2017年04月15日

毒毒展2@サンシャイン水族館!の巻。。

前回の「毒毒展」に続いて今年の「毒毒展2」も見に、サンシャイン水族館に行ってきました! 今回も沢山の「毒」生物たちがいて、それぞれ毒レベルが1から5まで分かれていましたよ。。
まず入り口に入ると、毒レベル4の「ポルカドットスティングレイ」が、、。ちなみに毒レベル4とは、救急車で治療を受けないと重症になるレベルとのことでした、、。↓

L1220106.jpg

L1220107.jpg

次は毒レベル不明の「チョウセンスズガエル」。見るからに毒っぽい色合いです。。↓

L1220112.jpg

髑髏の脇に隠れているのが、毒レベル2の「タンザニアオオヤスデ」。毒レベル2とは、噛まれると腫れたりするレベルだそうです。。↓

L1220115.jpg

あの猛毒きのこ「カエンタケ」の模型や毒蛇なども展示されていました。。↓

L1220116.jpg

L1220118.jpg

これは毒レベル3の「バラハタ」。毒レベル3は、病院にいったり安静にしたりする必要があるレベルとのこと。。↓

L1220120.jpg

「ポートジャクソンシャーク」。これも背びれに毒棘があるそうです。。↓

L1220123.jpg

これは毒レベル不明の「ミツユビハコガメ」。この亀は、もともと毒はないのに、毒キノコを食べて体内に毒を溜めるという面白い生態をもっていました!↓

L1220127.jpg

お腹丸出しでのんきに寝ているのですが、これが毒レベル4の「シマスカンク」。このスカンクの肛門から強烈な刺激臭が発射されます。。なんと、その匂いは1キロ先からでもわかるほど強烈とのこと、、。会場にはこのスカンクの刺激臭を体験するコーナーもありました! 吉田も体験してみたのですが、相当和らげられていたようで、刺激はほとんどなくて獣の匂いがしただけでした。。↓

L1220130.jpg

こちらは大迫力の「ドクウツボ」。。大きくなると、3メートルになるものもいるそうです。。↓

L1220132.jpg

これはハブの剥製。。剥製でも迫力がありました!↓

L1220135.jpg

ちなみに毒レベル5(死に到るほどの猛毒)として展示されていたのは、意外にもどこにでもいそうな鯉でした。。今まで吉田も知らなかったのですが、鯉の胆嚢には毒があるそうです。。

ここからは毒毒展ではなく、水族館の一般展示になるのですが、これも尾に毒を持つエイとのこと、、。↓

L1220137.jpg

岩に擬態するカニです。。↓

L1220141.jpg

これはサメの卵。。中にはサメの赤ん坊が蠢いていました、、。↓

L1220143.jpg

巨大なタコもいましたよ!↓

L1220150.jpg

巨大ウーパールーパ?も、、↓

L1220160.jpg

カメも沢山いました。ちなみにサンシャインのリクガメは、ほとんどが密輸されたカメを引き取って育てているそうです。。↓

L1220163.jpg

イグアナもまるで岩のように固まっていました。。↓

L1220164.jpg

ここは珊瑚礁水槽だったのですが、この魚とちょうど目が合いました。。↓

L1220168.jpg

さらに屋上には、コツメカワウソの「カワウソ鍋」も、、!↓

L1220170.jpg

カワウソも猫のように玩具で遊んでいました。。↓

L1220173.jpg

そして、最後に吉田がカフェで食べたのが、「ポルカドットスティングレイケーキ」。。見た目は毒々しかったですが、味は甘くて美味しかったです!↓

L1220181.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

早春の江ノ島猫巡り!の巻。。その3

江ノ島は日帰りでも十分行けるのですが、今回はなんと島内?に一泊しました! 泊まったのはここ「岩本楼」です。。ここはもともと「岩本院」という女人禁制のお寺で、このお寺にいた稚児が弁天小僧のモデルになったそうです。↓

L1220100.jpg

岩本楼の庭には巨大な蘇鉄が生えていました。。↓
写真は撮れなかったのですが、ここにはお寺で博打をする稚児を懲らしめるための土牢を改造してつくった「洞窟風呂」というのがあって、洞窟好きな吉田にはたまりませんでした!(洞窟風呂の中には弁天様も祀ってありましたよ)

L1220098.jpg

そして、一泊した翌日は再び猫を探して「猫の聖地」と言われる「聖天公園」へ、、。昨日は思っていたより猫遭遇率が少なかったのですが、聖天公園は聖地というだけあって猫が何匹も集まっていました!↓

L1220036.jpg

L1220043.jpg

L1220048.jpg

ぽかぽかした日溜まりの中、気持ち良さそうに寝ていました。。↓

L1220066.jpg

L1220071.jpg

L1220073.jpg

L1220077.jpg

尻尾がシンクロしています。。↓

L1220079.jpg

道の真ん中でもどうどうと寛いでいました。。↓

L1220070.jpg

江島神社のほうの山道にも猫が、、。↓

L1220088.jpg

たっぷり猫で癒された後は、公園の近くの港に行ってみました。。↓

L1220058.jpg

L1220049.jpg

これはカラス除けでしょうか??↓

L1220053.jpg

青い海には海藻も浮かんでいましたよ。。↓

L1220054.jpg

ボートの上には犬も。。↓

L1220055.jpg

港からサムエル・コッキング苑のほうを振り返ると、ちょうどロウソクのような展望台から煙が上がっているように見えました!↓

L1220060.jpg

そして、江ノ島巡りの最後を締めくくったのが、鎌倉山にあるチーズケーキの店「ハウスオブフレーバー」。ここのチーズケーキはなんと日本一高価かつ美味とのことで、ぜひ行ってみたくなったのですが、ラストオーダーが16時半で1分でも遅れたら入れないとのこと。。すでに16時を過ぎていたので江ノ島からタクシーを飛ばし、なんと16時半ジャストに入店することができたのでした、、。
これが奇跡のように現れたチーズケーキ! 濃厚なのに口当たりが軽くてとても美味しかったです!↓

L1220101.jpg

こちらはチョコレートケーキ。。メニューはこの二種類だけで、閉店までの15分くらいの間に吉田一人でほぼ両方とも一気に食べてしまいました! かなり大きかったのですが、口に入れると溶けてしまうような柔らかさで食べやすかったです。↓

L1220102.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

早春の江ノ島猫巡り!の巻。。その2

何回か江ノ島に来たことのある吉田ですが、岩屋に行くのは初めてでした。。海沿いの岩場を歩いて岩屋に向かいます。↓

L1210991.jpg

岩屋の中はとても暗く、ロウソクの灯火をたよりに進んでいきます。奥のほうには白蛇がとぐろを巻いた神像が! 他には日蓮の寝姿石や、富士山の氷穴につながっているという穴もありました。。↓

L1210993.jpg

岩屋は「第一の洞窟」と「第二の洞窟」に分かれているのですが、いったん外に出てから第二の洞窟に進みます。。↓

L1210994.jpg

第二の洞窟の奥には龍神の像が祀ってありました。この側にある太鼓を叩いて龍神の目が光れば願いが叶うとのことでしたが、、、吉田は何回やっても光りませんでした。。(すぐ後ろに並んでいた人は一発で光っていたのですが、、)ちなみに吉田の願いは「目よ光れ!」でした、、。↓

L1210997.jpg

岩屋を出たところはこんな断崖になっていました!↓

L1220004.jpg

L1210999.jpg

波もけっこう荒かったです!↓

L1220001.jpg

L1220007.jpg

外は天気が良くて、雲も奇麗でした!↓

L1220002.jpg

L1220013.jpg

岩場には潮溜まりも沢山できていましたよ!↓

L1220012.jpg

岩屋を出て少し階段を上ると、海に夕陽が沈みかけていました。遠くに富士山も見えています!↓

L1220018.jpg

こちらは岩屋の真上にあるという「龍宮」。江ノ島には弁財天と龍にまつわる伝説があり、いろいろな所に龍が祀られていました。↓

L1220020.jpg

これは「力石」で、320キロもあるそうです!↓

L1220021.jpg

L1220022.jpg

L1220023.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

早春の江ノ島猫巡り!の巻。。その1

先月初め、春の兆しが見え始めた江ノ島に、猫を探しに行ってきました。。↓

L1210954.jpg

江島神社の境内では、桃の花?が咲き始めています!↓

L1210961.jpg

水琴窟もありました。。↓

L1210962.jpg

江島神社で拝んだ後は、エスカーに乗って山の頂上にあるサムエル・コッキング苑の展望台へ。。↓

L1210964.jpg

展望台に上ると、晴れていて江ノ島の海が一望にできました!↓

L1210965.jpg

L1210968.jpg

展望台は別名「シーキャンドル」というのですが、一番てっぺんにはたしかにロウソクの芯のようなものがついていました。。↓

L1210970.jpg

展望台から外に出て下を見下ろすと、スリル満点でしたよ、、。↓

L1210971.jpg

展望台の下りはエレベーターではなく、外の螺旋階段を歩いて降りたのですが、風が強くて吹き飛ばされそうでした。。↓

L1210972.jpg

L1210974.jpg

サムエル・コックング苑を出て再び山を下っていく途中に、江ノ島大師がありました。。↓

L1210977.jpg

この真っ赤な仁王様に惹かれてお参りすることに、、。↓

L1210978.jpg

お堂の中には、お寺としては珍しくステンドグラスの窓がありました。↓

L1210980.jpg

L1210979.jpg

お寺を出てなおも進むと、商店街の裏にこんな怪しいメッセージが、、。↓

L1210981.jpg

崖っぷちには、今にも崩れそうな危険な建物もありました、、。↓

L1210982.jpg

ここまでまったく猫を見かけなかったのですが、、、海岸の岩屋に向かう途中でついに猫を発見!↓

L1210987.jpg

沖縄の猫にはサーターアンダギーが大人気だったので江ノ島の猫にもやってみましたが、、、、江ノ島の猫はあまり興味を示してくれませんでした。。やはり土地柄なのでしょうか、、?↓

L1210989.jpg

続きます。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする