2007年05月26日

伊藤 若冲を訪ねて、、京都ぶらり旅!の巻。。(前編)

実は今京都の相国寺で「伊藤 若冲展」をやっているんですが、先週はそれを目当てに久しぶりに京都に行ってみました。。

http://jakuchu.jp/jotenkaku/

なんといっても120年ぶりに絵が戻ってきたということだし、しかも3週間限定。。
平日に行ったとはいえ、予想通りに混んでいて大変でしたよ。。
でも絵は本当にすごくて、毛虫の毛や蛸の吸盤や魚のウロコまで、、、全部一つ一つ命が通っているかのような迫力でした、、!
来ている人はみんなガラスにへばりついて動く気配がなかったんですが、吉田もがんばってへばりつき、2時間かけて33枚の絵を全部じっくり鑑賞してきました!

ということで、相国寺の伊藤 若冲展入り口です。。

L1020207_1.jpg

その後は、京都駅から電車で少しいったところにある、 若冲ゆかりの石峰寺へ。
そこは若冲が晩年住んでいたという禅のお寺で、若冲のお墓と若冲がデザインしたという五百羅漢像があるんですが、こっちはほとんど人がいなくて、夕方の静かな時間を堪能することができました。。

石段の上の赤い門がエキゾチックです。。

L1020220.jpg

下は、たしか釈迦が説法するの図?

L1020241.jpg

&表情豊かな羅漢様たち。。

L1020224.jpg

吉田的には、この人が一番好みかも、、?!

L1020247.jpg

という感じですっかり静寂に浸っていたら、こんなニュースが、、、。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200705250024.html

倒されたのは4月とのことですが、ということは、吉田が見たのは修復された後だったのでしょうか??
なんともおいたわしい出来事です、、。

ということで、その日は帰ってから宿の近くにあった「日本一古い銭湯」船岡温泉へ。。
温泉といってもここはただの銭湯で、露天風呂はあるものの全然温泉じゃありません。。(京都ではどうやら普通の銭湯のことを温泉と言っているらしいです、、)
でも天井にいる天狗様や木彫り彫刻の翁たちにじっと見守られる脱衣所など、さすがに情緒満点でした!

あと、ここで特筆なのが「電気風呂」!
なんとお湯の中を電気が流れていてビリビリするんです。。
これは漢字が読めない外人さんにとってはまさに罠のような風呂で、いきなり入るとビリッ電流が流れてくるので本当にびっくりします。
電気系に弱い吉田は勇気を出して入ってみたんですが、体の奥をじわじわ電気が流れている感触は、癖になりそうというか、癖になったら恐いというか、、、。
なんか血管を虫が這ってるような変なゾワゾワ感が、快感に変わってしまいそうな。。
とにかくここは他にも薬湯とかジェットバス湯などなど、いろいろなお風呂があるうえ、深夜1時までやっているのでお勧めですよ!

070518_0025〜0001.jpg

そんな感じで、無事 若冲を堪能した京都旅前半、、、後半はなんと情念生バンドメンバーのチョビンさんの案内で、いきなり京都から滋賀へ、そして岐阜にまで行ってしまうという大胆な展開になりますので、乞うご期待を。。。


posted by 吉田酢酸先生 at 04:04| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉&まったり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若冲いいなぁ。。。見に行きたいなぁ。。
Posted by ゲダツ家 林蔵 at 2007年05月26日 08:10
うらやましい。
後編も期待してます。
Posted by kuwa at 2007年05月26日 10:57
>ゲダツ家林蔵様
ゲダツさんも若冲お好きだったのですね!
6月3日までやっているので、お時間あったらぜひ!

>kuwa様
本当に久しぶりに京都を堪能して、吉田も大満足でしたよ。。

ただ、石峰寺の五百羅漢像、、、写真をよく見返してみたら羅漢様がまっぷたつに折れているのが写ってましたね。。(釈迦説法図のところ)
現地で見たときは、気にとめてなかったのですが、、。う〜む、、。

後編はフォトジェニックな場所が多かったので、写真を頑張ってみました。。
Posted by 吉田酢酸先生 at 2007年05月27日 01:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック