2015年08月25日

インドで吉田も考えた・その13〜コルカタ、ジャイナ教寺院!の巻。

コルカタで最初に訪れたのが、ジャイナ教のパレシュナート(?)寺院。。

L1150537.jpg

L1150539.jpg

L1150527.jpg

ジャイナ教とは2500年以上続くインドの宗教で、無所有とアヒンサー(「不害」という意味で、虫や微生物なども殺さないように気をつけているそうです)を守っているとても奥の深い宗教なのです。

L1150521.jpg

この日はとくにお祭りというわけではなさそうだったのですが、信者の人達が大勢集まっていました。

L1150522.jpg

皆さん着ているサリーが美しいです!↓

L1150525.jpg

カラフルでまるで遊園地のような雰囲気ですが、岩の上ではお坊さんがありがたい説法をしているとのこと。。↓

L1150534.jpg

L1150529.jpg

L1150532.jpg

ジャイナ教の信者の人は、そのアヒンサー精神のために農業などをすることができず、必然的に宝石商や金融関係の仕事をしているそうです。
そのためお金に余裕のある人が多く、寺院の中は豪華絢爛でした!(ただし写真撮影不可でしたが、、)
さらに、入り口では美味しいチャイのおもてなしも、、、!
飲んだ焼き物のコップは、その場で地面に打ち付けて土に返すそうです。↓

L1150516.jpg

後ろに見えるオレンジ色の建物が、たしか寺院の本殿でした、、。↓

L1150533.jpg

写真ではうまく撮れなかったのですが、お坊さんが帰っていくときの行進のようすです。
(楽隊に囲まれながら歩いていて、とても賑やかでした!)
ジャイナ教の裸行派のお坊さんは、無所有とアヒンサーを貫くために乗り物には絶対乗らず、さらに24時間365日全裸で生活しているそうです!↓

L1150526.jpg

いろいろ奥の深いジャイナ教なのですが、、なんと日本にも寺院があるとのこと!
実は先日、御徒町にあるジャイナ教寺院に見学に行ってきたので、後ほどその記事もアップしようと思います。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424747223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック