2016年02月04日

沖縄ディープスポット探訪!その6・残波岬&琉球村!の巻。。

翌日は、沖縄本島で最西端にあるという「残波岬」へ。。
ここは波と風が強くて迫力満点でしたよ!

まずは、そんな残波岬を眺める沖縄最大のシーサーです。。↓

L1190055.jpg

上の写真だと大きさがよくわからないと思うのですが、高さは7mほどで、見上げるほどの巨大なシーサーでした!↓

L1190058.jpg

そして、いよいよ最西端の残波岬へ!

L1190070.jpg

L1190066.jpg

岩の形が珍しいうえに海が透き通るように奇麗でした!↓

L1190064.jpg

岸壁に当たって砕ける波も、すごい迫力です!↓

L1190084.jpg

灯台もあって、上まで登ることができます。↓
(ちなみにここは沖縄で一番高い灯台とのことで、高さは31mあるそうです)

L1190088.jpg

エレベーターはなく、階段が99段もあるので、上につくころには息がきれていました。。これは、灯台の上から真下を見下ろしたところです。。↓

L1190082.jpg

一番上は風が強くて飛ばされそうでしたが、眺めは最高でした!↓

L1190079.jpg

再び地上に下りると、こんな銅像が。。琉球で貿易を始めた商売の神様、泰期さんとのことでした。↓

L1190093.jpg

やはり最西端らしく、西の海を守る「西之神之屋」という祠も。。↓

L1190089.jpg

直角に切り立った断崖絶壁が見事でした!↓

L1190090.jpg

L1190092.jpg

残波岬の次は、さらに車で恩納村にある「琉球村」へ! ここは様々な沖縄の魅力を味わうことができるテーマパークなのですが、、入り口付近にあったこの巨大な綱は綱引き用で、世界一の太さがあるそうです。。↓

L1190101.jpg

琉球村の中にも珍しい植物がいろいろありました。↓

L1190114.jpg

L1190116.jpg

池の鯉もかなりがっついていましたよ、、。↓

L1190111.jpg

「琉球村」に来たのは実はハブショーを見るためだったのですが、ハブは危険なうえに冬は動きが鈍いということで、今回はアカマタという蛇を使ってのショーでした。。↓
(ハブとマングースのショーも昔はやっていたらしいのですが、現在は動物愛護の観点からやめているそうです、、)

L1190118.jpg

アカマタは毒のない蛇で、ハブと違って獲物の動きに反応して襲ってくるそうです。(ハブは体温に反応するとのこと、、)↓

L1190119.jpg

張り切って最前列で見ていた吉田なのですが、蛇使いの人がいきなり顔面に蛇の頭を近づけてきたのでかなり焦りました。。アカマタは動かなければ襲ってこないとわかっているものの、、、じっとしているだけで冷や汗タラタラでした。。

L1190120.jpg

ショーが終わって外に出ると、焼き物小屋の屋根の上にいろいろなシーサーが。。↓

L1190125.jpg

ここにも獅子舞の獅子がいましたよ! 味のある表情です。。↓

L1190123.jpg
 
出口の近くでは、水牛が砂糖車をひいてサトウキビを搾っていましたよ。。↓

L1190131.jpg

L1190133.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄ディープスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする