2016年11月24日

松江宍道湖温泉〜堀川巡り&松江城の巻。。

まだ少し紅葉には早かったのですが、、、今月初めに島根県の松江宍道湖温泉に行ってきました。。
松江といえば、、、まずは松江城。。お城の周囲を取り囲むお堀はのんびり小舟で巡ることができるのですが、実際に乗ってみるとこんな感じでした。↓

L1210488.jpg

この小舟の床には布団が敷いてあって、なんと寝転がりながら巡ることができるのでした!↓

L1210491.jpg

お堀の周囲は、のんびりした景色が続きます。。↓

L1210492.jpg

さらにこの小舟には屋根もついているのですが、、橋の下を通るときは、なんと橋の高さに合わせて屋根が下がったり上がったりするのでした!(低い橋の下を通るときは、布団の上にぴっちり体を伏せながら通ります、、)↓

L1210494.jpg

お堀の脇には、こんなヌイグルミだらけの楽しい家も、、、。↓

L1210496.jpg

この橋はけっこう高さがありました。。↓

L1210499.jpg

20分くらいで松江城に、、!↓

L1210502.jpg

吉田が乗っていたのは、こんな感じの船でした!↓

L1210503.jpg

上陸すると、ちょうど鉄砲隊の人たちがぞろぞろ通りすぎる現場に、、。↓

L1210504.jpg

城内では菊祭りもやっていましたよ!↓

L1210505.jpg

L1210506.jpg

なんとなくリーゼントのような菊も、、。↓

L1210507.jpg

こちらは出雲富士でした。。↓

L1210508.jpg

菊の盆栽もコンパクトで趣がありました!↓

L1210511.jpg

L1210513.jpg

そして、こちらが去年国宝に再指定された松江城です!↓

L1210515.jpg

松江城には人柱伝説があるのですが、ここがその人柱となった少女が埋められた跡地と言われている「祈祷櫓」とのこと、、。松江藩を継いだ松平直政の前に女の幽霊が現れ「この城はわらわのもの」と言うので魚の「コノシロ」を与えたら、それ以来幽霊は出なくなったそうです。。幽霊って、そんなシャレが通じる存在だったんですね、、。↓

L1210517.jpg

早速お城の中に入ってみると、まず建物の中にこんな大きな井戸があるのにびっくりしました。。↓

L1210520.jpg

そして、これがその女の幽霊が現れたという天守閣「天狗の間」からの景色です。。遠くに宍道湖が見えて奇麗でした!↓

L1210521.jpg

山側も、緑が多くていい眺めでした。↓

L1210525.jpg

お城から出た後は、敷地内にある有形文化財に指定されている「興雲閣」へ。。ここは一階の一部がカフェになっていました! 島根県の名産品で「幻のお茶」と言われる「くろもじ茶」とケーキをいただきましたよ。。↓

L1210528.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする