2016年06月08日

6月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

先週土曜日は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
今回のデパHは「ゴム祭り」ということで、全身さまざまなラバーに身を包んだ人々が大集合して盛り上がりましたよ!

L1200151.jpg

情念はなんと朝5時からの出演だったのですが、眠気をこらえてなんとか頑張りました、、!
そして、今回の情念衣装のテーマは「50年代」です、、、。↓

L1200154.jpg

こちらは、バルバラさんによるキラキラ写真加工! これで、よりいっそう50年代ぽくなったのではないかと、、、。↓

image1.JPG

吉田のスカートも、バルバラさんアレンジの50年代っぽいスカートでした!↓

L1200168.jpg

頭のリボンもなんとなく50年代?風に、、。↓

L1200164.jpg

そして最後に、よく情念の写真を撮ってくれているバーレスクエンジンのスプーンさんと、KCさんのツーショット!↓
なんとなく二人で漫才ができそうな雰囲気です。。KCさんの50年代風リーゼントにもご注目を!(こちらもバルバラさんによるキラキラ&デカ目加工が施されています。。)

IMG_2111.JPG

ということで、朝までお付き合いくださった皆様、今月もありがとうございました!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

青葉の京都探訪記!その2〜高山寺、神護寺、銀閣寺の巻。。

京都探訪記の続きです。。
常照皇寺からバスに乗って高山寺へ。ここは、あの「鳥獣戯画」で有名なお寺です! 残念ながら展示してあったのは本物ではなく複製だったのですが、静かな境内やお寺の佇まいに癒されました。。
こちらの像は、高山寺境内にある石水院の前にいた童子です、、。↓

L1190734.jpg

境内には仏足石もありました。↓

L1190735.jpg

高山寺を下ったところには、またしても野生の藤が、、。↓

L1190737.jpg

お腹がすいた頃に「瓦蕎麦」のお店を見つけました! ここはなんと、熱した瓦の上で蕎麦を焼いて食べるという焼き蕎麦専門店のようです。瓦に乗った蕎麦とレモンが、まるで顔のようでした。。↓

L1190742.jpg

そして、瓦蕎麦のお店からぶらぶら歩いて「神護寺」へ!↓

L1190749.jpg

神護寺の中にある五大堂の鬼瓦です、、。↓

L1190748.jpg

苔の上には青紅葉が、、。↓

L1190755.jpg

八重桜も素敵でした!↓

L1190757.jpg

ここは「かわらけ投げ」で有名なお寺なのですが、さっそく吉田も挑戦しましたよ! この見晴らしのいい高台から、願掛けをしながら山の下めがけて「かわらけ」を放り投げます。
投げる前は下の道路を歩く人にあたらないか心配だったのですが、、、、実際に投げると、吉田の「かわらけ」は手前の植え込みの中にポトリと落ちてしまいました。。↓

L1190753.jpg

そして、翌日は「哲学の道」を通って「銀閣寺」へ、、。
こちらは、その途中にあった「大豊神社」。ここには狛犬ではなく狛鼠がいました!↓

L1190758.jpg

さらに、大豊神社の隣にあった愛宕社には、狛鳶と狛猿が、、!↓

L1190759.jpg

神社のそばには神輿も。。↓

L1190760.jpg

哲学の道沿いには川がゆったり流れていたのですが、なぜか橋の下に鯉が集まっていました。。↓

L1190761.jpg

そして1時間ほど歩いていよいよ銀閣寺へ!↓
この日は「蕪村」と「池大雅」の襖絵が公開されていたので、写真には写っていないのですが、実際はとても混んでいました。。

L1190763.jpg

こちらが、銀閣寺から月を愛でるためにつくられたという「向月台」、、。↓

L1190762.jpg

境内には樹齢500年の槙の樹もありました。。↓

L1190767.jpg

お寺を取り囲む庭園も素晴らしかったです!↓

L1190776.jpg

お庭には小高い山になっているところもあって、銀閣寺の境内が見渡せました。↓

L1190770.jpg

おまけ画像で、銀閣寺の後で立ち寄った「下鴨神社」にあった巨大な「八咫烏」像とお昼に食べた見事な鯖寿司です。。↓

L1190777.jpg

L1190778.jpg

そして、また京都とは関係ないのですが、、今夜は毎月恒例のデパートメントH! いつものように情念も登場しますので、皆様ぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

青葉の京都探訪記!その1〜赤山禅院、常照皇寺の巻。。

また少し間が空いてしまいましたが、、、4月終わりから5月初めにかけて訪れていた、青葉のころの京都探訪記です。。
今回は今まで行ったことのない、渋めのお寺を中心に回ってみました。

まずは、苦行で知られる千日回峰行にゆかりのある「赤山禅院」です。門が巨大な数珠になっているこの「念珠の門」をくぐって、本殿にお参りします。。↓

L1190690.jpg

中には苔むした五百羅漢様も、、、。↓

L1190691.jpg

そして、なんとここが気学が発祥した場所とのこと! なんとなく辺りに「気」が満ち満ちている感じがします、、。↓

L1190693.jpg

赤山禅院の中にある「雲母不動尊」も趣がありました。↓

L1190698.jpg

L1190694.jpg

お堂の脇には、戦前に使われていたという消防車が、、。↓

L1190697.jpg

お堂の裏には野生の藤の花が咲き乱れていました!(写真だとわかりにくいのですが、後ろのほうに白っぽく見えるのが藤の花なのです、、)↓

L1190701.jpg

一面に生えていた苔も、モフモフしていて柔らかそうでしたよ!↓

L1190703.jpg

L1190704.jpg

そして、翌朝は早くから常照皇寺へ。。ここは京都の右京区のほうにあるのですが、車でかなり山奥まで入りました。。↓

L1190706.jpg

この椅子は、かつて天皇が座った玉座とのこと、、。↓

L1190709.jpg

方丈にはご本尊のお釈迦様も、、。↓

L1190712.jpg

L1190713.jpg

お庭には終わりかけの牡丹もちらほらと、、。↓

L1190714.jpg

桜はすっかり葉桜になっていましたが、青々していて気持ちよかったです!↓

L1190718.jpg

牡丹は屋根に届きそうなほどに巨大化していました!↓

L1190721.jpg

古い門扉がまるで絵画の額縁のようです、、。↓

L1190722.jpg

L1190725.jpg

長い石段を下りると、麓では八重桜が満開でした!↓

L1190731.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

科学バー「インキュベーター」で遺伝子占いに挑戦!の巻。。

先日は荒木町にあるサイエンスバー「インキュベーター」に行ってきましたよ!
ここはバイトの人たちも全員理系という徹底ぶりで、飲み物もビーカーや試験管に入って出てきます。(まるでゴールデン街のあの「たちばな診察室」のように、、、!)

この試験管の中に入っているのはお通しの「乾燥いちじく」で、ビーカーには私が注文したクロレラ入りのカクテルが入っています。。↓

L1190627.jpg

ウイスキーもこうやって試験管に入っていると、別の物に見えますね。。ちなみに後ろに写っているのはティッシュがわりの「キムワイプ」で、理系の実験室などで使っているものなのだそうです。↓

L1190628.jpg

カウンターにはこんな大きな顕微鏡も置いてあって、500円玉の表面の隠れた文字などを見ることができます。(吉田は自分では見つけられませんでしたが、、、)↓

L1190630.jpg

さらに、ここにはなんと「遺伝子占い」なるものが、、。
一回2000円ほどで、本人の遺伝子を採取し、セロトニンとドーパミンのタイプから、その性格傾向をざっくり判定してくれるのだそうです。吉田もさっそくやってみることに、、、。
こちらが、その遺伝子占いキットだそうです。↓

L1190632.jpg

まずは綿棒で吉田の口の中の細胞をこそぎ、それをお店の人がキットの液体に移していきます。↓

L1190633.jpg

そして、店の隅にあったこの機械で遺伝子を取り出し、判定してくれるそうなのです。。↓

L1190636.jpg

判定は2週間後にメールで教えてくれたのですが、、、吉田の遺伝子タイプは日本人に多いという「慎重・地道型」でした!(自分でもなんとなくそうなんじゃないかと思っていましたよ、、)

他には「慎重・こだわり型」や「慎重・好奇心旺盛型」「楽観・地道型」「楽観・こだわり型」「楽観・好奇心旺盛型」があって、さらにレアなタイプとして「超楽観型」というのもあるそうです。この「超楽観型」がどんな人なのか気になりますね。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

5月情念ライブ@デパートメントH、ご報告!の巻。。

先週土曜日深夜は毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
ゴールデンウィークの終わり近くということで、大勢のお客さんで盛り上がっていましたよ。
また今回は円奴さんのラストショーということで、なんと本人がシンデレラのお城に変身してしまうという素敵なショーも見られました!

円奴さんのドレスがやけに膨らんでいると思ったら、、、、。↓

L1190874.jpg

なんとスカートの中にお城が入っていて、円奴さん自身がお城になってしまうのでした!↓

L1190883.jpg

そして、いつものように朝の4時半に登場した情念、、。
今回は夏を先取りしたマリンルックで揃えてみましたが、、、いかがでしたでしょうか??

L1190896.jpg

吉田の頭には5月の花、牡丹が、、。↓

L1190905.jpg

全身フランス国旗のトリコロールできめているエルナさんとのツーショットです!↓

L1190892.jpg

今回もご来場くださった皆様、CDを買ってくださった皆様、ありがとうございました!
(情念集合写真はエルナさん撮影です。こちらもありがとうございます!)
posted by 吉田酢酸先生 at 01:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

お蔵出しディープスポット・沖縄〜大石林山!の巻。。

南国ついでに、、、二年くらい前に行った沖縄ディープスポット第二弾です。。

L1110996.jpg

ここ「大石林山」は行くまで名前すら知らなかったのですが、沖縄に着いてから大変神聖なスピリチュアルスポットであることを偶然知って、早速行ってみることにしました。。↓

L1120037.jpg

場所は沖縄本島の最北端、辺戸岬の近くです。日本で唯一の亜熱帯カルスト地形とのことで、珍しい奇岩が沢山ありました!↓

L1120067.jpg

奇岩とソテツが一緒にある風景も珍しかったです!↓

L1120070.jpg

L1120065.jpg

岩の間から生えているのは、西表島でも見た「オオタニワタリ」でしょうか??↓

L1120007.jpg

奇岩にはそれぞれ面白い名前がついていて、奇岩の間を1時間半くらいで散策することができます。。↓

L1120012.jpg

こちらが地面からにょっきり生えたような「きのこ岩」。。↓

L1120017.jpg

これは木の陰からトカゲが覗いているように見える「イグアナ岩」です。↓

L1120028.jpg

サイとゴリラが合体した「サイゴリラ」も。。↓

L1120030.jpg

この「ハイサイ」岩はなんとなく踊っているように見えますね、、。↓

L1120053.jpg

そしてこちらは「生まれ変わりの岩」。この隙間をくぐると生まれ変わることができるそうです!↓

L1120055.jpg

L1120056.jpg

前衛的な「ピカソ岩」も。。↓

L1120059.jpg

これは「悪魔岩」だそうですが、あまり邪悪な感じはしませんでした、、。↓

L1120061.jpg

そして、これは「巨人の腰掛け」です。。↓

L1120009.jpg

また、大石林山には奇岩だけでなく、ガジュマルなどの変わった木も沢山生えていました! これは不思議な形に曲がっている「ゲゲゲの奇木」です。。↓

L1120090.jpg

皺のより型が、まるで象の鼻のようでした。。↓

L1120089.jpg

これは、まるでムカデの足ように気根が沢山伸びた「ムカデガジュマル」。↓

L1120091.jpg

L1120095.jpg

L1120099.jpg

なんと、ガジュマルの樹というのは、こんなふうに気根を伸ばしながらじわじわ移動していくそうです!↓

L1120102.jpg

さらに、これは沖縄の精霊キジムナーが住んでいるという「御願ガジュマル」!↓

L1120081.jpg

ここで写真を撮ると「オーブ」という丸い玉がよく写るとの説明書きがあったのですが、実際にこの木のところでこんな写真が撮れました。他の場所では写らなかったので、やはりなんだか不思議です。。↓

L1120084.jpg

山全体に神聖な気が満ちているような、ディープなスピリチュアルスポットでした!

L1120050.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄ディープスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

お蔵出しディープスポット・石垣島〜川平湾、ヤエヤマヤシ群、サビチ洞!の巻。。

西表島から沖縄本島に戻る途中、経由地だった石垣島も探索してみました。。まずは、川平湾という海の絶景スポットです!↓

L1120695.jpg

L1120700.jpg

ここは海が透き通っているためグラスボートに乗って海底を覗くことができるのですが、吉田もさっそく乗ってみましたよ。。↓

L1120702.jpg

グラスボートでは50センチもある巨大シャコガイや、海亀が泳いでいる姿も見えました!(残念ながら写真は撮れなかったのですが、、)↓

L1120690.jpg

そして、川平湾で海を堪能した後は、レンタカーで20分くらい行ったところにある「ヤエヤマヤシ群落」へ。。このヤエヤマヤシとは西表島と石垣島にしかない25mにもなるヤシの大木で、世界でも珍しいため天然記念物に指定されているとのこと。。↓

L1120708.jpg

歩きやすいように道は整備されていましたが、周囲はジャングルのように鬱蒼としていました!↓

L1120710.jpg

ヤシの他にも、南国ならではの珍しい植物が、、。↓

L1120711.jpg

L1120705.jpg

たっぷり森林浴をした後は、さらに石垣島の東端のほうにあるサビチ洞へ。。↓

L1120716.jpg

ここは日本で唯一、洞窟を通って海に抜けることができる鍾乳洞なのだそうです。↓

L1120718.jpg

これは洞窟の中から入り口を振り返ったところ、、。洞窟の中は暗くて写真が撮れませんでした。。↓

L1120720.jpg

しかし、暗い洞窟を通って海に出たときは感動しましたよ!↓

L1120726.jpg

こちらは、海岸から洞窟の出口を振り返ったところです。。↓

L1120725.jpg

細い岩の隙間を通り抜け、海岸に沿って歩いていきます。↓

L1120723.jpg

L1120732.jpg

海は静かで不思議な形の岩が幾つもあって、本当に幻想的な風景でした!↓

L1120744.jpg

L1120749.jpg

L1120745.jpg

L1120747.jpg

遠浅の海にはナマコもいましたよ!↓

L1120748.jpg

L1120751.jpg

奇岩が並ぶ浜辺には観光客は誰もおらず、なんだか夢の中をさまよっているような不思議な気分でした。。↓

L1120752.jpg

L1120753.jpg

L1120737.jpg

崖の中腹には百合の花も、、。まさに「高嶺の花」でした。。↓

L1120738.jpg

そして、今回の旅の裏目的は「イリオモテヤマネコ」を探すことだったのですが、、、結局イリオモテヤマネコどころか普通の猫にも遭遇できず、、。
ヤマネコは深夜、道路脇に餌を探しにくるとのことで、真夜中に車でゆっくり島を一周したりしたのですが、全くダメでした。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄ディープスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

お蔵出しディープスポット・西表島〜ピナイサーラの滝!の巻。。

西表島の続きです。。
由布島に行った翌日は、沖縄の中でも落差が最も大きいという「ピナイサーラの滝」に行ってきました!
しかし、ここに辿り着くのはかなり大変で、カヤックで川を遡ったりトレッキングしたりしないと行かれないそうなので、ツアーに参加してガイドさんに案内してもらうことに。。

この右下のカヤックが、吉田たちが乗ったもの。。二人乗りになっていました。↓

L1120673.jpg

川の周辺は、マングローブの湿地帯になっていましたよ。↓

L1120666.jpg

L1120661.jpg

よく見ると小さな穴が、、。↓

L1120668.jpg

その周りには、まるで子供が作ったような泥団子も、、。↓

L1120671.jpg

どうやらこの穴には蟹が住んでいるようでした。。↓

L1120659.jpg

そして、ここから山を40分くらい登っていきます。。(ちなみにカヤックに乗っているときと山を登っているときは、必死すぎてほとんど写真を撮れませんでした、、)しかし、山というよりほとんどジャングルという感じで、珍しい植物が沢山生えていましたよ。。↓

L1120658.jpg

これは途中にあった「サキシマスオウノキ」で、「板根」が人の背丈ほどに大きく育っていました!(立っているのはガイドさんです)↓

L1120632.jpg

板根が横のほうまで大きく広がっていて迫力がありました!↓

L1120628.jpg

途中で、刺されるとハブより痛い「ハブケムシ」に遭遇したりして、ジャングルの山を必死に登ること40分、、、ついにピナイサーラの滝の上に到着です。。↓

L1120620.jpg

L1120607.jpg

滝の上からは、登ってきた西表島のジャングルを一望できました!↓

L1120617.jpg

下までの高さは、なんと55mもあるそうです。恐る恐る滝壺を覗くと、高すぎて目眩がしそうでした、、。↓

L1120623.jpg

滝の上でお弁当を食べた後は、山を降りて滝壺へ。。下から見たピナイサーラの滝は、神々しいような迫力がありましたよ!↓

L1120657.jpg

さっきまであの滝の上に立っていたなんて、なんだか信じられない感じです。。↓

L1120645.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄ディープスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

コンゴのお洒落な紳士集団「サプール」展@渋谷西武!の巻。。

以前テレビで見てからずっと気になっていた「サプール」の写真展を渋谷西武でやっていると聞き、さっそく行ってみました。。

「サプール」とは、アフリカのコンゴ共和国の首都ブラザヴィルを中心に、高級ブランドなどのエレガントな服に身を包み、エレガントに生きることを信条にしている紳士集団です。
コンゴは世界最貧国の一つと言われ、平均月収は日本円で3万円くらいなのだそうですが、それでも彼らはエレガントに生きるために月収の何ヶ月分もするブランドスーツを買って、人生そのものをお洒落に捧げるという気骨ある集団なのです。

今回は写真展なのにもかかわらず、なんと撮影OKだったので、吉田的にかっこいいと思った写真を紹介させていただきますね。。

L1190613.jpg

L1190587.jpg

L1190600.jpg

ステッキを使ったポージングが素敵です!↓

L1190592.jpg

L1190607.jpg

髪型や髭などのバランスも絶妙ですね!↓

L1190596.jpg

L1190594.jpg

パイプなども大事な小道具のようです。。↓

L1190599.jpg

L1190602.jpg

L1190605.jpg

「高価な服を着ていると、汚すのが嫌なので喧嘩をしなくなる」というのは、なんだか説得力がある気がしました。。↓

L1190606.jpg

「傘」というのがけっこう重要なアイテムのようですね。。↓

L1190593.jpg

L1190608.jpg

ちなみに、女性のサプールも男性と同じように紳士服を着るのだそうです。。↓

L1190604.jpg

しかし、年間を通じて気温は30度以上というコンゴで、こんなにきっちりスーツを着こなすのは、並大抵のことではないと思います。。

L1190612.jpg

このスティックも、よく見ると人の顔が彫ってあったりして、細かいところまで神経が行き届いていました。。↓

L1190615.jpg

L1190598.jpg

会場はかなり混雑していたのですが、閉館直前の人がいない瞬間に会場内を撮ってみました。。↓

L1190610.jpg

L1190611.jpg

これは、サプールをイメージしてコーディネイトしたマネキンだそうです。。↓

L1190614.jpg

ファッションセンスやポージングなどなど、「サプール」精神は情念でも見習いたいと思いました。。

L1190616.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

4月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

先週土曜日は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
今回の情念は、パステルカラーで「春」爛漫を表現してみたのですが、、、、いかがでしたでしょうか??

L1190394.jpg

吉田の衣装はバルバラさんプロデュースなのです、、!↓

L1190397.jpg

そして、生首のようにKCさんが加わり、、。↓

L1190398.jpg

L1190399.jpg

吉田の衣装にも桜が咲いています、、。↓

L1190405.jpg

L1190410.jpg

頭には、蝶がひらひら舞っていましたよ。。↓

L1190402.jpg

ということで、今月もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする