2016年09月06日

9月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

一昨日の土曜日深夜は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
今回は告知タイムがかなり押して、情念の出番はなんと朝5時過ぎということになってしまいましたが、、、朝までお付き合いくださった皆様、ありがとうございました!

今回の情念衣装のテーマは、カウガール&インディアン?です。。↓

L1200902.jpg

L1200903.jpg

カウガールの吉田は、ちゃんと馬にも跨がりましたよ。。ちなみに、この馬は耳を押すといなないたりパカパカ音を出したりする本格派なのです。。↓

L1200910.jpg

酋長というより、なんだか不思議な宗教の教祖様のようなKCさん。。↓

L1200900.jpg

そんなKCさんから賜ったのは、、、レアな「ずんだ煎餅」でした。。↓

L1200896.jpg

ずんだ風味で美味しかったです!↓

L1200899.jpg

ということで、今回もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
(写真は上の2枚がスプーンさん撮影です。こちらもありがとうございます!)
posted by 吉田酢酸先生 at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

しりあがり寿「回・転・展」で回転!の巻。。

先週は、練馬区立美術館で開催されている、しりあがり寿の「回・転・展」に行ってきました、、!↓

DSC_1599.jpg

練馬区立美術館の看板の前にいた不思議な生物は、なんと大根(練馬大根?)でできているようでした!↓

DSC_1601.jpg

この人形は練馬区立美術館のゆるキャラのようですね。。↓

DSC_1600.jpg

美術館の外にある面白いオブジェをいろいろ眺めた後は、中に入っていざ「回・転・展」へ! なんと、入り口の看板の文字も回転していました!↓

DSC_1612.jpg

中は写真撮影OKだったので、何枚か撮影してみました。とはいっても、写真だと回転しているのがわかりにくいのですが、、。↓

DSC_1603.jpg

実は、ここに展示してある絵画や立体の全てがぐるぐる回転しています。。↓

DSC_1604.jpg

このマネキン二人がかぶっている土器型帽子?も回転していました!↓

DSC_1606.jpg

他にもヤカンや伝票などいろいろな物が回転していたのですが、、、吉田的に一番気に入ったのが、この回転している達磨の群でした!↓

DSC_1607.jpg

達磨の回転方向は右回りや左回りなどいろいろあって、みんな低い声で何やら怪しげな歌を口ずさみながら回っていました、、。↓

DSC_1608.jpg

DSC_1610.jpg

こうして、あらゆる物が回っているのを鑑賞した後、最後は薄暗い部屋の中でゆっくり回る巨大ピリオドで、「回・転・展」の終止符が打たれていたのでした。。

半分目を回しながら外に出ると、そこには巨大なトンボが、、、。(トンボは回っていません、、)↓

DSC_1613.jpg

これらは普段から美術館の庭に展示してあるようですが、、、像やライオン、キリンなど、さまざまな動物のオブジェがありました。。↓

DSC_1616.jpg

DSC_1617.jpg

DSC_1619.jpg

ベンチにも、こんな風に可愛い猫が、、、。↓

DSC_1622.jpg

反対側の看板は、巨大な熊が持っていたのでした。。↓

DSC_1624.jpg

見事な刈り込みです。。↓

DSC_1625.jpg

そして、「回・転・展」の帰りには、このところ話題の池袋北口にあるディープ中華街で冷やし中華を、、。こうして見ると、なんだかお皿をぐるぐる回したくなりますね。。↓

DSC_1629.jpg

ということで、「回・転・展」とは関係ないのですが、今夜は毎月恒例のデパートメントH! 情念も出演しますので、皆様ぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

谷中・全生庵「幽霊画展」&調布花火大会!の巻。。

夏の真っ盛りの日曜日、谷中にある全生庵というお寺で8月いっぱい開催している「幽霊画展」を見に行ってきました!↓

L1200828.jpg

ここには「怪談牡丹灯籠」などで有名な落語家の円朝が集めた幽霊画が50点ほど収めてあり、夏の一ヶ月だけこの本堂で公開されています。↓

L1200826.jpg

中の写真は撮れなかったのですが、幽霊画だけあって、展示室には思い切り冷んやりした空気が流れていました、、、。伊藤晴雨や月岡芳年、円山応挙など迫力ある幽霊画の数々に、見るだけでも相当涼しくなれましたよ。。(エアコンもかなり効いていましたが、、、!)

食事は、いつの間にか谷中に沢山できていたカレー屋さんの中から、スリランカカレーのお店へ、、。スパイシーで美味しかったです!↓

L1200824.jpg

デザートはスリランカのパンケーキ。。こちらはココナッツ味で、素朴な甘さでした!↓

L1200825.jpg

そして、谷中でいつでも行列ができているという大人気のかき氷店「ひみつ堂」へ! 実は吉田もここで食べるために、全生庵に行く前の午後1時に来て整理券をもらい、さらに夕方4時過ぎから20分以上並んでようやくありつくことができたのでした。。店内では、このレトロな機械でかき氷を作っていましたよ。。↓

L1200831.jpg

そして、ようやく出てきた「ひみつのイチゴミルク」。。イチゴとミルクが濃厚で食べ応えがありました!↓

L1200830.jpg

昼間は暑さのせいか猫は全然見かけなかったのですが、、、夕方になるとちらほら現れました。。↓

L1200832.jpg

L1200833.jpg

そして、夜は調布の花火大会へ、、。幸い雨も降らず、迫力の花火を堪能できましたよ、、。↓

L1200835.jpg

L1200846.jpg

こちらはハート形&変わり花火のようです、、、。↓

L1200848.jpg

L1200850.jpg

すぐ近くの多摩川の中州で打ち上げているので、音も大迫力でした、、!↓

L1200862.jpg

L1200871.jpg

L1200887.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

真夏の「愛知トリエンナーレ」!の巻。。その3〜岡崎編

愛知トリエンナーレを巡る旅、、、長者町に行った翌日は、名古屋駅から電車で30分くらいのところにある岡崎地区の作品を見に行きました。。
その日も名古屋は晴天で暑かったです!↓

L1200766.jpg

岡崎地区では、レトロな百貨店やレトロな事務所などに作品が展示してありました。。街中の百貨店には、岡崎のゆるキャラ「オカザえもん」が、、。↓

L1200769.jpg

町を歩いていると、いい感じの古い建物がいくつもありました!↓

L1200771.jpg

L1200772.jpg

あまりにも暑いので、カフェでかき氷を、、。吉田が食べたのは、「ほうじ茶かき氷」です。金時豆も入っていましたよ!↓

L1200773.jpg

カフェを出た後は、会場の一つとなっている古い民家へ。。↓

L1200782.jpg

ここでは、古民家とアートが融合した作品が展示してありました。↓

L1200776.jpg

L1200779.jpg

さらに、古民家から少し歩いたところにある公園には、愛知県美術館にも展示されていたハンモックのような作品が。。↓

L1200783.jpg

ここでは吉田も毛糸の紐を結んでみました。。↓

L1200784.jpg

そして、こちらは公園からさらに歩いたところにあるレトロな元オフィス。。↓

L1200790.jpg

この中にも作品が展示してあります。。↓

L1200785.jpg

建物の中には、古い台所がそのまま残っていました。。↓

L1200786.jpg

角の部屋は、全面窓という変わった造りに。。↓

L1200787.jpg

昔のエアコンがそのまま残っているのもいい感じでした!↓

L1200788.jpg

レトロな事務所を出ると、あたりはすっかり夕暮れに、、。↓

L1200791.jpg

最後は岡崎駅に戻って、駅構内にある百貨店の中の作品を鑑賞しました!↓

L1200797.jpg


L1200796.jpg

この作品は、コップの中にお湯や冷水を入れて、熱の伝わり方を手で感じるというコンセプトのようです。。写真は撮れなかったのですが、他にも面白い作品がいろいろありました!↓

L1200794.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

真夏の「愛知トリエンナーレ」!の巻。。その2〜長者町編

次に向かった会場は、名古屋駅から少し離れたところにある「長者町会場」。。ここは繊維問屋街のようです。レトロなお店や建物がいろいろ残っていました!↓

L1200746.jpg

まず、入ったのはレトロなカフェ「喫茶クラウン」。↓

L1200744.jpg

入り口にはいろいろな置物が飾ってありました、、。↓

L1200742.jpg

こんなお面?も、、、。↓

L1200741.jpg

お店の中もレトロな雰囲気でしたよ!↓

L1200738.jpg

そして、この壁や仕切りに貼付けてあってすっかりお店と馴染んでいるのが、今回のトリエンナーレのアート作品とのこと、、! 吉田としては革製のアザラシの置物がツボにはまりました。。↓

L1200734.jpg

L1200739.jpg

カフェを出てからはオリエンテーリングのように、アートのある場所を探して歩き回りました。。下の写真の人力車も作品とのことでしたが、予約でいっぱいで残念ながら吉田たちは乗れませんでした。。↓

L1200745.jpg

これはトリエンナーレの作品ではないと思うのですが、、歩いていると壁一面に絵が描かれているビルが何カ所かあって迫力がありました!↓

L1200747.jpg

L1200752.jpg

L1200753.jpg

L1200754.jpg

L1200756.jpg

こちらはレトロな繊維問屋さんを会場にした作品、、、。おなじみの鯱です、、!↓

L1200748.jpg

この作品も、一番上に便器に座る人が乗っているなど、細かいところが面白かったです!↓

L1200749.jpg

これもトリエンナーレの作品です。お皿にのっている黒い物体は、何かの島を表しているようです。。↓

L1200750.jpg

長者町は、作品の展示場所がそれぞれ近いところにあってわかりやすかったです! 夕食は、長者町の和食屋さんで名古屋名物ミソカツをいただきました。。↓

L1200758.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

真夏の愛知トリエンナーレ!の巻。。

2010年から3年ごとに開催されているという愛知トリエンナーレ。8月11日の開幕後、さっそく吉田も真夏の名古屋に行ってきました。。
名古屋といえば名古屋テレビ塔、、、夜はライトアップされていて奇麗でしたよ!↓

L1200665.jpg

泊まったホテルにも、夏らしく金魚が泳いでいました。。↓

L1200673.jpg

そして、朝ごはんは「名古屋モーニング」の小倉チーズトースト! 餡子とクリームとチーズが絶妙なハーモニーを奏でていました、、!↓

L1200680.jpg

愛知トリエンナーレは名古屋市内のいくつかの美術館や街で開催されているのですが、まずは名古屋市美術館から見ていきました、、。とくに指示のない作品は撮影OKだったので、吉田好みのものを撮ってみましたよ。。入り口にあったこのお城は、横から見ると傾いていてスリリングでした。↓

L1200682.jpg

天井を見上げると、飛んでいる人が、、。↓

L1200685.jpg

次に向かったのが愛知県美術館、、、。入り口の前にはハンモックのような参加型作品が展示してありました。これは通りすがりの人が少しずつ糸をつなげて、より綿密に作り上げていくとのことでした。↓

L1200686.jpg

この作品は回りながらウネウネ動いていて面白かったです!↓

L1200689.jpg

窓の外には赤と青の巨大なウネウネも、、、。↓

L1200694.jpg

L1200697.jpg

これは未来の猿蟹合戦を表現した作品とのこと、、。↓

L1200698.jpg

こちらの作品は、部屋の中に小物でいろいろな世界が作ってあって楽しかったです!↓

L1200699.jpg

L1200702.jpg

L1200704.jpg

L1200705.jpg

L1200707.jpg

L1200708.jpg

そして、この馬はなんと映画のフィルムで造られているそうです!↓

L1200709.jpg

馬の下にはこのように顔面をはめ込む台があって、ここに顔を入れると中で上映されている映像を観ることができます。。↓

L1200710.jpg

フロアの床一面に造られた砂絵も、美しくて迫力がありました!↓

L1200712.jpg

L1200716.jpg

グラスの中にも砂の地層が。。↓

L1200720.jpg

これはトリエンナーレの作品ではないようなのですが、屋上にはこんな像もありました、、。↓

L1200725.jpg

真正面から見ると、こちらまで捕まりそうな迫力があります、、。↓

L1200726.jpg

これも屋上にあった作品です。↓

L1200727.jpg

L1200729.jpg

階段の上には青いウネウネが顔を覗かせていました、、!↓

L1200728.jpg

外は灼熱の世界でしたが、、美術館の中は涼しかったです。次回、長者町編に続きます。。

L1200731.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

「お台場夢大陸」チームラボ!&「忍者ってナンジャ展」の巻。。

この夏、お台場で開催されている「チームラボ2016」の体験型アート展を、さっそく吉田も体験してきました、、!

まずは靴を脱いでテントの中に入ると、いきなりモフモフした布団を敷き詰めたような真っ暗な部屋があって、這いずりながらやっとのことで次の部屋へ、、、。
そこは、よくCMにも出てくる光でいっぱいの煌びやかな部屋でした!↓

L1200575.jpg

中は迷路のようになっていて、自由に歩き回ることができます。

L1200576.jpg

L1200581.jpg

天井も床も壁も全面鏡張りになっているので、まるで宙を漂っているかのような幻想的な感覚を味わえましたよ!↓

L1200552.jpg

L1200555.jpg

天井から吊り下がった光の糸は、万華鏡のように繊細に色を変えていきます。。↓

L1200546.jpg

L1200567.jpg

L1200566.jpg

L1200564.jpg

L1200572.jpg

そして、光の部屋を出ると、裸足のままで次の部屋へ、、、。ここはなんと、膝のあたりまでびっしり水が張り巡らされていて、水面をバーチャルな鯉が泳いでいました!↓

L1200587.jpg

L1200590.jpg

L1200593.jpg

そして、この泳いでいる鯉を足で蹴飛ばすと、なんと美しい花に変化するのです!↓

L1200597.jpg

花はピンクや赤の他に、ひまわりのような黄色い花もありました!↓

L1200598.jpg

みんな膝まで水に浸かって、鯉を追いかけて歩き回っています。。↓

L1200592.jpg

L1200603.jpg

どんどん鯉が花になって、しばらくすると水面がすっかり虹色に染まってしまいました。。↓

L1200602.jpg

L1200588.jpg

泳いでいる鯉は、まるで本物のようにリアルな動きでしたよ!↓

L1200607.jpg

そして、最後の部屋は、天井がプラネタリウムのようになっていて、寝転んだまま天井を流れていく花や蝶などを鑑賞します。ここは暗くて吉田のカメラではほとんど写真が撮れなかったのですが、幻想的で夢の中にいるような感じでした、、!↓

L1200609.jpg

お台場夢大陸には他にもいろいろな見所があって、こんな巨大滑り台もありました。。↓

L1200611.jpg

チームラボを見た後は、近くでやっていた「忍者ってナンジャ展」へ、、、! ここでは忍者としての歩き方や聴力など、いろいろな技を鍛えることができました! 最後にはバーチャル滝に打たれて心を磨きます。。吉田もしっかり滝に打たれてきましたよ。。↓

L1200613.jpg

外に出ると、シュールなオブジェが、、。お台場は夏真っ盛りだったのですが、暑さも忘れるほどいろいろ見応えがありました!↓

L1200612.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

8月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

この間の土曜日深夜は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
いつものように朝4時半からの出演だった情念、、、今回は夏らしく、湖で泳ぐ3人&白鳥?の吉田というコンセプトの衣装でしたが、いかがでしたでしょうか??↓

L1200642.jpg

そして、夏といえばスイカ、、、、ということで、全身スイカ衣装の円奴さんと吉田のツーショットです!↓

L1200641.jpg

さらに、楽屋に遊びにきてくれたエルナさんともツーショットを、、。 エルナさんはチヂミとガラナを差し入れてくれましたよ! どうもごちそうさまでした!↓

L1200645.jpg

おまけ画像は、吉田が仙台から買ってきたおやつの「ずんだチョコ」と「ずんだクリームサンド」です。。↓

L1200650.jpg

L1200654.jpg

ゴーフレットの間にずんだクリームが入っていて、なかなか好評でしたよ、、、。↓

L1200655.jpg

ということで、今月もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
写真は一番上が円奴さん撮影です。こちらもありがとうございます!
posted by 吉田酢酸先生 at 00:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

仙台巨大観音探訪!の旅。。その3〜瑞鳳殿&大崎八幡宮の巻

仙台大観音にお参りをした後は、せっかくなので仙台市内にある伊達政宗のお墓「瑞鳳殿」と国宝の「大崎八幡宮」にもお参りすることに!
まずは、仙台駅からバスで15分くらい行ったところにある「瑞鳳殿」に行ってみます。。
バスから降りると、まずこの鬱蒼とした坂を上り、、、。↓

L1200469.jpg

さらに、この石段を登って、、、。↓

L1200471.jpg

ようやく瑞鳳殿の「涅槃門」に辿り着きました。。↓

L1200476.jpg

門をくぐり、いよいよ瑞鳳殿へ、、。↓

L1200478.jpg

それほど山深いわけでもないのに、なんと瑞鳳殿の前には「熊目撃注意」の張り紙が、、、。作業をしている人達もみんな熊除けの鈴を腰につけていたりして、なんとなくドキドキします。。↓

L1200479.jpg

瑞鳳殿はもともと国宝だったのですが、戦災で焼失してしまい、現在のものは1979年に再建されたとのこと。。新しいので装飾が美しかったです!↓

L1200481.jpg

七夕祭りが近いので、奇麗な七夕飾りもありました!↓

L1200483.jpg

L1200484.jpg

なんとなく愛嬌のある龍の像も、、。この龍は、焼失前の瑞鳳殿の屋根にあったもののようです。。↓

L1200486.jpg

L1200487.jpg

並んでいる灯籠は、正宗の家臣達が寄贈したとのこと。。↓

L1200489.jpg

こちらは二代藩主、伊達忠宗のお墓「感仙殿」。。ここも装飾などが美しかったです!↓

L1200492.jpg

他の藩主や一族を祀った廟をいくつか参拝してから、この石段を下って出口へ。。↓

L1200498.jpg

L1200502.jpg

そしてこの石段のさらに下でタクシーの運転手さんに呼び止められた吉田は、「国宝」という響きに吸い寄せられてそのままタクシーで「大崎八幡宮」に向かうことになったのでした。。↓

L1200511.jpg

運転手さんの話では「すぐそこ」のはずが、15分くらいタクシーに乗ることに、、、。でも、さすが国宝の本殿は渋くて味わいがありました!↓

L1200504.jpg

L1200507.jpg

L1200513.jpg

ここにも見事な七夕飾りが、、、。↓

L1200509.jpg

L1200519.jpg

L1200515.jpg

ちなみに、八幡様の八の字は鳩でできているとのこと! 吉田は初めて知りました、、。↓

L1200512.jpg

L1200530.jpg

帰りはバスで仙台駅に戻り、仙台名物?「ずんだソフト」を味わいました、、。↓

L1200534.jpg

そしてまた仙台とは関係ないのですが、、今夜は毎月恒例のデパートメントH! 情念も出演しますので、お時間のある皆様はぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

仙台巨大観音探訪!の旅。。その2

「仙台大観音」探訪、続きです。。
三十三観音のあった一階からエレベーターで一気に上までいくと、、、そこにはありがたい布袋様と豪華な祭壇が、、。↓

L1200383.jpg

L1200384.jpg

ここは巨大観音像の胸にあたる場所で、地上からの高さは68mとのこと。。小さな窓から下界を見ると、やはりかなりの高さがあります。。↓

L1200387.jpg

ここから百八つの小さな仏様を拝みながら、螺旋階段をぐるぐる降りていくことに。。↓

L1200394.jpg

L1200406.jpg

L1200403.jpg

この百八つの仏様は、人間の煩悩の数と同じとのこと、、。いろいろなお姿がありましたよ、、!↓

L1200404.jpg

L1200410.jpg

L1200411.jpg

情念の歌にもなっている「陀羅尼助」と関係がある??ような「陀羅尼菩薩」様も!↓

L1200416.jpg

なんと、金さん銀さんも来たことがあるようです!↓

L1200419.jpg

拝みながら一番下に戻ると、そこには観音像の開き?が、、。中の構造が一目でわかります。。↓

L1200427.jpg

L1200429.jpg

再び龍の口から外の世界へ、、。↓

L1200430.jpg

やはり、観音様は巨大でした!↓

L1200457.jpg

足元には、こういう感じでお賽銭箱が。。↓

L1200455.jpg

ちなみに後ろ姿はこんな感じでした。↓

L1200446.jpg

L1200432.jpg

観音様の境内の中には、「油掛大黒天」という珍しい大黒様も祀ってありましたよ!↓

L1200434.jpg

L1200435.jpg

この「油掛大黒天」は、名前の通り、油をかけながらお祈りすると願いがかなうという珍しい大黒様なのです。。↓

L1200441.jpg

吉田も早速油をかけながらお祈りしてみました。。長年油をかけられたせいか、大黒様はねっとり輝いていましたよ。。↓

L1200437.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする