2005年09月28日

絶叫ドドンパ娘!&ネズミに爪を喰われる。。の巻!

実は昨日今日の二日間、富士山麓の富士急ハイランドと富士サファリパークに行っていた吉田です。。
(まったく情念ジャケット撮影前の大事な身体だというのに、、、ジェットコースターに乗ったりライオンの前を通り過ぎたり、なんていうことを。。)

とはいっても、富士急ハイランドに着いたのは夕方だったので、残念ながらジェットコースターには一つしか乗れませんでした。。
そして、その乗ったコースターの名前は「ドドンパ」!
どうやら時速172キロで、世界最速らしいです。。
でも乗っている時間は1分もないようだし、、、ということで、たかをくくったまま並ぶこと1時間。。(つまりここで1時間も並んでいたので、これしか乗れないことに。。)

その間、スピーカーからは、「ドッドンパッ!」というリズムで、無気味な男の呟きが大音量で流れ続けます。
そのため乗車口についたころには、すっかり吉田の体内にドドンパのリズムが刻み込まれていました。。

で、その「ドドンパ」ですが、、、たかをくくってたわりにはスゴかったです。。
172キロなんて新幹線より遅いはずなのに、なぜ?? と思えるくらい凄まじかったです。
もう必死でしがみついて絶叫しているだけで、あっという間に終わってました。。

本当に、人間はなぜにあんなものを作ってしまうのでしょうか? そして、1時間も並んで乗ってしまうのでしょうか?
(でも今度はもう一つのフジヤマに乗ってみたい!)
ジェットコースター好きを自認する吉田ですが、この「ドドンパ」にはやかなりられました。。
興味のある方はぜひ挑戦を!

そして翌日、富士急での欲求不満をはらすべく、今度はサファリパークへ。
こちらは、車に乗ったままライオンとか虎とか熊などを眺め、襲われることもなく無事脱出。(みんなぐうたら寝てましたが)
でも本当の恐怖は、実はこの後だったのです。。

サファリパークの脇に「砂漠の生き物展」という小さなコーナーがあったのですが、その中に体調10センチ足らずの「砂ネズミ」というコシャクな感じの生き物がいたんです。
それがあまりにもチョロチョロして可愛いし、自由に触れるようになっているしで、どうしても捕まえてみたくなった吉田。。
年がいもなく追い掛け回して、悪戦苦闘の結果、ついに捕獲に成功!

ニコニコ顔で抱き上げたのですが、、、、なんか指先をカシカシやられてるなと思ったら、なんということか、人さし指の爪をほとんど食べられてしまいました!
これは、追い掛け回されたネズミの逆襲か、、、または伸び過ぎた爪を切ってくれたのか。。。
でもとにかく、自分の肉体の一部を誰かに喰われたのはたぶん初めてなので、軽いショックを受けました。。

ということで、今日の写真は「ドドンパ」土産の「ドドンパ豆」。
まさにあんな顔して走ってました。
050928_ドドンパ0411~01.jpg

それと、食べられてしまった吉田の爪先です。
爪切りで切ったみたいに、右隅だけ残して綺麗に食べられてます。。
050928_爪0408~01.jpg

posted by 吉田酢酸先生 at 04:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、なかなかマメに更新されているようで素晴らしい限りです。
ジャケット撮影どうでしたか?
ところで、情念のうちわはまだいただけないのでしょうか。。。w
Posted by 蘭 at 2005年09月28日 22:37
おおっ、蘭様コメントありがとうございます!
ジャケット撮影はもう波乱万丈でしたよ。。
うちわは今準備中ということで。。。すみませんっ!(汗)
Posted by 吉田酢酸先生 at 2005年09月29日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ネズミ
Excerpt: ネズミネズミ上科生物の分類|分類界: 動物界 :en:Animalia|Animalia門: 脊索動物門 :en:Chordata|Chordata亜門:脊椎動物|脊椎動物亜門 :en:Vertebr..
Weblog: 動物辞典
Tracked: 2005-10-02 17:11