2009年07月28日

バリバリ伝説その2・・・ケチャで熱い夜&魔物の棲む島ペニダ島への道!の巻。。

そんなこんなですっかり彫像を堪能した第一日目の夜、今度はバリ島名物「ケチャ」を堪能することに。。
ケチャはラーマーヤナの物語が題材になっているそうなのですが、今回はケチャに合わせて様々な登場人物が踊るという本格バージョンを見られて大満足でした!

L1040566.jpg

(後ろのほうの人は、なんとなくサボッているような気も、、、)

暗くてよく分からないのですが、ケチャの後は初潮前の女の子だけが踊ることが許されるという「トランスダンス」。
踊っている途中、本当に二人ともパタッと倒れてしまったのでびっくりしました!

L1040570.jpg

さらにトランスダンスの後は、名前は忘れてしまったのですが、模型の馬に乗った人が火の上を歩く(!)という儀式、、!

L1040571.jpg

馬の人形に跨がった男性がパッカパッカと出てくると、この燃え盛る炎に足を突っ込んで、真っ赤に焼けた炭をいろんな所に蹴り飛ばします。。
(なんとなく、酔っぱらった人が自暴自棄になっているだけのように見える気も。。。)
熱い炭の塊がいきなり吉田の足下にも飛んできたりして、見ている方も命がけな感じでした、、!

儀式が終わった後の、すっかり蹴散らされ焼けただれた地面↓

L1040573.jpg

そしてケチャの終わった翌日は、なんと朝6時起きでペニダ島へ。。
しかしこれが、何の準備もなくバリに来てから思いつきで行くことになったので、けっこう大変だったのです。。

まずウブドから車をチャーターして1時間以上、港のあるパタンバイへ。。(まずこの車チャーター交渉が大変。。)
でもパタンバイから出ているフェリーがペニダ島行きだと思っていたら全然違っていて、うっかりそのまま違う島に行ってしまいそうに。。。(乗る寸前で危うく気がつきました、、!)
しかたなく、「ジュクン」というエンジン付きカヌーみたいなものをチャーターすることになったのですが、これも交渉が大変で、1時間半に渡って粘りに粘ったあげく、ようやく納得いく値段でチャーターできることになりました。。(なんと最初に掲示された値段の10分の1以下に。。)

これがその「ジュクン」。カヌーの両脇に板がついていて、波が荒くても安定しています。(ちなみに青い服の人は、このジュクンを操縦する船長!)

L1040582.jpg

しかしこのジュクンで、目指すペニダ島までさらに1時間半。。。水しぶきが飛んできてすごいので、ビニールを被って船底に潜り、まるで密航者のような姿で潜入することに、、、!
でも、たどり着いたペニダ島は、ここに来るまでの苦労を吹き飛ばすくらいに美しい島でしたよ!

L1040586.jpg

水はエメラルド色に透き通り、まさに大滝詠一の「ペパーミントブルー」の世界、、、!

L1040629.jpg

なんだか昔の映画に出てきそうな素朴な島でした。

L1040628.jpg

そして、この美しい島で吉田達を待ち受けていたものは、、、。
(次回に続きます。。)
posted by 吉田酢酸先生 at 03:56| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | バリ島探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初潮前の女の子だけが踊ることが許されるという「トランスダンス」

「サンヒャン」ですね。
あたくしたちが行った時はウブドでも見られず、どっか違う村までゆきました。英語も通じないようなところに。
Posted by ひんでん高橋秀樹 at 2009年07月28日 22:34
つづき早く〜!
Posted by 佐藤直樹 at 2009年07月28日 23:11
凄いですねぇ。自分は外国に行った事がないので苦労話とかも読んでて面白いです。
1時間半も粘って10分の1以下の値段になるなんて、まさに交渉人ですね。
そのテクがあったら「たちばな」にたまに来る“お菓子売り男”なんてサクッって半額ぐらいになっちゃうかも!?

バリ伝の続き、楽しみにしてます♪
Posted by パターン接近 at 2009年07月30日 00:32
>ひんでん高橋秀樹様
書き込みありがとうございます!
あのダンスはサンヒャンというのですね?!
吉田達は偶然ケチャと一緒に見られたのですが、やはりちょっと観光用という感じも。。
英語も通じないような村で見られた高橋さんが羨ましいです!

>佐藤直樹様
引っ張るわりにはたいした続きじゃないんですが、、、とりあえず頑張って更新しますね!

>パターン接近様
最初に言ってくる値段があまりにも高すぎるので、、、たぶん10分の1になっても現地価格と比べるとかなり高くなってると思います。。
「たちばな」に来る売り子さんも、最初にうんと高くしておけば(チーズケーキ1個1万円くらい?)、みんな値切る悦びが味わえるかもですよ?!
Posted by 吉田酢酸先生 at 2009年07月30日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック