2016年09月28日

音彩@ゴールデンタイガー! 情念ライブご報告の巻。。

この間の日曜日は、秋の音彩イベントに出演させてもらった情念。。久しぶりの電車で帰れる時間帯のライブでした。
場所は浅草にあるライブハウス「ゴールデンタイガー」! レトロな雰囲気のマンション地下にありましたよ。↓

L1210231.jpg

この建物には、他にも面白そうな店がいろいろ入っていそうです。↓

L1210229.jpg

この日の出演者です!↓

L1210230.jpg

階段を降りて地下に行くと、レトロな感じのバーが。。↓

L1210235.jpg

ゴールデンタイガーの入り口はこんな感じでしたよ。。↓

L1210233.jpg

L1210236.jpg

店の中に入ると「ゴールデンタイガー」の名前の通り、虎のぬいぐるみや置物が沢山ありました!↓

L1210238.jpg

L1210255.jpg

L1210258.jpg

ちなみに、合羽橋の近くだったので、商店街には河童が沢山いました。。↓

L1210221.jpg

店にはそれぞれ二階に河童の看板が、、。↓

L1210222.jpg

ライブの前、KCさんと近所をぶらぶらして、腹ごしらえに入ってみたのがこのレトロな洋食屋さん。。↓

L1210227.jpg

吉田はカニクリームコロッケを!↓

L1210223.jpg

KCさんはエビフライを注文。。どちらも美味しかったです! 芸能人やサッカー選手のサインも沢山ありました。。↓

L1210224.jpg

お腹がいっぱいになったところで、再びゴールデンタイガーに戻って情念ライブを敢行、、。情念のライブ写真は撮れなかったのですが、、こちらは最後に出演した蜂鳥あみ太さんたちのステージです。。↓

L1210244.jpg

ライブ終了後、店内で記念撮影を、、。↓

L1210241.jpg

フラッシュをたくと、ようやくちゃんと写りました。。(この二枚はきっくさんに撮っていただきました。ありがとうございます!)↓

L1210243.jpg

そして、上の虎と吉田のツーショット↓

L1210248.jpg

店の前でスタッフの方にも撮っていただきましよ! こちらもありがとうございます!↓

L1210246.jpg

L1210247.jpg

ということで、今回もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

「ウルトラ植物博覧会2016」で珍植物に囲まれる!の巻。。

8月4日から銀座のポーラ美術館でやっている、「ウルトラ植物博覧会2016」に行ってきました!
光の苦手な植物が多いためか、中は薄暗くて吉田のカメラではあまり上手く写真が撮れませんでしたが、、珍しい植物が沢山展示してありましたよ。。
まずは、入り口近くにあった、瓢箪のような植物から、、。↓

L1210072.jpg

これはトマトなのですが、なんと木になって毎年実をつけるとのこと、、。↓

L1210182.jpg

こちらは、5億年ほど前からあるというシダの仲間、、。近くに寄ると、なんとなく動物のような生命力を感じました。。↓

L1210074.jpg

これはノコギリヤシで、この木のエキスが薄毛に効果があるらしいです。。↓

L1210211.jpg

そして、この亀の甲羅のような植物はプセウドボンバックスといって、「偽物の綿」という意味らしいです。甲羅の中には綿に似た物が入っているとのこと、、。↓

L1210082.jpg

こちらは大正時代に日本に輸入されたサボテン「大正キリン」、、。よく見かけるサボテンですが、なんと毒があるそうです、、。↓

L1210089.jpg

植物たちが植わっている器もそれぞれ味がありました。。↓

L1210091.jpg

これは、左が「スネークフルーツ」と呼ばれるサラッカヤシの実で、右がシャンプーノキとのこと、、。スネークフルーツは本当に肌が蛇のウロコのようになっていました。。シャンプーノキは一見可愛いですが、生えているトゲは刺さると抜けなくて痛いそうです。。↓

L1210094.jpg

これはイスラエルにある「エリコのバラ」、別名「復活草」という植物で、なんと一度枯れても水をやれば再び青々と蘇るとのこと!↓

L1210097.jpg

これはボリビアやペルーにあるサボテンで、名前は「ライオン錦」だそうです。↓

L1210105.jpg

ふさふさした刺は、まるでライオンのタテガミのようでした。。↓

L1210176.jpg

そして、これは食べると幻覚を見るというあの幻覚サボテンの突然変異らしいです。ネイティブアメリカンにとっては神聖な存在とのこと。。↓

L1210110.jpg

この植物は「アリノスダマ」。。その名の通り、この丸い根の中に迷路を作って蟻を住まわせ、蟻の排泄物を肥料として生きているらしいです!↓

L1210114.jpg

中はこういう感じで、お洒落に植物たちが展示されていました!↓

L1210121.jpg

こちらは、右がガジュマルで、真ん中にあるのが中国の「乳銀杏」とのこと、、。↓

L1210123.jpg

「乳銀杏」は、気根が乳のように垂れ下がってくることからこの名前がついているらしいです。↓

L1210145.jpg

これは名前がわからなくなってしまったのですが、、、植木鉢とのバランスがいい感じでした。。↓

L1210125.jpg

そしてこれはコロンビアの「涼雲」という名前のサボテン、、。赤い突起部分が美しかったです!↓

L1210131.jpg

アメリカのデスバレーの高山地帯に自生するという、イガゴヨウマツ。。松はなんと樹齢4000年以上にもなるそうです。。↓

L1210133.jpg

これはこの博覧会の主催者、プラントハントーの西畠清順さんがコスタリカの川を全裸で泳いで採取してきたというサトイモの珍品種。。↓

L1210137.jpg

これは一見ただの枯れ木のようですが、ワインの栓に使うコルクが作られる「コルクガシ」だそうです。。たしかに幹は太いコルクのようでした!↓

L1210150.jpg

そして会場の中央に展示されていたのが、このバオバブの樹。。これは樹齢200年くらいの個体だそうです。。↓

L1210179.jpg

パンフレットに植物の説明が一つ一つ丁寧に書いてあったので、わかりやすくて興味深かったです。今回写真が撮れたもの以外にも、面白い植物がいろいろ展示してありましたよ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

秋葉原ネコカフェ&築地場内潜入!の巻。。

フクロウカフェとウサギカフェで大満足したはずの吉田なのですが、、、ウサギカフェと同じビルの4階に猫カフェもあるということで、たまらずそちらも行くことに、、、。↓

L1210018.jpg

ここは店内に入ると、中の階段で上下階に分かれた造りになっていて広々していました!

L1210020.jpg

上の階には洋室の他に和室もあって、さまざまな姿で寛ぐ猫を見ることができましたよ!↓

L1210037.jpg

ほとんど座布団と化している猫も、、、。↓

L1210038.jpg

和室にも座布団猫が、、、。家具の雰囲気が自然なので、まるで誰かの家に遊びにきたような感じでした。。↓

L1210040.jpg

ここにも寝ている猫が、、、。思いがけないところに猫がいるので、探索する楽しみがありました!↓

L1210022.jpg

玩具をパタパタやっていると、さっきまで和室で座布団になっていた猫がこんなところに。。↓

L1210024.jpg

ここの猫たちはあまりスレていなくて、玩具でもよく遊んでくれたので、こちらも頑張り甲斐がありました!↓

L1210027.jpg

下の階はこんな感じでした、、。↓

L1210030.jpg

店の入り口には「幸運の肉球」像が、、、。↓

L1210044.jpg

ちなみにこの日のお昼ご飯は、このところ移転問題で話題になっている築地市場の場内で食べました。。↓

L1200917.jpg

チャーシュー冷やし中華は、ボリューム満点で美味しかったです!↓

L1200915.jpg

冷やし中華を食べた後は、同じ場内にあるレトロなカフェ「愛養」へ。。ミルクセーキは懐かしい味がしました!(写っている黒電話は今も使われているそうです!)↓

L1200919.jpg

ここは「愛養」の裏出口。。愛養はなんと大正時代に創業され、今の経営者は三代目なのだそうです、、!↓

L1200920.jpg

市場は人でいっぱいで、外国人観光客も多かったです。。↓

L1200921.jpg

石畳にも歴史を感じさせられました。。↓

L1200922.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

秋葉原フクロウカフェ&ウサギカフェに潜入!の巻。。

このところ秋葉原で大人気という、「フクロウカフェ」と「ウサギカフェ」に行ってきましたよ、、!
吉田が行ったフクロウカフェは「アウルの森」といって、人気のため予約制とのこと、、。予約した時間に行くと、中は休日ということもあってか人でぎっしり大満員なのでびっくりしました。しかも、なぜか外国人率が高かったです。。
店の中央に人間が座るスペースがあって、その周りの壁際と窓際に沢山のフクロウたちがとまっていました、、!↓

L1200938.jpg

夜行性なので、昼間は眠いのかみんなあまり動きません。。↓

L1200940.jpg

こちらはまるで民芸品のように見えるミミズク、、。↓

L1200943.jpg

窓際では小型のフクロウたちがじっと眠っているようでした。。↓

L1200944.jpg

L1200949.jpg

みんな泰然自若として、ほとんど動きません。。↓

L1200951.jpg

L1200952.jpg

こちらはメンフクロウのコーナー。。↓

L1200955.jpg

寝ているフクロウの後ろで、フクロウ映画を上映していました。。↓

L1200958.jpg

メンフクロウの頭は意外にも柔らかく、目の上あたりまでほとんどが毛(羽?)でフカフカしていましたよ、、!↓

L1200962.jpg

このフクロウはかなり大きくて、体長50センチくらいありました!↓

L1200959.jpg

こちらの「ギズモちゃん」は、じっとしていると見分けがつかないくらい樹と一体化していましたよ。。↓

L1200970.jpg

そして、入店からしばらく待って、いよいよ「手乗りタイム」に、、! (フクロウたちを休ませるために手乗り時間が決まっているようです、、)爪が鋭いので手袋をはめてから、その上に乗ってもらいます。。
まずは、体重3キロという大型のフクロウに乗ってもらいました! こんなに大きいのに、まだ生まれて2、3ヶ月の雛鳥とのことです。。かなり長い時間乗ってくれていたので、腕が痺れていい筋トレになりそうでした。。↓

L1200964.jpg

そして、次に乗ってくれたのがこの小型フクロウ。。こちらも2、3ヶ月の雛とのことで、フワフワしていて可愛かったです!(ただし手に乗っている間、ときどき唐突に糞をするので、そこだけは要注意です、、)↓

L1200971.jpg

1時間たっぷりフクロウと親しんだ後、今度は近くにあったウサギカフェ「もふれる」へ! ここは靴をスリッパに履き替えて、さらにウサギの糞で汚れないようにエプロンをつけて入店します。。↓

L1200974.jpg

実はあまりウサギと接したことのない吉田でしたが、ウサギはどんどん膝にも乗ってきてくれるし、人懐っこいのでびっくりしました!↓

L1200977.jpg

おやつを食べてお腹がいっぱいになると、すぐゴロンと横に。。↓

L1200982.jpg

よく動くので写真を撮るのは大変でしたが、どっしり構えたフクロウとはまた違った魅力がありました!↓

L1200983.jpg

ウサギ同士が喧嘩をしないように、ブースは3カ所に分かれており、順番に訪問していきます。。↓

L1200985.jpg

L1200987.jpg

それぞれのブースでウサギの種類が違っていたのですが、このブースにいたのは耳が垂れているタイプでした。。↓

L1200998.jpg

撮影用の花輪もばっちり似合っていましたよ!↓

L1210011.jpg

すっかりフクロウ&ウサギの魅力に目覚めてしまった吉田なのですが、、、この後はさらにこのウサギカフェの上の階にあった猫カフェに行ってしまったのでした。。(次回の猫カフェ編に続きます、、)

L1210014.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

9月情念ライブ@デパートメントH!ご報告の巻。。

一昨日の土曜日深夜は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
今回は告知タイムがかなり押して、情念の出番はなんと朝5時過ぎということになってしまいましたが、、、朝までお付き合いくださった皆様、ありがとうございました!

今回の情念衣装のテーマは、カウガール&インディアン?です。。↓

L1200902.jpg

L1200903.jpg

カウガールの吉田は、ちゃんと馬にも跨がりましたよ。。ちなみに、この馬は耳を押すといなないたりパカパカ音を出したりする本格派なのです。。↓

L1200910.jpg

酋長というより、なんだか不思議な宗教の教祖様のようなKCさん。。↓

L1200900.jpg

そんなKCさんから賜ったのは、、、レアな「ずんだ煎餅」でした。。↓

L1200896.jpg

ずんだ風味で美味しかったです!↓

L1200899.jpg

ということで、今回もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
(写真は上の2枚がスプーンさん撮影です。こちらもありがとうございます!)
posted by 吉田酢酸先生 at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

しりあがり寿「回・転・展」で回転!の巻。。

先週は、練馬区立美術館で開催されている、しりあがり寿の「回・転・展」に行ってきました、、!↓

DSC_1599.jpg

練馬区立美術館の看板の前にいた不思議な生物は、なんと大根(練馬大根?)でできているようでした!↓

DSC_1601.jpg

この人形は練馬区立美術館のゆるキャラのようですね。。↓

DSC_1600.jpg

美術館の外にある面白いオブジェをいろいろ眺めた後は、中に入っていざ「回・転・展」へ! なんと、入り口の看板の文字も回転していました!↓

DSC_1612.jpg

中は写真撮影OKだったので、何枚か撮影してみました。とはいっても、写真だと回転しているのがわかりにくいのですが、、。↓

DSC_1603.jpg

実は、ここに展示してある絵画や立体の全てがぐるぐる回転しています。。↓

DSC_1604.jpg

このマネキン二人がかぶっている土器型帽子?も回転していました!↓

DSC_1606.jpg

他にもヤカンや伝票などいろいろな物が回転していたのですが、、、吉田的に一番気に入ったのが、この回転している達磨の群でした!↓

DSC_1607.jpg

達磨の回転方向は右回りや左回りなどいろいろあって、みんな低い声で何やら怪しげな歌を口ずさみながら回っていました、、。↓

DSC_1608.jpg

DSC_1610.jpg

こうして、あらゆる物が回っているのを鑑賞した後、最後は薄暗い部屋の中でゆっくり回る巨大ピリオドで、「回・転・展」の終止符が打たれていたのでした。。

半分目を回しながら外に出ると、そこには巨大なトンボが、、、。(トンボは回っていません、、)↓

DSC_1613.jpg

これらは普段から美術館の庭に展示してあるようですが、、、像やライオン、キリンなど、さまざまな動物のオブジェがありました。。↓

DSC_1616.jpg

DSC_1617.jpg

DSC_1619.jpg

ベンチにも、こんな風に可愛い猫が、、、。↓

DSC_1622.jpg

反対側の看板は、巨大な熊が持っていたのでした。。↓

DSC_1624.jpg

見事な刈り込みです。。↓

DSC_1625.jpg

そして、「回・転・展」の帰りには、このところ話題の池袋北口にあるディープ中華街で冷やし中華を、、。こうして見ると、なんだかお皿をぐるぐる回したくなりますね。。↓

DSC_1629.jpg

ということで、「回・転・展」とは関係ないのですが、今夜は毎月恒例のデパートメントH! 情念も出演しますので、皆様ぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする