2015年08月21日

インドで吉田も考えた・その12〜コルカタへ。。

何時間もホームで待ちぼうけした後、ようやく寝台車に乗れた吉田ですが、車内はかなり狭いうえにまるで街中のように賑やかで、ほとんど眠れないまま約15時間、、、。(ただ、消灯すると不思議なくらいぴたっと静かになりましたが、、今度はエアコンが寒かったり、、)
すっかり風邪をひいて激しい頭痛と寝不足でフラフラになりながらも、翌午前中ようやくコルカタに到着したのでした。。

ちなみに、コルカタのほうでも列車はこんな感じでドア開けっ放しのまま走っていました。
皆よく落ちないものです、、。↓

L1150490.jpg

そして、いよいよコルカタの街へ、、。
なんと、バスもドア開けっ放しで豪快でした!↓

L1150493.jpg

コルカタはタクシーの形がデリーと違っていたのですが、言葉もデリーのほうとは全く違うそうです。。↓

L1150491.jpg

ホテルに着いて荷物を置くと、まずは腹ごしらえにレストランへ、、。
ガイドさんが案内してくれたのは、店の中に汽車があるという、ちょっと変わったレストランでした。

一見すると普通のレストランなのですが、、。↓

L1150499.jpg

店の半分が車両になっています!↓

L1150497.jpg

入り口のほうはこんな感じでした。↓
ここでも、食べたのは当然カレーでしたよ。。

L1150503.jpg

食事の後はコルカタにあるジャイナ教の寺院に向かったのですが、途中の街のようすです。↓
中心部は人と車でごったがえしていて、すごい活気でした!

L1150505.jpg

デリーのほうではあまり見かけなかった人力車と自転車リキシャ、、。
乗ってみたかったのですが、とうとう乗らずじまいでした。。↓

L1150508.jpg

L1150548.jpg

コルカタのどの辺が「邪悪」なのかよくわからなかったのですが、、それでもなんだかディープでスピリチュアルな雰囲気はびしびし感じましたよ!

L1150512.jpg

L1150515.jpg

昔イギリスの植民地だったころの名残で、西洋風な建物も沢山ありました。↓

L1150553.jpg

あと、ジャラジャラいろいろな物をぶら下げている車がとても多かったです。これはどうやらお守りのようでした。。↓

L1150552.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424518458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック