2017年01月30日

お蔵出しディープスポット・即身仏を巡る旅〜ムカサリ絵馬、山寺編。。

実は「夢の家」や「光の館」に行く前に、東北の即身仏を参拝していた吉田。。そのときの記録もついでにアップしておきますね。。
まずは、山形のかみのやま温泉から少し行ったところにある高松観音へ。ここは「ムカサリ絵馬」で有名なお寺です。「ムカサリ絵馬」とは、早死にしてしまった子供のために、親が死後の世界で幸せになれるようにと架空の人物との結婚式を描いて奉納するというもので、江戸時代から行われている風習のようです。。↓

L1100507.jpg

石段を登ったところに本堂がありました。。↓

L1100512.jpg

写真は撮れなかったのですが、、本堂の中にはびっしりと「ムカサリ絵馬」が飾ってあって、なんとも物悲しいような荘厳な雰囲気が漂っていました。。↓

L1100513.jpg

お堂の前には三十三観音巡りのお札と大わらじも奉納してありましたよ!↓

L1100515.jpg

ちなみに、この「大わらじ」は重さが300キロもあるそうです。。↓

L1100509.jpg

次に行ったのが「黒鳥神社」。↓

L1100517.jpg

ここも古くて独特の雰囲気のある神社で、やはり沢山のムカサリ絵馬が奉納してありました!↓

L1100516.jpg

そして、黒鳥神社からさらに若松観音へ、、。↓

L1100521.jpg

ここは「ムカサリ絵馬」が奉納してあるほか、縁結びの神様でもあります。。↓

L1100520.jpg

さらには、母乳がよくでるようにと祈願する「子育てお乳さま」も、、。ここに奉納してある女体をさすると母乳がよく出るそうです。。↓

L1100518.jpg

三カ所でムカサリ絵馬を拝んだ後は、同じ山形県にある名刹「山寺」へ。。この日は50年に一度の御開帳ということで混雑していました。あまりに長蛇の列なので、御開帳は諦めて長い石段を登ることに、、。↓

L1100545.jpg

切り立った崖の麓に沢山の仏様が並んでいました、、。↓

L1100526.jpg

L1100527.jpg

岩にもありがたそうな文字が、、。↓

L1100528.jpg

山寺にはこうした独特な形の岩がいくつもありました。。↓

L1100531.jpg

L1100537.jpg

石段の途中にはこんな迫力ある奪衣婆の像も、、。↓

L1100522.jpg

途中で小雨が降ってきたりして頂上まで行くのは大変でしたが、登った甲斐あって眺めは良かったです!↓

L1100540.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする