2015年11月19日

ジャイナ教寺院@御徒町を参拝!の巻。。

昨年のインド旅行でその存在を知った「ジャイナ教」。。
日本ではジャイナ教の寺院は神戸にしかないと思っていたのですが、なんと御徒町にもあると聞いて、夏頃やっていた見学会に参加してきました!

場所は御徒町の駅から少し歩いたところにある、見た目はごく普通のビル。。
(駅に集合して連れていってもらったのですが、看板など何も出ていないため一人では迷っていたと思います、、)

こちらがそのビルの入り口です。↓
(帰りがけに撮ったので、暗くてすみません。。ちょうど白い服を着たお寺の人が通るところでした、、)

L1170590.jpg

階段を上がると、2階(?)に祭壇が祀られていました。↓
部屋の入り口にも、ビルの入り口にあったのと同じような飾りがあります。

L1170578.jpg

信者の方は部屋に入る前にシャワーで身を清め、毎日三回水と牛乳を神様の像にかけて祈るそうです。
ちなみに、ジャイナ教はいっさいの殺生を禁じているので、見学会に参加する人も寺院に革製品は持ち込めませんでした。。
これが簡単そうで、財布やペンケースなど身近なものに革が使われているので、意外と難しかったです。。

L1170573.jpg

祭壇の両脇にある赤い手形は、この施設の管理者(?)二名の手形とのことでした。。↓
(少しうろ覚えなので、、、、違っていたらすみません。。)

L1170570.jpg

天井からぶら下がっているこの鐘を、手で鳴らしてから祈ります。↓

L1170575.jpg

祭壇があるのとは別の階に集会部屋があって、ここにも曼荼羅や神様が祀られていました。↓

L1170581.jpg

これは写真なのですが、神様も服を着替えるとのことでした!↓

L1170580.jpg

L1170582.jpg

L1170583.jpg

L1170584.jpg

ガラスが光って見にくいのですが、このタペストリーはジャイナ教で重要なことを一つずつ表しているそうです。↓
たしか左の下から二番目が太陽で、右下は宝石の山を表していたような。。(これもうろ覚えですみません、、)
ジャイナ教の人は完全不殺生なので(白衣派の信者の人は、息をするときに微生物を吸い込んで殺さないようマスクを常にするという徹底ぶりなのです。さらに、歩くときも虫を踏まないように帚で払いながら歩き、お坊さんは乗り物にも一切乗らないとのこと!)職業が殺生のない金融や宝石を扱った仕事などに限られてしまうそうです。
そのため、実は御徒町の宝石店はジャイナ教の人が経営していることが多いとのことでした。。

L1170585.jpg

壁一面に掛けられているこの巨大な絵は、インドにあるジャイナ教の聖地の山を表しているそうです!↓

L1170588.jpg

いつか吉田もこの聖地を訪れてみたいのですが、、登り切るまでほぼ飲食禁止らしいので(途中一カ所ある休憩所で水は飲めるそうですが、、)体力がもつかかなり心配です、、。

L1170586.jpg

ジャイナ教寺院での見学を終えると、ジャイナ教の人達が食べている完全菜食のレストラン「ヴェジハーブサーガ」へ!↓
見た目は普通のインド料理のカレーなのですが、肉、魚はもちろん、玉ねぎ、ニンニクなどの根菜類もいっさい使っていないとのことでした!
(根菜は引っこ抜くときに虫を殺してしまうから、、、とのこと)

L1170592.jpg

肉がないと物足りないのではないかと少し心配だったものの、かなりボリュームがあって量も味も大満足でした!

L1170591.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

秋の初めの金沢&富山再訪の旅。その7〜観音温泉ホテル巨大廃墟を徘徊!Part 2。。

自動ドアの向こうはこんな感じのロビーになっていました、、。↓

L1180177.jpg

壁に立てかけてあった写真。。これを見ると本当に遊園地まであったようですね!↓

L1180188.jpg

奥には放置されたままのフロントが、、。↓

L1180185.jpg

真っ暗な階段の上にも観音様が佇んでおられました、、。↓
(なんとなく怖いので、ここから先は行かれませんでした、、)

L1180186.jpg

いったんロビーを出てから、向かいの建物に入ってみます、、。↓

L1180195.jpg

どうやらここは、最初に見たガラス張りの建物の二階に通じているようです。↓

L1180202.jpg

ここでカラオケ大会などをやったのでしょうか? 大宴会の後が忍ばれますね、、。↓

L1180207.jpg

L1180203.jpg

L1180206.jpg

写真だと分からないんですが、人っ子一人いないにもかかわらず、どこからかゴーッという地獄から沸き上がってくるような音と、風に煽られて何かがバタンバタンいっている音がずっと鳴り響いていて、ものすごく不気味でした、、。
(ときどき人の足音みたいな音が聞こえてドキッとしたり、、。物陰から半魚人かなにか出てきそうで怖かったです、、)

L1180197.jpg

あまりにも広大すぎ&怖すぎで、全部を探索するのはあきらめました。。
建物を出ると、敷地の隅に古いレコードが一枚、、。↓

L1180214.jpg

ホテルの隣は広々したダムになっていて、廃墟の世界が嘘のようでした。。↓

L1180217.jpg

帰り道もずっと観音様に見守られています。。↓

L1180219.jpg

駅に戻ったときは、異次元空間をくぐり抜けてきたような、不思議な気持ちで現実に引き戻されました。。↓

L1180220.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

秋の初めの金沢&富山再訪の旅。その6〜観音温泉ホテル巨大廃墟を徘徊!の巻。。

巨大観音像のある加賀寺を出て、再びホテルの廃墟に足を踏み入れた吉田です、、。
ここはどうやら「観音温泉ホテル」というのが正式名称のようでした。。↓
観音様もしっかり顔を覗かせていましたよ!

L1180212.jpg

隣にあったホテルの別棟。↓
後ほど、この2階に潜入することになります。。

L1180133.jpg

どうやらこの上には源泉掛け流しの大温泉浴場があったようです、、!↓

L1180141.jpg

ジャングル風呂とナポレオン風呂が気になりますね、、!↓

L1180144.jpg

この階段を上ると、さらに大きな別棟が、、。本当に巨大な観光ホテルだったようです。↓

L1180142.jpg

ホテルの裏側には、遊戯グッズの残骸が、、、。↓

L1180148.jpg

ホテルの裏からもちゃんと観音様を拝むことができます。↓
つまり、宿泊客は常に観音様に見守られていたということですね!

L1180147.jpg

ホテルと加賀寺は、裏側にあったこの門で直結していました!↓

L1180157.jpg

しかしホテルの裏はすっかりススキが生い茂って、昔の面影はないようです、、。↓

L1180176.jpg

招き猫とパンダもなんだか寂しそうでした、、。↓

L1180165.jpg

L1180192.jpg

L1180151.jpg

自動ドアが開けっ放しになっていたので、別棟の中に潜入してみることにしました。。↓
(また次回に続きます、、)

L1180180.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

11月情念ライブ@デパートメントH! ご報告の巻。。

先日の土曜日深夜は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
情念はいつものように一番最後、朝4時半からの出演でした、、。

今回の情念の衣装テーマは「夜会」。。
秋らしくシックにきめてみましたが、いかがでしたでしょうか、、?↓

L1180533.jpg

L1180532.jpg

吉田も全身黒尽くめ衣装で、いつもより大人?の雰囲気でした、、。↓

L1180539.jpg

両手には、バルバラさん提供のこんなパンクな物が、、。↓
けっこうずっしり重かったです。。

L1180548.jpg

ライブの後、トイレで自撮りをしていたら、いきなり「photobomb!」の叫びとともに乱入してくる人が、、!↓

L1180535.jpg

そして、KCさんが撮影する吉田の全身写真にも、再度の「photobomb!」が、、!↓
乱入してきたのは、今回のデパH出演者の方でしたよ!↓

L1180538.jpg

最後は別室にこっそり隠れて自撮りを、、。↓
頭につけた長くて黒い羽と黒薔薇眼帯が、今回のチャームポイントなのです。。

L1180559.jpg

ということで、今回もご来場くださった方、CDをお買いあげくださった方、ありがとうございました!!
写真は上2枚がスプーンさん撮影です。
こちらもありがとうございます!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

秋の初めの金沢&富山再訪の旅。その5〜加賀温泉巨大観音、世界一の大梵鐘!の巻。。

世界一の大梵鐘があったのは、巨大観音像の足下にあるこちらの建物、、。↓

L1180025.jpg

L1180024.jpg

L1180084.jpg

中に入ってみると、高さ10m、重さ350トンもあるという黄金色の大梵鐘が、金色の仏様に囲まれて鎮座しておりましたよ!↓

L1180008.jpg

鐘の周りはぐるりと一回りできるようになっていて、壁には極彩色の天女が舞っていました、、。↓

L1180020.jpg

暗くてよくわからないと思うのですが、鐘の下には真っ黒な鬼たちが何人もいて、350トンの鐘を一生懸命担いでいるのでした。。↓

L1180014.jpg

大梵鐘のある建物の隣には、さらなる見所の「金色堂」も!↓

L1180045.jpg

「金色堂」も「瑠璃光殿」も、看板を見るとどちらも黄金に輝く素晴らしい別世界のようです!↓

L1180041.jpg

こちらも残念ながら内部は撮影禁止だったので、看板の写真だけアップしておきますね、、。↓

L1180043.jpg

入り口には巨大な数珠と観音様が祀られていました。↓

L1180102.jpg

L1180105.jpg

「瑠璃光殿」には入れたのですが、「金色堂」は現在工事中とのことで入れませんでした、、。
(瑠璃光殿は、写真でお見せできないのが残念なのですが、、建物の中にさらに金色の五重塔がそびえ建つ、まさに異次元ワールドでしたよ!)

L1180108.jpg

外に出ると、すっかり欄干の塗りの剥げた池に、大量の蛙がいっせいに飛び込んでいくのでびっくりしました!
(まさに芭蕉もびっくりの水音でしたよ! どうやら誰も人間が近づかないので、蛙が安心して大繁殖しているようです)

L1180096.jpg

しかし、何度も言うようですが、これだけ見応えのある施設なのに人がほとんどいないというのがなんともシュールです。。(吉田が見て回っている2時間くらいの間にやってきたのは、うっかり間違えてきてしまったという感じの3人だけでした、、)
地元の人も「何もないから行かないほうがいい」と言って遠ざけようとしていたし、これはいったいどういうことなのでしょうか、、、?

L1180109.jpg

どうやらここは、バブルの時代に「ユートピア加賀の郷」という名前で建てられた一大宗教テーマパークだったようです。
隣にある観音ホテルと共に、バブルの頃は大勢の観光客で賑わっていたのでしょうか、、?
(当時の写真を見ると、観覧車など遊園地まであったようです!)

L1180040.jpg

そんな栄枯盛衰の全てを見下ろしてきた観音様、、。
(帰るときも受付に誰も人がいないので、仕方なく1000円おいてきた吉田でしたが、その分の見応えは十分でしたよ、、)
この後、せっかくなので廃墟のホテルを再び探検してみることにしました、、。

L1180123.jpg

そして、また観音様とは関係ないのですが、今夜土曜日の深夜は毎月恒例のデパートメントHです! 
情念も出演しますので、皆様ぜひ!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

秋の初めの金沢&富山再訪の旅。その4〜いよいよ加賀温泉巨大観音潜入!の巻。。

またしてもすっかり間が空いてしまいましたが、、、加賀温泉巨大観音像の続きです、、。
道に迷ったりしながらも、なんとか頑張って巨大観音像に辿り着いた吉田。。

L1170979.jpg

せっかくなので、足下まで接近してみました。。↓

L1170983.jpg

73mもあるというだけあって、見上げると首が痛くなりそうです!↓

L1170986.jpg

しかし、観音像の足下には、こんなミニチュア観音様も、、!↓
まるで「不思議の国のアリス」のように、自分の大きさがよくわからなくなるような妙な錯覚に囚われます、、。↓

L1170988.jpg

観音像の周囲は広い境内になっていて、大きなお寺も建っていました。
しかし、よく見ると屋根に綻びがあったりして何か変な感じです。。↓

L1170980.jpg

これだけ広くて大々的な施設なのにもかかわらず、とにかく人が全くいないのです、、。↓

L1180054.jpg

ただ聞こえるのは、沢山の絵馬が風に吹かれてぶつかり合うカラカラという音ばかり、、。
気のせいか、剥製の鹿もそこはかとなく猟奇を感じさせます、、。↓

L1180048.jpg

境内の奥には、香港で見たような金ピカの七福神廟も。。↓

L1180034.jpg

ちなみに巨大観音像の後ろ側はこんな感じでした。↓

L1180003.jpg

L1180005.jpg

以前はここから胎内巡りができたようなのですが、残念ながら今回は閉まっていました、、。↓

L1180068.jpg

内部には沢山の小さな観音様が奉納してあるようです、、。↓

L1180028.jpg

胎内巡りができなくてがっかりした吉田でしたが、観音様の裏側には何やら怪しげな「拝観順路」が続いていたのでした、、!↓

L1180075.jpg

実はここから先に、吉田の想像を絶するような驚くべき世界が広がっていたのですが、、あいにく撮影禁止だったので、涙を飲んで看板写真だけをアップさせていただきますね、、。↓

L1170997.jpg

この中には、大広間に涅槃図を表した巨大砂絵と、まるで三十三間堂のような無数の千手観音がびっしりひしめいている二つの巨大空間があったのですが、以前はライトアップされたり荘重な音楽が鳴ったりした大スペクタクルが繰り広げられていたようです。。
(吉田が行ったときは光も音もない打ち捨てられた廃墟のような感じだったのですが、それはそれでまた違った迫力がありましたよ、、!)

L1180079.jpg

それでもやはり、いつかは光と音で彩られた「観音浄土」を拝んでみたいものですね!

L1180080.jpg

この「加賀三十三間堂」ですっかり打ちのめされた吉田でしたが、ここにいていいのか不安になりながらも、がらんとした回廊を歩き続けました。。↓

L1180064.jpg

この先にはどうやら「世界一の梵鐘」などまだまだ見所があるらしいので、さらに期待が高まります。。↓

L1180067.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする