2016年06月18日

お蔵出しディープスポット・沖縄〜斎場御嶽、ガンガラーの谷!の巻。。

沖縄訪問記の続き、、、沖縄でも最高位の神聖な場所と言われる「斎場御嶽」です。↓

L1120159.jpg

実は、斎場御嶽で吉田が見舞われた神秘現象というのはカメラに関することで、、、なぜか斎場御嶽内で撮った写真は全てこのように白っぽく変な風になってしまってちゃんと撮れたのは入り口を撮った一枚だけなのです。。↓

L1120168.jpg

カメラの設定も変えていないし何も異常はなかったのですが、なぜか斎場御嶽の中にいるときだけこんな写真になってしまいました。。(御嶽から出たとたん普通に写りだしたので、それだけ御嶽のパワーが凄いということなのでしょうか?? 今までこういうことは全くなかったので、とにかく不思議な現象でした、、)↓

L1120174.jpg

これはまあまあちゃんと撮れてましたが、、この沼のようなものは戦争のときにできた艦砲の跡とのこと。。こんな神聖な場所にも容赦なく撃ち込まれていたのですね、、。↓

L1120165.jpg

御嶽の周囲は、こうしたゴツゴツした変わった雰囲気の岩が多かったです。↓

L1120167.jpg

そして、この三角形の岩の割れ目が、最も奥にある拝所の「三庫理(さんぐーい)」。この割れ目をくぐったところから久高島を拝むことができます。世界文化遺産ということで人も多かったのですが、なんだか身がひきしまるような神秘な空気が満ちていました。。↓

L1120177.jpg

斎場御嶽を出た後、次に車で行ったのが「ガンガラーの谷」です。。ここは鍾乳洞の中がカフェになっていて、さらにそこからガイドツアーで奥まで探検することができました!↓

L1120179.jpg

こちらは、穴の中から外を見たところです。。↓

L1120182.jpg

洞窟の奥は天井が崩落して谷になっていて、様々な南国の植物が生い茂っていました!↓

L1120190.jpg

L1120194.jpg

樹木からは沢山の気根がぶら下がって髭のようでした、、、。↓

L1120205.jpg

ここが鍾乳洞の途中出口?です。。↓

L1120213.jpg

この写真だと、ここが「洞窟の天井が崩落した谷」になっているのがなんとなくわかると思います、、。↓

L1120224.jpg

出口付近には、なんと旧石器時代の港川人の化石人骨が、、、! 今も発掘調査は続けられているようでした。。↓

L1120237.jpg

実はこの翌日、首里城に行ったのですが、、、なんと首里城では門をくぐったとたんにカメラの電源が入らなくなり、首里城から出たとたんにカメラの電源が入るというなんとも奇妙な現象が起こりました。。(それで首里城の写真は一枚も撮れず、、、)最初はカメラが古いので壊れてしまったのかなとあまり気にしなかったのですが、東京に戻ってからは問題なく撮れているので、やはりなんとも不思議な話です。。
今回もまた沖縄のスピリチュアルパワーをひしひしと感じた旅でした。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄ディープスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする