2016年12月22日

宇宙と芸術展@森美術館!の巻。。

先日は、六本木の森美術館でやっている「宇宙と芸術展」に行ってきました。撮影OKの展示物が多かったので、いくつか撮ってみましたよ。。

入るといきなり曼荼羅があって、そこから江戸時代の望遠鏡や竹取物語につながっていくという興味深い構成でした。これは隕石で作られた刀「流星刀」とのこと。。↓

DSC_1678.jpg

現代美術のコーナーには、宇宙を樹で表した作品や、蛍光灯でブラックホールを表した作品もありました!↓

DSC_1679.jpg

蛍光灯のブラックホールは、見ていると吸い込まれそうな感じがしました。。↓

DSC_1683.jpg

こちらは日時計を表した作品のようです。。↓

DSC_1688.jpg

これは遺伝子工学で作られた生命体をモチーフにした作品とのこと。。人間と芋虫とアルマジロ?が合体したみたいです。。↓

DSC_1691.jpg

そして、これは吉田も前から気になっていた「うつろ舟」! 江戸時代に出現したというUFOの記録です。。舟の中には見知らぬ文字が書かれ、美女が一人乗っていたそうです、、。↓

DSC_1696.jpg

こちらは完璧なボディラインを持った「セクシーロボ」、、。↓

DSC_1711.jpg

そして、展覧会のポスターにもなっているこの宇宙船は、1986年、打ち上げから73秒後に爆発してしまった悲劇のスペースシャトル「チャレンジャー号」です。吉田もこのときのことはテレビで見ていて、強烈な印象に残っています。。↓

DSC_1716.jpg

他にもレオナルド・ダ・ヴィンチやガリレオの直筆手帳なども公開されていて、興味深かったです。チームラボの映像作品も、異空間を飛んでいるような感じで酔いそうになりました。。会場の外には、宇宙飛行士の模型?(中から顔を出せるようになっています、、)も、、!↓

DSC_1722.jpg

そして、隣にあったカフェでは、「宇宙と芸術展」に合わせて「惑星と時空間のパフェ」や「ブラックホールかき揚げ丼」などの期間限定メニューがありました。。吉田はどれにするか迷ったあげく、「うつろ舟」をモチーフにした丼に入っている「ブラックホールかき揚げ丼」に、、、!↓

DSC_1726.jpg

ブラックホールだけあって、厚みもすごいです。。しかも竹炭を使ってあるので本当に真っ黒でした! 上には惑星をイメージしたうずらの卵や金箔が乗っています。。↓

DSC_1729.jpg

丼の蓋には「うつろ舟」に書かれていた怪しい文字が、、。ちなみにご飯も下まで全部真っ黒でした!↓

DSC_1732.jpg

ブラックホールはさすがにボリュームがあって、すっかりお腹いっぱいになりました。。外はすでに真っ暗で、六本木ヒルズのクリスマスツリーが奇麗でしたよ!↓

DSC_1743.jpg

「宇宙と芸術展」を見た後では、なんとなく雪だるまも宇宙人のように見えてしまいました。。↓

DSC_1744.jpg

クリスマスツリーも、このまま夜空に飛んでいきそうな気がしましたよ。。↓

DSC_1747.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445126670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック