2016年09月03日

しりあがり寿「回・転・展」で回転!の巻。。

先週は、練馬区立美術館で開催されている、しりあがり寿の「回・転・展」に行ってきました、、!↓

DSC_1599.jpg

練馬区立美術館の看板の前にいた不思議な生物は、なんと大根(練馬大根?)でできているようでした!↓

DSC_1601.jpg

この人形は練馬区立美術館のゆるキャラのようですね。。↓

DSC_1600.jpg

美術館の外にある面白いオブジェをいろいろ眺めた後は、中に入っていざ「回・転・展」へ! なんと、入り口の看板の文字も回転していました!↓

DSC_1612.jpg

中は写真撮影OKだったので、何枚か撮影してみました。とはいっても、写真だと回転しているのがわかりにくいのですが、、。↓

DSC_1603.jpg

実は、ここに展示してある絵画や立体の全てがぐるぐる回転しています。。↓

DSC_1604.jpg

このマネキン二人がかぶっている土器型帽子?も回転していました!↓

DSC_1606.jpg

他にもヤカンや伝票などいろいろな物が回転していたのですが、、、吉田的に一番気に入ったのが、この回転している達磨の群でした!↓

DSC_1607.jpg

達磨の回転方向は右回りや左回りなどいろいろあって、みんな低い声で何やら怪しげな歌を口ずさみながら回っていました、、。↓

DSC_1608.jpg

DSC_1610.jpg

こうして、あらゆる物が回っているのを鑑賞した後、最後は薄暗い部屋の中でゆっくり回る巨大ピリオドで、「回・転・展」の終止符が打たれていたのでした。。

半分目を回しながら外に出ると、そこには巨大なトンボが、、、。(トンボは回っていません、、)↓

DSC_1613.jpg

これらは普段から美術館の庭に展示してあるようですが、、、像やライオン、キリンなど、さまざまな動物のオブジェがありました。。↓

DSC_1616.jpg

DSC_1617.jpg

DSC_1619.jpg

ベンチにも、こんな風に可愛い猫が、、、。↓

DSC_1622.jpg

反対側の看板は、巨大な熊が持っていたのでした。。↓

DSC_1624.jpg

見事な刈り込みです。。↓

DSC_1625.jpg

そして、「回・転・展」の帰りには、このところ話題の池袋北口にあるディープ中華街で冷やし中華を、、。こうして見ると、なんだかお皿をぐるぐる回したくなりますね。。↓

DSC_1629.jpg

ということで、「回・転・展」とは関係ないのですが、今夜は毎月恒例のデパートメントH! 情念も出演しますので、皆様ぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック