2016年05月18日

科学バー「インキュベーター」で遺伝子占いに挑戦!の巻。。

先日は荒木町にあるサイエンスバー「インキュベーター」に行ってきましたよ!
ここはバイトの人たちも全員理系という徹底ぶりで、飲み物もビーカーや試験管に入って出てきます。(まるでゴールデン街のあの「たちばな診察室」のように、、、!)

この試験管の中に入っているのはお通しの「乾燥いちじく」で、ビーカーには私が注文したクロレラ入りのカクテルが入っています。。↓

L1190627.jpg

ウイスキーもこうやって試験管に入っていると、別の物に見えますね。。ちなみに後ろに写っているのはティッシュがわりの「キムワイプ」で、理系の実験室などで使っているものなのだそうです。↓

L1190628.jpg

カウンターにはこんな大きな顕微鏡も置いてあって、500円玉の表面の隠れた文字などを見ることができます。(吉田は自分では見つけられませんでしたが、、、)↓

L1190630.jpg

さらに、ここにはなんと「遺伝子占い」なるものが、、。
一回2000円ほどで、本人の遺伝子を採取し、セロトニンとドーパミンのタイプから、その性格傾向をざっくり判定してくれるのだそうです。吉田もさっそくやってみることに、、、。
こちらが、その遺伝子占いキットだそうです。↓

L1190632.jpg

まずは綿棒で吉田の口の中の細胞をこそぎ、それをお店の人がキットの液体に移していきます。↓

L1190633.jpg

そして、店の隅にあったこの機械で遺伝子を取り出し、判定してくれるそうなのです。。↓

L1190636.jpg

判定は2週間後にメールで教えてくれたのですが、、、吉田の遺伝子タイプは日本人に多いという「慎重・地道型」でした!(自分でもなんとなくそうなんじゃないかと思っていましたよ、、)

他には「慎重・こだわり型」や「慎重・好奇心旺盛型」「楽観・地道型」「楽観・こだわり型」「楽観・好奇心旺盛型」があって、さらにレアなタイプとして「超楽観型」というのもあるそうです。この「超楽観型」がどんな人なのか気になりますね。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437994389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック