.jpg

次は、土に植わった観葉植物のようなサラダ! これもなんとシャベルでいただくのでした!(サラダに刺さっている栄養剤のような物がドレッシングなのでした)↓

L1180265.jpg

これも一見すると葉巻にしか見えないのですが、、、実は丸ごと食べられる春巻きなのです。灰のように見えるところも美味しく食べられました!↓

L1180266.jpg

炙ったマグロを使ったセビーチェ。これも美味しかったです!↓

L1180267.jpg

そして、こちらも白い皿に盛られた「温泉卵」だと思っていたのですが、、、なんとこれも豆腐とカボチャでできていたのでした! 白身のところまで完璧に作られていましたよ!↓

L1180268.jpg

こちらはコンソメ・オン・ザ・ロック。。ウイスキーのボトルからコンソメを注いで、フォアグラを浸していただきます。↓

L1180269.jpg

この試験管の中に入っているのは、なんと三つ編みにした素麺! これをさらにアルコールランプで熱して食べるという手の込みようでした!↓

L1180272.jpg

そして、この鳥の巣のようなものは、、、フィッシュ・イン・チップスでした! こちらもサクサクしていて美味しかったです!↓

L1180274.jpg

これはまさに玉子かけご飯!と思いきや、、、実際にはココナッツヨーグルトとマンゴーでできたデザートなのでした。。ご飯にしか見えないものがココナッツで卵がマンゴーとは、まさに目から鱗でした。。↓

L1180275.jpg

次は「スパゲティ・ボロネーゼ」。。と見せかけて、パスタに苺とホワイトチョコをかけたデザートでした!↓

L1180277.jpg

そして、またしてもおしぼりか、、、と思わせておいて、実はチーズケーキ。。↓

L1180278.jpg

最後は液体窒素で冷やされたお菓子。。これを一気に口に入れて息をすると、ドラゴンのように鼻からドライアイスの煙が吹き出しました。。次から次へとびっくりするような料理が出てきて、最後まで手品のショーを見ているようでしたよ!↓

L1180280.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

2月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

先週土曜日は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
立春も過ぎて春が近いということで、、今回の情念衣装は花と蜜蜂をテーマにしてみました。。

L1190248.jpg

花たっぷりの吉田衣装は、ダンサーの伊藤舞さんから頂いたものです! 舞さん、ありがとうございました!

L1190250.jpg

L1190254.jpg

この衣装は後ろにフードがついていて、こうしてかぶることもできる優れものなのです。。

L1190267.jpg

今回もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
写真は一番上がスプーンさん撮影です。こちらもありがとうございます!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする