2015年12月01日

村上隆の五百羅漢図展&坊主バーで入棺体験!の巻。。

すっかり寒くなってこのごろずっと風邪をひきっぱなしだった吉田ですが、、、先日は元気を出して森美術館でやっている村上隆の「五百羅漢図」展を見てきました!

会場の前に鎮座していた白虎と青龍です。↓

L1180576.jpg

こちらは朱雀と玄武でしょうか?↓

L1180577.jpg

会場の中には五百羅漢図をはじめ、迫力のある作品が沢山ありました!

そして、美術展の後は四谷三丁目にある「坊主バー」へ!

http://vowz-bar.com

ここは、本物のお坊さん達がバーテンをやっていて、お坊さんと語り合いながらお酒が飲めるという素晴らしいコンセプトのバーなのです!
壁には沢山の曼荼羅が飾られ、カクテルも「極楽浄土」や「愛欲地獄」「無間地獄」などなど、お寺っぽいものがいろいろありました。

まずは吉田が注文した「極楽浄土」!↓
味はさっぱりしていて飲みやすく、まさに極楽に行かれそうな酔い心地になれましたよ。
(後ろに写っているのはお通しの揚げ蕎麦なのですが、どうやらこれは線香を表しているようです!)

L1180579.jpg

そして、二杯目が「ミロク菩薩」。。↓
こちらはミルク(ミロク?)が泡立った優しい飲み心地でした!

L1180591.jpg

さらに、感激したのが無料でできる「入棺体験」!
坊主バーの上に「牧師バー」があって週に一回営業しているそうなのですが、営業していないときはそこにお棺が置いてあって、入棺体験ができるようになっています。

実際のお葬式で使われる本物のお棺とのことですが、こういうバーの真ん中に唐突に置いてあるとなんだかシュールです。。↓

L1180580.jpg

蓋を開けると、中には白い布が、、。↓

L1180582.jpg

早速吉田も入棺してみましたよ!
包帯を巻いていないので顔にボカしが入って少し見づらいですが、、この白い布がホカホカしていて肌触りがよく、思いのほかお棺の中は居心地よかったです!↓

L1180583.jpg

蓋をしてもらって(釘打ちまではやりませんでしたが、、、)お坊さんたちに葬式の挨拶やお経のようなものをざっとしてもらい、死んだ気分を味わいました。。↓
出てきたときは、なんだか生まれ変わったような気持ちになっていましたよ。。

L1180589.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430515293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック