2016年01月26日

沖縄ディープスポット探訪!その3・神秘の久高島、続きです。。

クボー御嶽を遠くから拝んだ後は、ウパーマやシマーシ浜とは反対側にある「ヤグルガー」へ。この崖の下に神聖な井戸があるとのことでした。。↓

L1180878.jpg

さらに建物もほとんどない島の道をじわじわと進み、久高集落へ。。↓

L1180896.jpg

集落のこの建物では、ちょうどイラブー(海蛇)を薫製にしているところでした、、。↓

L1180891.jpg

L1180887.jpg

ちなみに、これは以前東京のフレンチレストランで出された「イラブー」です。(食べるときはこのままの姿ではなかったのですが、、、。イラブーは滋養強壮にいいらしいですよ、、)↓

L1140433.jpg

そして、この建物が昔イザイホーの行われていた「外間殿」と「久高殿」のようです。。↓

L1180881.jpg

「イザイホー」とは、12年に一度久高島で行われていた神聖な儀式なのですが、後継者がいないために1978年を最後に現在は行われていないそうです。。

L1180900.jpg

L1180894.jpg

集落の中には他にもいくつか拝み所が、、。↓

L1180904.jpg

民家の塀には、漁で使う網が干してありました。↓

L1180906.jpg

そして、いよいよニライカナイから五穀の入った黄金の壷が流れてきたという伝説のある「イシキ浜」へ、、。↓

L1180923.jpg

L1180931.jpg

砂浜には、壷のかわりに脳みそのようなサンゴ?が流れ着いていました。。↓

L1180933.jpg

ここにも珍しい植物が沢山生えていましたよ!↓

L1180855.jpg

L1180880.jpg

L1180856.jpg

島の中にあった大きなガジュマルの木。本当にキジムナー(精霊)が住んでいそうでした!↓

L1180865.jpg

一通り島を回った後は、久高島に二軒だけある食堂のうちの一軒で「ニガナ定食」をいただきました、、。↓
名前の通り苦みがありましたが、美容と健康にいいらしいいです!

L1180915.jpg

食堂の外のテーブルにも堂々と猫が寝ていました、、。↓

L1180913.jpg

店を出るとき、たまたま持っていた「サーターアンダギー」に子猫達が群がってきたのでびっくりしました。。まさか猫がサーターアンダギー好きだったとは、、、。↓
マタタビより人気があったかもしれません。。

L1180916.jpg

そして再びフェリーに乗り込み、久高島を後にした吉田です。。↓

L1180934.jpg

素朴で神秘的で、また何回でも訪れたくなる島でした。。↓

L1180944.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄ディープスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック