2007年07月26日

ついに噂の「ボラット」を体験!、、の巻。。

いろいろな方から「見たほうがいい!」とか「見なくていい、、」とか言われていた噂の映画「ボラット!」(正式名称は「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」)、、ついに吉田も見てしまいました、、、!

そして、その感想は、、、、

予想を大きく上回るくだらなさに、興奮&感動&脱力の嵐、、でした!

http://movies.foxjapan.com/borat/

最初は普通の映画のように、全部エキストラがやっていると思いながら余裕で見ていた吉田ですが、見終わった後で解説を読んだところ、本当に相手をだまして撮影していたと知って二度びっくり。。

テレビに出て番組をめちゃめちゃにするシーンも、実際に生放送に出演したり(それでその番組の責任者がクビになってしまったとか、、、)トイレの使い方がわからないふりをして、食事中に○○○をビニール袋に入れて持ってきたり、全裸でホテルを走り回ったり、、。

現在はカザフスタンをはじめ、いろいろな人から訴えられているそうですが、くだらなさもここまでやると本当に偉大ですね。。

個人的には、ボラットさんのファッションセンスに心打たれました。。
(あの水着とか白ソックスとか、、)
ぜひ、情念でも見習いたいものです。。

あとは、あの濃ゆい相方とホテルの部屋で全裸肉弾戦をするシーン。。
あそこが意味もなく長いうえ、「ア○ルで口塞ぎ攻撃」とかあって最高でした、、!
「乳首吸わせるぞ!」という脅し文句も、妙にハマりました。。

ということで、まだ見ていない方は、どうやら27日までっぽいのでぜひお早めに!

今日の写真は、ボラットとは関係なく、ある雨の日のゴミ捨て場風景。。
こうしてまとめてあると、かなり怖いですね。。

070428_1617〜0001.jpg



posted by 吉田酢酸先生 at 05:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビのUFO番組というものは、
民俗学のフィールドワークの
パロディである、
などというはなしを
はるかにボラットは超えていますね。
フィールドワーカーが
研究対象を挑発しまくって
初めて成立する新しくも
ドラスティックな
民族研究と申せましょう。
わたしはこういうの好きです。
Posted by アントニオいのきん at 2007年07月27日 16:39
>アントニオいのきん様
たしかに、あの映画を見ているといろいろな民族(?)のことがちょっとずつわかってきますよね!
本当にアメリカは奥が深いです。。
Posted by 吉田酢酸先生 at 2007年07月28日 03:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック