2012年07月19日

香港漫遊記(その2)・・・「大眼仔」への道!

情念ファン(?)の方でしたらすでにお馴染みのあの曲、「大眼仔(ダイガンツァイと読みます)」、、、「大仏の頭笑うよ〜」という歌詞で始まっていますが、この大仏とはどこのどのような大仏だとお思いでしたでしょうか?(たぶんそんなこと考えてくださっていた方はいないと思いますが、、、)

実はこの「大仏」というのは、、、まさにここ香港ランタオ島にある「寶蓮寺(ぽうりんじ)」の、世界一大きいと言われる「天壇大仏」のことだったのです。。

http://www.discoverhongkong.com/jpn/attractions/outlying-giant-buddha.html

この場所にはるばるウン年前に訪れた吉田の脳裏に、「大眼仔」の歌詞が閃いたのでした。。
前回はたしか船でランタオ島まで行ったのですが、二度目となる今回は、新しくできていた「ゴンピン360」というケーブルカーに乗って行ってきました!

L1090197.jpg

島にたどりつき、階段の下から大仏を見上げたところ。↓
まさにこの階段が、2番の歌詞にでてくる「文殊の道」というわけなのですが、うんざりするほど段数が沢山あります。。(消してあるのは吉田ではなく、通りすがりの香港の人なのですが、念のため、、)

20120707_164302.jpg

階段を上るにつれ、じわじわと大仏が近づいてきます。↓

20120707_164559.jpg

ついに大仏の足下にたどり着くころには、暑さと疲れで大仏様が「笑っている」かのように見えてきました。。
(ちなみに、大仏の中にも階段があって、胎内を一巡りすることができます)↓

L1090216.jpg

大仏の頂上からの眺めは晴れ晴れしていて最高でした!(今回は時間がなかったのですが、前回行ったときは境内にある尼寺で精進料理をいただいたりしましたよ。。)↓

L1090220.jpg

そして、帰りもまた来たときと同じ「ゴンピン360」で!
実はこのケーブルカー、なんと足下がガラスでできていて下が丸見えというスリル満点なものなのです!(思わず吉田はこのガラスの上で寝転がったり、躍ったりとガラスの強度をいろいろ試してしまいました、、)↓

L1090224.jpg

そんなこんなで無事海を渡り、二度に渡る大仏参拝を果たすことができた吉田ですが、、、、最後に、曲名となっている「大眼仔」とはそもそもなんなのか、、、、、種を明かしてしまうとあまり面白くないかもなのですが、これは前回泊まった「重慶大厦(チョンキンマンション)」のゲストハウスで飼われていた黒い小さな犬(たぶんミニチュアブルドック?)の名前だったのでした。。(すごい怪物を想像していた方がいたらすみません、、、)

http://www.chungking-mansions.com/

それでは、まだまだ情念の曲にはいろいろな謎(?)がちりばめられているのですが、、、いつか機会があったらまた解説してみたいと思いますので!
posted by 吉田酢酸先生 at 13:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

7月1日情念ライブ@「音彩」無事終了&香港漫遊記(その1)の巻。。

先週の1日(日)に渋谷「WASTEDTIME」にて行われたイベント「音彩」、、、情念も出演させていただきました!
「ブリカマ」さんや愛さんのダンスなどなど、久しぶりの対バンで懐かしかったです!
他にも面白くて素敵な出演者のかたばかりで、吉田も濃密な時間を過ごさせていただきましたよ!
ご来場くださった皆様&CDを買ってくださった皆様、ありがとうございました!

ちなみに、衣装は前回のデパHとほとんど同じチャイニーズ系でしたので、今回はライブ写真はなしにして、代わりに頭飾りを手に入れた香港での漫遊記をお送りしたいと思います。。

実は香港はこの吉田がウン年(?)前に一度訪れたことがあり、そこで情念のあの名曲(?)「大眼仔」が誕生したといういわくのある場所なのです、、、。

当時宿泊した「チョンキンマンション」、、、昔は今にも崩れそうな廃墟のような佇まいでしたが、今ではこんなに入り口が奇麗になっていてびっくりしました!↓

L1090147.jpg

そして今回初めて行ったのが、道教の仙人が祭ってあるという「黄大仙」!
6月のデパHで使った頭飾りは、ほとんどこの中にあった屋台で購入しました!↓

L1090159.jpg

中はいかにも道教の廟という感じの、黄色と赤のど派手な世界が広がっており、休みの日ということもあって、大勢のお参りの人で賑わっていました!↓

L1090160.jpg

たぶん、十二支の銅像だと思うのですが、私好みの像が沢山並んでいて感激でした!↓

L1090155.jpg

L1090153.jpg

なんとなく、黄大仙の弟子っぽい人の姿も、、、。↓
ちなみに、黄大仙というのは今からおよそ2000年前くらいに羊飼いから仙人になった人で、1個の石から一万匹の羊を作ることができたそうです。
不老不死ということなので、今もこの廟のどこかに潜んでいるのかもしれませんね。。。↓

L1090164.jpg

他にも、まるで弁天様のような神様などなど、隠れた場所に素敵な神様が、、、。↓

L1090173.jpg

廟を離れた香港の町中では、いたるところで高層ビルの工事をしていて、時の移ろいを感じさせられました、、。↓

L1090180.jpg

そして、驚きのあまり思わずピンボケ写真になってしまったこの広告、、!
どうやら「ミミズの缶詰(?)」みたいなもののようです。。↓
滋養強壮にいいのでしょうか?
一番上の写真、お姉さんにあーんして食べさせているところがなんともいえないですね、、。

L1090188.jpg

ということで、次回はいよいよ「大眼仔」誕生の秘密に迫りたいと思います。。

ところで、今夜は毎月のデパートメントH!
七夕ということで、皆の衣装も盛り上がりそうですよ!
情念も星に願いをかけて頑張りますので、時間のある方はぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 18:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

ミツカン「酢の里」潜入&伝説の「マウンテン」にて小倉抹茶スパゲティに挑戦!@名古屋の巻。。

このところデパートメントHに加えて円盤でのライブやラジオ出演など、珍しく活動的だった情念。。
そんな忙しさの合間を縫って、実は密かに名古屋に潜入していた吉田なのでした。。

いったい名古屋に何があるのかというと、、、、そこにあるのは、、、、不肖吉田酢酸の故郷といってもいいようなあのミツカン「酢の里」!!

吉田酢酸先生という名前を名乗る以上、いつかは必ず行かねばなるまいと思っていたあの「酢の里」に、ついに行ってまいりました!

http://www.mizkan.co.jp/company/csr/sunosato/

まずは、その「酢の里」がある、半田の駅!
名古屋からさらに電車やディーゼル車に乗って1時間くらいのところにある、ひっそりとした駅でした。

L1050399.jpg

そして、半田の駅からちょっと行くと、そこにはあのミツカンの本社ビルが、、、。
吉田は勝手にお酢のビンの形を想像していたんですが、案外普通の形でした。。

L1050400.jpg

この黒い木造の建物が「酢の里」、、つまり酢が醸造される工場の裏手なのですが、このくらいの距離でもう酢っぱい匂いがムンムン漂っています。。

L1050401.jpg

酢の醸造所は江戸時代から同じ建物が使われているとのことで、情緒たっぷりでした。。

L1050404.jpg

ここが酢を発酵させている場所らしいです。。(ただしここは撮影用で、本物の酢の発酵姿は撮影禁止でした。。でも本物の発酵場所は、酸っぱい匂いでさすがの吉田でも目を開けるのがやっとなほどでしたよ、、!)

L1050405.jpg

ちなみに、天井は木造でこんな感じになってます。。

L1050406.jpg

実際に映画のロケで使われたこともあるそうで、まるでタイムスリップしたような不思議な感覚を味わえましたよ。。

L1050410.jpg

ふと見上げると、そこには秋の空が、、、。

L1050413.jpg

酢についての映画を見たり、酢がいかに体にいいかの話を聞いたりした約1時間の見学で、酢の素晴らしさが身にしみてわかった吉田でした、、!(うん、吉田は間違っていなかったんだと、、、)


そして、「酢の里」見学の後は、名古屋市内にある焼き鳥屋さんで「吉田汁」を堪能。。

L1050415.jpg

最初「吉田汁」と聞いて、自分が捕獲されて食べられてしまうのではないかという恐怖を感じたのですが、実際に食べてみると、八丁味噌を使った濃厚でヘルシーな美味しいみそ汁でした!
(吉田汁の由来は情念の吉田とは関係なく、どうやら地元の武将の名前からとったらしいです。。)

他にも小泉元首相も行ったという「よしだ屋」できしめんを食べたり「吉田寿司」で鯖寿司を食べたりと、「吉田」や「酢酸」について考えることの多かった名古屋の旅だったのですが、最後はあの伝説の大盛り喫茶店「マウンテン」に挑戦することに!

http://park7.wakwak.com/~nymidi/mountain/

まずは情念の歌「闇の熊五郎」にでてくる熊五郎と同じ名前の、「熊五郎ジュース」というのを頼んでみました。。
吉田はてっきり「茶色くてドロドロしていて毛がもしゃもしゃ入っている」ような飲み物を想像していたのですが、、、、。

L1050416.jpg

出て来たのは案外爽やかなカクテル。しかも、バウムクーヘンやクッキーを従えています。。
どこが「熊五郎」なのかは企業秘密なのかあんまり教えてもらえませんでしたが、どうやら「熊五郎」という焼酎が入っているようです。。

そんな「熊五郎ジュース」で喉を潤してから、いよいよこのお店の一押しメニュー、「小倉抹茶スパゲッティ」に挑戦することに!

L1050418.jpg

しかし、一目見てかなりの重量感があります。。
(ちなみに、スパゲティには一本一本丁寧に抹茶がまぶしてありました。。)

最初の一口目は「けっこういけるかも!」と思ったのですが、生クリームとアンコの単調な味にやられてしまい、死力を尽くしたものの、半分食べたところであえなく「遭難」することに。。。
(途中から、本当に雪の八甲田山を登っているような壮絶な気持ちに襲われましたが、、。熊五郎やフルーツなどの力を借りてなんとか頑張りました。。)

他にも「ロバライス」とか「厚化粧」などなど、謎なメニューがいろいろあったので、機会があったらまた挑戦してみたいですね。。

ということで、「喫茶マウンテン」の外観です。
(こんな爽やかな山小屋風外観なのに、なぜあんなメニューが、、、)

L1050422.jpg

そして、店の脇にそびえ立つ「マウンテン」の看板。。

L1050423.jpg

皆さんも名古屋に行ったらぜひ!

そんなこんなで名古屋の名所(?)をいろいろ満喫し、これからも「吉田酢酸先生」の名に恥じないように生きていこうと誓った吉田でした、、、!
posted by 吉田酢酸先生 at 02:52| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

健康診断にもなる?長岡花火大会!の巻。。

8月のデパHの翌々日月曜日、けっこうハードスケジュールだったのですが、吉田はあの「日本三大花火大会」長岡の花火を見るため、一路新潟県長岡市に向かっていたのでした。。

しかし、40万人以上が全国から集まるというこの花火大会、、、会場も大賑わいで迷子になりそうで大変でした。。
(下の写真も「立ち止まらないで下さい」と叱られながら、瞬間的に撮影。。)

L1050019.jpg

花火は信濃川の川原で打ち上げられたのですが、会場には夕方頃から続々と人が集まっています。。

L1050024.jpg

2時間で1万発以上も打ち上げられたのですが、一つ一つタイトルとかスポンサーが読み上げられていて面白かったです。。

L1050039.jpg

でもここの花火はあまりにも大きくて盛大すぎて、吉田の技量ではとてもカメラに納めることができませんでした。。

L1050050.jpg

こちらは「キティちゃん花火」。。↓
ちゃんと猫の形になっている一瞬を写すのが難しくて、こんなのしか撮れませんでした。。

L1050068.jpg

色とりどりで、花火といより不思議な海の生き物のように見えます。。↓

L1050126.jpg

たしかこれは「天地人」というタイトルだったような。。↓
何カ所もの打ち上げ場所から同時に打ち上げられて、空一面が花火という感じの大スペクタクルでした!

L1050161.jpg

見渡す限り180度花火っていうのは初めての体験でしたよ。。

L1050196.jpg

こちらは、匠が作った最新の匠花火!↓
花火の下にはひまわりの葉っぱみたいのが奇麗に出ていたのですが、微妙にタイミングがずれて写真で撮れませんでした。。

L1050205.jpg

こちらも匠花火「菊の花?」↓

L1050214.jpg

あんまりいい写真が撮れず申し訳ないのですが、こんな大迫力の花火大会、吉田も初めてでした。。
打ち上げるときの振動がズシーンと心臓にきて、ボディソニック状態でしたよ!
(ちなみに振動を体のどこで感じるかによって、体調の悪い部分がわかるそうです)

そして帰りはこのスイス?のようなホテルに泊まり、翌日東京へ。。

L1050228.jpg

帰り道、ホテルの近くにあったひまわり畑を見学して帰ってきました。。↓

L1050234.jpg

ひまわりの花で迷路のようになっていたんですが、小心な吉田は巨大毛虫を見つけてすぐに退散。。
脇でやっていた案山子コンテストが面白かったです!↓

L1050238.jpg

L1050239.jpg

個人的にNO1だった案山子。。↓

L1050243.jpg

ということで、かなりのハードスケジュールでしたが(しかもこの後、寝ないで朝まで「たちばな」が、、、)、なんとか雨にも降られずよかったです!


そして関係ないんですが、22日は大田クルーさんとの情念ライブ! そして25日(火)はひろひろさんの「クスグリングス」に吉田初参戦! と、またしばらくハードな日々が続きそうです。。
「クスグリングス」は新宿のロフトプラスワンにて18時半会場19時半開戦ですので、皆様ぜひ!(吉田的にはどうなることやら、、ですが、、、)
posted by 吉田酢酸先生 at 18:39| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

「ああ〜それが涙の〜♪情念温泉」撮影ツアー!の巻。。

近頃巷では、デパートメントH会場にあるガラスショーケースの中の「けっこう仮面」、、、あれが実は吉田ではないか、、、?! という素晴らしすぎる噂が流れているそうですが。。。
そう思ってもらえるのは本当に光栄なのですが、残念ながら吉田はあんなにグラマーではなかったような。。。
あの麗しのけっこう仮面さん、いったい誰なのでしょうね??

ということで、このところライブや練習などで忙しかった合間を縫って、密かに「情念温泉」CD制作のため温泉で撮影を敢行していた情念です、、!

場所は群馬の某露天風呂。。
雪がしんしんと降りしきる中、包帯を巻いたまま温泉に浸かっていた吉田の図は、果たして猟奇なのか風流なのか、、、?!
撮影はもちろん!毎回CDジャケットを撮ってくださいっている(最近ではもう無理矢理お願いしてる感じも、、、)あの豊浦さん!

吉田もタオル一枚の姿で冷たい川の中を渡って雪の降り積もる小島にたたずんだり、熱いお湯に打たれながら必死でポーズをとったりと、いつになくド根性を発揮して頑張りました!(とはいえ、それらは光線不足でほとんどボツになったもよう。。)

他にも情念メンバーのマル秘悩殺ポーズがあったり、吉田の巻いているタオルがとれそうになったりと、かなりハラハラドキドキの撮影会でしたよ。。
そのうえ包帯を巻いたまま温泉に浸かっていた吉田は、周囲の人から白い目で見られてトホホでした。。

でもそんな波瀾万丈の撮影でしたが、撮っていただいた写真は本当に素晴らしいので、ぜひ皆様ご期待を!!(遅ればせながら、レコーディングのほうも頑張ってますので、、)


今日の写真は、まずは吉田撮影による東京と群馬の対比。。
東京を出たときは何もない道路が、、。

L1030047.jpg

車で3時間くらい行くと、こんなに雪が積もっているのでびっくりしました。。

L1030081.jpg

途中の水上にあった、なんとなく情けない雪だるま。。

L1030064_1.jpg

ネットで噂になっているという「民族集古館」の看板前で微笑むちぇちりあさん!(この民家が集古館かと思ったら、本体はもっと遠いようでした、、、残念)

L1030070_1.jpg

吉田を勝手に期待させた、いろいろ集めていそうな民家の佇まい。。

L1030071.jpg

二カ所目に行ったT温泉。。
雪が降っていて眺めもいいし、情緒たっぷりでした!

L1030094.jpg

でもなぜか、そのT温泉の入り口にはガン飛ばしているペコちゃんが。。

L1030084.jpg

入り口からお湯に到着するまでの小道は、左右に怪しい小物がぎっしり置かれていて異空間を形成してました。。

L1030088.jpg

唐突に現れる、松尾芭蕉翁。。

L1030090.jpg

巨大天狗も鎮座してました!

L1030093.jpg

「縞がありそれおメノウというけれど、となりに水晶ひっついている」
怪しい達磨とともに並んだ石には、全て謎の説明書きが。。。

L1030098.jpg


こんな感じで怒濤のように終わった撮影の旅でしたが、夜にはみんなで和やかになぜか全員の「へそ」の写真を撮ったりする一幕も。。
最後はみんな酔っぱらって、わけがわからないうちに温泉の夜は更けていったのでした。。

ということで、次のCDが出るのは夏ごろ(?)になってしまいそうですが、皆様ぜひご期待を!

あと、今度の24日(日曜日)は高円寺「彦六」でのライブですので、そちらもよろしかったらぜひ!



posted by 吉田酢酸先生 at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

夏の終わりの金沢山中温泉は山の中?!の巻。。

またしてもタイムラグがあるんですが、8月の終わり、あまりの暑さにたまりかねて東京を脱出することに。。。
なんでもいいから北に行けばいいかと思っていたんですが、考えることはみんな同じみたいで東北の温泉はみんな満員。。
仕方なく?、あんまりよく知らなかった北陸金沢の山中温泉というところに行ってきました。。

ところで、金沢といえば、昔吉田とバルバラさんが永平寺で修行をしてきた思い出の地、、、!
今回ももちろんこの永平寺を訪ねてみたんですが、バルバラさん好みの雲水さんたちが大勢いるところなど、昔と変わってなくて感動しました。
(ちなみに修行の間はお菓子などを没収されたり朝3時に起きてトイレ掃除をさせられたりするんですが、真面目にお菓子を預けたり掃除をしたりしていたバルバラさんに対し、こっそりお菓子を隠しもっていたうえトイレ掃除もサボりがちだった吉田。。。修行は2泊か3泊でしたが、果たして何か身に付いているのでしょうか、、、?!)

写真は、旅館にあったお盆の模様。。ちょっとエロチックなひょうたん鯰。。

L1020533.jpg

そして永平寺の宝物? 吉田好みの方々。。

L1020560.jpg


4メートルもある巨大すりこぎ。。写真も大きくしてみました。。

L1020574.jpg

雲水さんたちが座禅を組む「雲堂」。バルバラさんと吉田も昔こんなところで座禅を組んでいたような。。

L1020568.jpg

金沢にしかないという加賀野菜「太きゅうり」のお料理。。器がこの「太きゅうり」になっていて、さすがに太かったです。。

L1020626.jpg

もう一つ行ったお寺、「那谷寺」の奇岩庭園。。
ここは奇岩の他にも胎内巡りができたりして、怪しさ満点でした、、!

L1020664.jpg

庭園の脇にあった、肛門のような怪しい洞窟。。

L1020653.jpg

駅から見えた、もっと怪しい巨大観音。。迫力ありました!

L1020683.jpg

という感じで、夏バテ気味な吉田をすっかり癒してくれた金沢山中温泉。。
水質は透明でお肌にもよさそうでした!
ちなみに東京との気温差は−1度。。。
ちょっぴりですが、避暑気分が味わえましたよ。。
posted by 吉田酢酸先生 at 18:54| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

京都旅後半戦、、三千院から養老天命反転地へ!

そんなこんなですっかりアカデミックな気分に浸っていた京都旅前編だったのですが、、その後、泊まっていたゲストハウスのシャワールームに脱いだパ○○を置き忘れ、世界各国の人々に見られるという大失態が。。
一気にマイナーな気分になってしまった吉田でした。。

とはいえ宿の近くにあった「清明神社」は、ちょっとブームにのった感があったものの、いろいろご利益のありそうなものが多くてお薦めスポットでしたよ!

まずは、千利休が茶の湯に使ったという「清明井」。。
星形マークがかっこいいです!

L1020297.jpg

さらに、撫でるとご利益があるという「桃」。
みんなに撫でられて、光っているのがなんだか艶かしかったです。。

L1020301.jpg

清明神社で祈った後は、大原にある三千院に、、。
ここはもしかしたら、修学旅行以来? 初夏の新緑がとても鮮やかでした。。

L1020303.jpg

苔のお庭をまるで海のように泳ぐ、童子の首を発見!
本当は横から見ると足をバタつかせて泳いでるんですが、横からの写真に失敗したので、首だけみたいに、、。

L1020310_1.jpg

三千院ではお坊さんの説法を聞かせてもらったり、お庭を回ったりしてすっかり荘厳な気分に浸っていたのですが、帰り道の下り坂でこんな物を発見、、!

L1020318.jpg

これは一体誰が何のために、、?!
首の一個一個にどうやら名前がついているようなので、それぞれに思い入れがあるのかも、、、。
とにかく、かなりドキッとさせられます。。

本当に三千院はいろいろな意味で見応えがありました!
(極楽往生殿の天井復元絵図も素晴らしかったし、、)
そして、なんとその勢いで滋賀にある琵琶湖まで行ってしまった吉田たち。。(といっても、運転で大変だったのはチョビンさんだけなんですが、、)
琵琶湖の橋を渡ったりして、その広さを堪能しました。。

そして今回の旅の終焉を飾ったのが、ここ、岐阜にある「養老天命反転地」!
最初名前を聞いたときは何のことかさっぱりわからなかったのですが、こここそすり鉢状に地面をくりぬいて造った、平衡感覚がなくなるという有名な公園だったのです。。

http://www.yoro-park.com/j/rev/

公園の中には、独特な形の不思議な建物がいくつもあるんですが、それに一つ一つ情念魂をそそるような素晴らしいネーミングが!!
「想像のへそ」とか「宿命の家」とか「もののあわれ変容器」とか、、もうたまりません、、!

しかもその建物が、吉田の好きなメキシコの建築家「ルイス・バラガン」を彷彿とさせるような感じで、いちいちかっこいいんです!

L1020322.jpg

そして、歩いているとなぜか唐突に台所が置いてあったり、、。

L1020330.jpg

L1020344.jpg

建物も全部斜めに傾いでいて、中に入ると天井からソファやトイレがぶらさがっていたり。。

L1020336.jpg

斜めになった地面は歩くのも大変です。。
(ちなみに、写っているのは全然知らない人です、、)

L1020351.jpg

迷路のような、不思議な道、、。

L1020328.jpg

そしてそこかしこに、限りなくレトロフューチャーな匂いが、、。

L1020363.jpg

架空の街がデザインされた建物も、、。

L1020369.jpg

本当にここは、吉田のために造られたのか? というくらい情念にぴったりの場所のような気がしました。。

本当に教えてくれたうえ、連れていってくれたチョビンさんに感謝です!
あんな面白い場所をありがとうございました!
みなさんも、岐阜に行ったときはぜひ!

ということで、今回の旅はけっこう全体的にアートな香りが漂っていたような気がします。。
伊藤若冲については、まだまだ興味深いことが多いので、これからももっと研究してみたいですね。。

すっかり長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方もありがとうございました!



posted by 吉田酢酸先生 at 04:13| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

伊藤 若冲を訪ねて、、京都ぶらり旅!の巻。。(前編)

実は今京都の相国寺で「伊藤 若冲展」をやっているんですが、先週はそれを目当てに久しぶりに京都に行ってみました。。

http://jakuchu.jp/jotenkaku/

なんといっても120年ぶりに絵が戻ってきたということだし、しかも3週間限定。。
平日に行ったとはいえ、予想通りに混んでいて大変でしたよ。。
でも絵は本当にすごくて、毛虫の毛や蛸の吸盤や魚のウロコまで、、、全部一つ一つ命が通っているかのような迫力でした、、!
来ている人はみんなガラスにへばりついて動く気配がなかったんですが、吉田もがんばってへばりつき、2時間かけて33枚の絵を全部じっくり鑑賞してきました!

ということで、相国寺の伊藤 若冲展入り口です。。

L1020207_1.jpg

その後は、京都駅から電車で少しいったところにある、 若冲ゆかりの石峰寺へ。
そこは若冲が晩年住んでいたという禅のお寺で、若冲のお墓と若冲がデザインしたという五百羅漢像があるんですが、こっちはほとんど人がいなくて、夕方の静かな時間を堪能することができました。。

石段の上の赤い門がエキゾチックです。。

L1020220.jpg

下は、たしか釈迦が説法するの図?

L1020241.jpg

&表情豊かな羅漢様たち。。

L1020224.jpg

吉田的には、この人が一番好みかも、、?!

L1020247.jpg

という感じですっかり静寂に浸っていたら、こんなニュースが、、、。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200705250024.html

倒されたのは4月とのことですが、ということは、吉田が見たのは修復された後だったのでしょうか??
なんともおいたわしい出来事です、、。

ということで、その日は帰ってから宿の近くにあった「日本一古い銭湯」船岡温泉へ。。
温泉といってもここはただの銭湯で、露天風呂はあるものの全然温泉じゃありません。。(京都ではどうやら普通の銭湯のことを温泉と言っているらしいです、、)
でも天井にいる天狗様や木彫り彫刻の翁たちにじっと見守られる脱衣所など、さすがに情緒満点でした!

あと、ここで特筆なのが「電気風呂」!
なんとお湯の中を電気が流れていてビリビリするんです。。
これは漢字が読めない外人さんにとってはまさに罠のような風呂で、いきなり入るとビリッ電流が流れてくるので本当にびっくりします。
電気系に弱い吉田は勇気を出して入ってみたんですが、体の奥をじわじわ電気が流れている感触は、癖になりそうというか、癖になったら恐いというか、、、。
なんか血管を虫が這ってるような変なゾワゾワ感が、快感に変わってしまいそうな。。
とにかくここは他にも薬湯とかジェットバス湯などなど、いろいろなお風呂があるうえ、深夜1時までやっているのでお勧めですよ!

070518_0025〜0001.jpg

そんな感じで、無事 若冲を堪能した京都旅前半、、、後半はなんと情念生バンドメンバーのチョビンさんの案内で、いきなり京都から滋賀へ、そして岐阜にまで行ってしまうという大胆な展開になりますので、乞うご期待を。。。


posted by 吉田酢酸先生 at 04:04| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

吉田のルーツを探る旅〜九州を吸収編!

11月はいろいろな情念ライブや、ホサノバの神様ジョアン・ジルベルトのコンサートなどなど、盛り沢山で大忙しだった吉田です。。
(ちなみにジョアンのコンサートに母親を連れていったら、「変わった音楽ね。お経みたいだわ、、、」と言ってました。。)

そんな感じで、ようやく先週は息抜きに九州の温泉へ。。
実は吉田は九州に上陸するのは初めてだったんですが、食べ物は美味しいし面白い観光スポットはいろいろあるしで、大満足の旅でしたよ。。

まずは、飛行機の中から見えたア○ルのような富士山。。
ここから大昔黒い隕石が飛び出してきたのだと思うと、やはり、、、。

L1010878.jpg

次は熊本で出会った、夏目漱石先生。。

L1010933.jpg

さらに、高千穂高原にいた恐い人。。

L1010962.jpg

ふと見上げると、神様もしっかり見守ってくれてました。。

L1010985.jpg

ということで、無事東京に帰ってまいりました。。
九州はちぇちりあさんの故郷でもあるし、すごく奥が深そうなので、またいつかトライしたいですね!

ちなみに東京での吉田はというと、、、本日金曜日の夜は「たちばな診察室」にいますので、お時間のある方はぜひ!

posted by 吉田酢酸先生 at 03:36| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

エロ可愛ナイト新宿少女編!ご報告&今日はキティファイヤー!

先週の金曜日に行われた、「エロ可愛ナイト新宿少女編」。
本当に沢山の方にご来場いただき、さらにエロ可愛い素敵なバンドをいろいろ見れて吉田も大満足の一夜でした。。
本当にみなさんありがとうございました!

そして、いつの間にか一週間たち、、なんと今日は毎月恒例のキティファイヤー!
同じ新宿でまたもや何かが起こりそうです、、、?!
この連休に、みなさまぜひ深夜の新宿へ!

ということで、今日の写真は、「エロ可愛ナイト」でDJをつとめられたスマQさん&吉田!
艶やかな日本髪姿のスマQさんと、ウ○チを媒介に急接近の瞬間でした、、!

060930_0524〜0001.jpg




posted by 吉田酢酸先生 at 19:43| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

十二社温泉の黒いお湯、、の巻。

ちょっとまた日にちがたってしまったんですが、この間は仕事の打ち合わせ(?)で新宿にある十二社温泉に行ってきました!
ここは新宿の西口から歩いて20分くらいのところにあって、ずっと前から気になっていたんですが、ついに入浴に成功、、。

真っ黒なお湯は、最初入るのにちょっと勇気がいりましたが、入ってしまうとすごく体が温まっていいお湯でしたよ!
(ここは冷泉もあるんですが、こっちも真っ黒で、本当に沼にズブズブ入っていく感覚。。ピラルクとか出てきそうで、かなり恐かったです。。)
しかも、脱衣所にはこんな張り紙が、、。

060823mizutamari_1454〜0001.jpg

間違えて池に入ってなくて、本当によかったです。。

ということで、いきなりですが、今日は毎月恒例のキティファイヤー!
お時間のある方は、ぜひ遊びにいらしてくださいね!




posted by 吉田酢酸先生 at 15:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

江ノスパの夜は老けて、、の巻!

またもやこの間の土曜日は、江ノ島にあるその名も「江のスパ」に出かけてまいりました。
ここは水着を着たままで男女一緒に入れるスパなんですが、夕焼けを見ながらのんびりお湯に浸かったりできてGOODですよ!
(しかし、このところの食べ過ぎですっかり出っ張ったお腹に、周囲の視線が痛い、、、)

帰りはなぜか噂の「エスカー」という乗り物に乗って、江ノ島の頂上へ、、。(これは単なるエスカレーターなんですが、、)
久しぶりに神社でお参りしたり、至る所にいる猫に触ったりしてみました。。

ということで、今日の写真は江ノ島で食べた、今年15杯目くらいの冷やし中華。

060708冷やし中華_1437〜0001.jpg

それと、江ノ島神社の巨大なお賽銭袋。夜の闇の中から黒々浮かび上がる姿が不気味です。。

060708_1920耄銭壷〜0001.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 03:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ウミウシいっぱいババンバン!

先日は春の陽気に誘われて、江ノ島水族館に行ってまいりました。。
そしたらいたんですよ! ウミウシが、、、。
しかも30匹くらい大量に。。。

「もぎたてどっさりバンバン」の中で、「ウミウシいっぱいババンバン」などと呑気な歌詞を書いていた吉田ですが、まさか本当に「ウミウシいっぱいババンバン」な事態になってしまうとは想像もしていませんでした。。

しかも赤やら紫やらどす黒いのやらと、、全部色も形も違っているし。。
いったいどう対処したらいいものやら。。

L1010322海牛.jpg

上の写真は、そんなウミウシの中でも一番大きかったやつ。。
ついでに、「クラゲもいっぱいババンバン」でした。。

L1010324クラゲ.jpg

なぜか親近感を覚える細長魚も。。

060408細長魚_1509〜0001.jpg

この後は「江のスパ」温泉に行ったのですが、調子にのって泳ぎまくっていたら、風邪がひどくなって「鼻水いっぱいババンバン」でした。。
でもここは水着を着てみんなで入れるので、おすすめですよ!
posted by 吉田酢酸先生 at 18:26| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

夢のムツゴロウ王国!

先日の土曜日は、あきる野市にあるという念願のムツゴロウ王国についに行ってまいりました!
その日は天気もよくて、絶好のムツゴロウ日和だったのですが、王国の中では犬が元気に走り回っていたり猫がのんびり寝ていたりして(それに混じって、なぜか豚も走りまわっていたり、、)なんともいえない緩い時間が流れていました。。

しかし、フリスビーを走ってとってくる犬のお利口さん度には吉田もびっくりです。
(吉田も犬のかわりにあれをやったら、たぶん痩せるんじゃないかと思いました。。)

そしてムツゴロウの帰りには、山梨にある「小菅の湯」へ。。
ここはかなり山奥なんですが、空気がよくて肌もツルツルになるし、本当におすすめの温泉です!

ということで、今日の写真は、ムツゴロウ王国の門の前でみんなを迎えてくれるムツゴロウ先生。。
思っていたより大きくて平らだったのですが、ずっと動かないで座っている根性はさすがでした。。

060311_1219ムツゴロウ〜0001.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 03:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

情念伊豆合宿の巻!

二泊三日で猛練習(!)する予定の情念合宿もなんとか無事終了、、、。
今回は雪もなく晴天に恵まれて(とはいっても、ほとんどスタジオの中でしたが、、)快適な合宿生活を送ることができました。

そんな今回の合宿の成果、、、。
まずはスタジオの隣の居酒屋にあった、「ブルーハワイミルク」。
色はどぎついけど、けっこうイケてました。。
(ちなみに、居酒屋のおじさんは最初「ブルーハワイ」を入れ忘れてただのミルク状態で持ってきました。。)

060217_2326ブルーハワイミルク〜0001.jpg

さらに、コンビニで見つけた「吉田風うどん」。
どこが吉田風かというと、、、最初はなんてことない普通のうどんだったんですが、油断しているといきなり辛くて咽せてしまったり、食べた後でジンマシンがでてきたり、、、このへんが吉田風なんでしょうかね?

060218_1306吉田風うどん〜0001.jpg

そして、この辺を通るたびに気になる「ビジネスホテル吉田」。
今日もお客があんまり入ってないみたいで、なぜか心配になってきます。。

060219_1724ホテル吉田〜0001.jpg

最後は、帰りに入ったお好み焼き屋さんで食べた「パフェもんじゃ」!
これ、本当に鉄板で焼いて食べるらしいんですが、お店の人に聞いても嫌そうな顔をしていなくなってしまうし、、、どうすればいいのかわからなくて最初は途方にくれていました。。

060219_1651パフェもんじゃ〜0002.jpg

でも勇気を出して焼いてみたら、このとおり、、、。
見かけと違ってけっこう美味しかったです!(これはまったく新しい食感で、デザート好きにはお薦めかもです。。)

060219_1654パフェもんじゃ〜0002.jpg

こんな感じで、あんまり音楽とは関係ない話ばかりになってしまいましたが、今回はすごい秘密兵器も飛び出したりと、とても充実した練習ができました。。(全部で9時間くらい練習したかも?)
この合宿の成果は3月4日の「デシプリンビーチ」でのライブで発揮される予定ですので、みなさまお楽しみに!↓

http://www.tranceformer.org/dip/
posted by 吉田酢酸先生 at 17:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

いきなり伊豆温泉の旅!

この間は建国記念日の連休を利用して、(単なる土日という噂もありますが、、)いきなり伊豆の温泉に行ってきました!
(隠れ家のような露天風呂が素敵な旅館でした。。)

まずは夕食に出てきた金目鯛船盛り!
鑞でできているかのような顔面と、巨大な目玉に驚かされます。。

L1000460金目鯛_1.jpg

帰りに寄った熱海では、思わぬ場所に大橋巨泉が潜んでいたり、、、。

L1000523巨泉像.jpg

なぜかマイアミまで、、。

L1000551舞網.jpg

「に!」を警告する、不思議な看板にも要注意を。。

L1000553に!_1.jpg

この2日間ほとんど食っちゃ寝状態で、3キロは太ったような気がする吉田。。
今週はまた情念合宿で伊豆へ行くというのに、こんなことでは今から先が思いやられます。。。

posted by 吉田酢酸先生 at 07:08| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

トンネルを抜けると、、、。

ここ4、5日、またまた唐突に温泉ツアーへ行っていた吉田です。
今回探訪したのは、長野の白馬「八方温泉」。
しかし、まさにトンネルを抜けたらというか、瞬きしている間にいきなり雪国になっていたのでびっくりでした。

L1000雪国262.jpg
東京から車で3時間くらい行っただけで、いきなりこの有り様とは、、、。

まさに風雪流れ旅。。。
L1000風雪247.jpg

そして、たどり着いたのが第二駐車場「きっちょんちょん」。
第一駐車場の名前もすごく気になります。。
L1000きっちょん250.jpg

ふと見ると、雪の中にやけに艶かしい銅像が。。
L1000銅像279.jpg

頑固親父も上から見守っておりました。。
L1000頑固276.jpg

という感じで、雪の中で浸かる温泉はやっぱり格別ですね。。
posted by 吉田酢酸先生 at 04:40| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

温泉コンクラーベの巻。

ここ4、5日、ちょっと骨休めで福島のほうの温泉に行っていた吉田です。。
べつに狙って行ったわけではないのですが、ちょうど山の上は紅葉が見事で、紅葉を見ながら入る露天風呂は最高でした!

温泉も、つげ義春の漫画に出てきそうなひなびた温泉宿に行ってみたり。。(地元の人が湯治に来ているような場所で、本当に絵になるいい雰囲気でした。。)
でもその宿で一番薬効のあるお風呂というのがなぜか混浴になっていて、さっそく入ろうとすると、すでに3人のオジサンという先客が、、、。
日頃は「混浴こそ温泉の醍醐味」などと強気なことを言っていた吉田でしたが、その3人の会員制クラブのような雰囲気にすっかりたじろいでしまいました、、。

しかたないので、隣のお湯に入って、そこからオジサンたちの動向をチラチラ伺っていたんです。
(実は隣のお風呂からもお互いの状況が丸見えだったりします。。)
でもいくら待っても、オジサンたちはまったく出る気配なし。。
話し声が聞こえなくなったから、もういないのかと思ったら、シーンとしながらまだ浸かってたり。。
結局1時間くらいコンクラーベしたあげく、すっかりのぼせ上がった吉田があえなく敗退となりました。。
その後しばらくしてから見にいったら、まだその3人は入っていたので、もしかしたらすごい強者だったのかもしれません。。

今日の写真は、温泉の近くにあった五色沼を散策中に見かけた石。
こんなに深く石に名前を刻みこんだノグチさん(文字の深さ3センチはあります)今ごろどうしているのでしょうか、気になります。。
051105_ノグチ1408〜01.jpg




posted by 吉田酢酸先生 at 04:06| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ラクーアは楽だ!の巻。。

いろいろやらなければならないことが目白押しだというのに(情念CDのこととか、あんなことこんなことが、、、)今日はなんと、昼間から後楽園遊園地ですっかり羽を伸ばしてしまいました!

もともとジェットコースター好きの吉田は、富士急ハイランドでの雪辱(混んでいて一日一個しかジェットコースターに乗れなかった。。)を晴らすべく、あらゆる乗り物に乗りまくったのですが、、でもそういえば、最後に後楽園に行ったのはかれこれ○年前。。
昔に比べて、乗り物がかなり新しくなっていてびっくりでした!

で、今日乗ったジェットコースターが(3回も乗ったのに名前忘れてしまったんですが。。やっぱり「ドドンパ」みたいに強烈なネーミングにしてほしいです。。)もうすごく眺めがよくて爽快で、怖くて目が回って最高でした!(なんか、自分でも言ってる意味がよくわからなくなってます。。)

そして、ジェットコースターの後は、温泉ラクーアでのんびり湯につかり、さらに全身アカスリまでしてしまうという、吉田にしては妙にゴージャスな一日を体験。。
(産まれて初めて背中の垢をこすってもらったら、やってくれたお姉さんがびっくりするくらいの大量の垢が。。なんだか皮膚が1ミリくらい薄くなった気がします。。)
まあ、普段こう見えていろいろ苦労が多いのだから、たまにはこんなゴージャスなのもいいですよね。。

それで、今日一日遊園地にいてわかったことなんですが、どうも吉田はジェットコースターに乗っているときも普段のときも、あんまりテンションが変わらないみたいなんですよね。。
もともと低いのが、スピードが出てくるとかすかに高くなるだけという。。
逆に、ゴーゴー凄い勢いで逆落としされながらも、なぜか哲学的瞑想にふけってしまったりして。。

なんとなく、吉田にとってジェットコースターに乗る快感とは、トイレの前で「大」を我慢しているときの快感に近いのかなあ。。というのが、自分なりの分析でした。

ということで、今日の写真はジェットコースターの恐怖の鋭角曲線。。
しかし高い場所に行くと、なんとなく自分がかっこよくなったような気がするのはなぜなのでしょうか??

051020_1547〜後楽園01.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 04:32| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

情念合宿その2「嘆きの大仏&押し寄せる魚臭編」!

今日は日ごろたまった疲れを癒すべく、近場の温泉に行ってきましたです。。
でも、三連休の中日ということでやたら子供が多く、入ったとたんに小さい女の子からシャワーで攻撃される始末。。
やられっぱなしでまったく反撃できない、弱々な吉田でした。。

なんてことはどうでもよいのですが、、、そろそろ情念合宿の続きを書いてみようかと。。
皆さんはもうすっかりお忘れだと思いますが、、情念合宿その2「嘆きの大仏&押し寄せる魚臭編」です。

えーと、、たしか、大仏の上で雷がゴロゴロ鳴っていて、そこで我々が見たものは、、、でしたよね。。

我々が見たもの、、、それは、単純に手で大きくバッテンを作るおまわりさんの姿。。
つまり、「今日のライトアップは中止!」の合図でした。。チャンチャン。。

なんか、期待していた人がいたらごめんなさい。。
でも、実はこの牛久大仏のライトアップこそが情念合宿の隠れた目的だったので、一同の落胆ぶりはそうとうなものがあったのですよ。。。

でもまあこの後、我々は気を取り直して一路合宿先の犬吠埼に向かったわけですが、、、。
そして到着してみると、そこは大学生向けの合宿施設だったみたいで、いるのはほとんどがピチピチの大学生。
情念&妙念チームはほとんど、彼らのコーチか担任の先生みたいな感じです。。
しかも、宿中やけに魚の腐った匂いが充満しているし。。

とはいえ木陰でキスをする大学生カップルなどにあてられつつも、なんとか頑張って翌日はなんと7時間もバンド練習をしてしまったのでした。
そして、さらに 三日目は海で泳ぎながらバーベキューをしてしまうというアクティブさ!
最後は鍋ちゃんによる西瓜割りの儀式まですませて、すっかり去る夏を堪能した情念でした。。

はてさてこんな感じでなんとか合宿をすませたわけですが、しばらくはゴールデン妙念の出番はなさそう。。(トホホです)
でもまたいつか生バンドスタイルでお目にかかりたいと思いますので、そのときはこの合宿の成果をたっぷり堪能してもらえると幸いです!

今日の写真は、合宿とは関係なく、花のぬいぐるみでダーツをしようとする吉田。
(合宿の写真はすっかり撮り忘れてしまったので、よろしかったら情念掲示板に張り付けてある画像でお楽しみください!)

http://6116.teacup.com/sakusan/bbs

050612_吉田0549〜01.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする