2017年04月15日

毒毒展2@サンシャイン水族館!の巻。。

前回の「毒毒展」に続いて今年の「毒毒展2」も見に、サンシャイン水族館に行ってきました! 今回も沢山の「毒」生物たちがいて、それぞれ毒レベルが1から5まで分かれていましたよ。。
まず入り口に入ると、毒レベル4の「ポルカドットスティングレイ」が、、。ちなみに毒レベル4とは、救急車で治療を受けないと重症になるレベルとのことでした、、。↓

L1220106.jpg

L1220107.jpg

次は毒レベル不明の「チョウセンスズガエル」。見るからに毒っぽい色合いです。。↓

L1220112.jpg

髑髏の脇に隠れているのが、毒レベル2の「タンザニアオオヤスデ」。毒レベル2とは、噛まれると腫れたりするレベルだそうです。。↓

L1220115.jpg

あの猛毒きのこ「カエンタケ」の模型や毒蛇なども展示されていました。。↓

L1220116.jpg

L1220118.jpg

これは毒レベル3の「バラハタ」。毒レベル3は、病院にいったり安静にしたりする必要があるレベルとのこと。。↓

L1220120.jpg

「ポートジャクソンシャーク」。これも背びれに毒棘があるそうです。。↓

L1220123.jpg

これは毒レベル不明の「ミツユビハコガメ」。この亀は、もともと毒はないのに、毒キノコを食べて体内に毒を溜めるという面白い生態をもっていました!↓

L1220127.jpg

お腹丸出しでのんきに寝ているのですが、これが毒レベル4の「シマスカンク」。このスカンクの肛門から強烈な刺激臭が発射されます。。なんと、その匂いは1キロ先からでもわかるほど強烈とのこと、、。会場にはこのスカンクの刺激臭を体験するコーナーもありました! 吉田も体験してみたのですが、相当和らげられていたようで、刺激はほとんどなくて獣の匂いがしただけでした。。↓

L1220130.jpg

こちらは大迫力の「ドクウツボ」。。大きくなると、3メートルになるものもいるそうです。。↓

L1220132.jpg

これはハブの剥製。。剥製でも迫力がありました!↓

L1220135.jpg

ちなみに毒レベル5(死に到るほどの猛毒)として展示されていたのは、意外にもどこにでもいそうな鯉でした。。今まで吉田も知らなかったのですが、鯉の胆嚢には毒があるそうです。。

ここからは毒毒展ではなく、水族館の一般展示になるのですが、これも尾に毒を持つエイとのこと、、。↓

L1220137.jpg

岩に擬態するカニです。。↓

L1220141.jpg

これはサメの卵。。中にはサメの赤ん坊が蠢いていました、、。↓

L1220143.jpg

巨大なタコもいましたよ!↓

L1220150.jpg

巨大ウーパールーパ?も、、↓

L1220160.jpg

カメも沢山いました。ちなみにサンシャインのリクガメは、ほとんどが密輸されたカメを引き取って育てているそうです。。↓

L1220163.jpg

イグアナもまるで岩のように固まっていました。。↓

L1220164.jpg

ここは珊瑚礁水槽だったのですが、この魚とちょうど目が合いました。。↓

L1220168.jpg

さらに屋上には、コツメカワウソの「カワウソ鍋」も、、!↓

L1220170.jpg

カワウソも猫のように玩具で遊んでいました。。↓

L1220173.jpg

そして、最後に吉田がカフェで食べたのが、「ポルカドットスティングレイケーキ」。。見た目は毒々しかったですが、味は甘くて美味しかったです!↓

L1220181.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする