2015年08月25日

インドで吉田も考えた・その13〜コルカタ、ジャイナ教寺院!の巻。

コルカタで最初に訪れたのが、ジャイナ教のパレシュナート(?)寺院。。

L1150537.jpg

L1150539.jpg

L1150527.jpg

ジャイナ教とは2500年以上続くインドの宗教で、無所有とアヒンサー(「不害」という意味で、虫や微生物なども殺さないように気をつけているそうです)を守っているとても奥の深い宗教なのです。

L1150521.jpg

この日はとくにお祭りというわけではなさそうだったのですが、信者の人達が大勢集まっていました。

L1150522.jpg

皆さん着ているサリーが美しいです!↓

L1150525.jpg

カラフルでまるで遊園地のような雰囲気ですが、岩の上ではお坊さんがありがたい説法をしているとのこと。。↓

L1150534.jpg

L1150529.jpg

L1150532.jpg

ジャイナ教の信者の人は、そのアヒンサー精神のために農業などをすることができず、必然的に宝石商や金融関係の仕事をしているそうです。
そのためお金に余裕のある人が多く、寺院の中は豪華絢爛でした!(ただし写真撮影不可でしたが、、)
さらに、入り口では美味しいチャイのおもてなしも、、、!
飲んだ焼き物のコップは、その場で地面に打ち付けて土に返すそうです。↓

L1150516.jpg

後ろに見えるオレンジ色の建物が、たしか寺院の本殿でした、、。↓

L1150533.jpg

写真ではうまく撮れなかったのですが、お坊さんが帰っていくときの行進のようすです。
(楽隊に囲まれながら歩いていて、とても賑やかでした!)
ジャイナ教の裸行派のお坊さんは、無所有とアヒンサーを貫くために乗り物には絶対乗らず、さらに24時間365日全裸で生活しているそうです!↓

L1150526.jpg

いろいろ奥の深いジャイナ教なのですが、、なんと日本にも寺院があるとのこと!
実は先日、御徒町にあるジャイナ教寺院に見学に行ってきたので、後ほどその記事もアップしようと思います。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

インドで吉田も考えた・その12〜コルカタへ。。

何時間もホームで待ちぼうけした後、ようやく寝台車に乗れた吉田ですが、車内はかなり狭いうえにまるで街中のように賑やかで、ほとんど眠れないまま約15時間、、、。(ただ、消灯すると不思議なくらいぴたっと静かになりましたが、、今度はエアコンが寒かったり、、)
すっかり風邪をひいて激しい頭痛と寝不足でフラフラになりながらも、翌午前中ようやくコルカタに到着したのでした。。

ちなみに、コルカタのほうでも列車はこんな感じでドア開けっ放しのまま走っていました。
皆よく落ちないものです、、。↓

L1150490.jpg

そして、いよいよコルカタの街へ、、。
なんと、バスもドア開けっ放しで豪快でした!↓

L1150493.jpg

コルカタはタクシーの形がデリーと違っていたのですが、言葉もデリーのほうとは全く違うそうです。。↓

L1150491.jpg

ホテルに着いて荷物を置くと、まずは腹ごしらえにレストランへ、、。
ガイドさんが案内してくれたのは、店の中に汽車があるという、ちょっと変わったレストランでした。

一見すると普通のレストランなのですが、、。↓

L1150499.jpg

店の半分が車両になっています!↓

L1150497.jpg

入り口のほうはこんな感じでした。↓
ここでも、食べたのは当然カレーでしたよ。。

L1150503.jpg

食事の後はコルカタにあるジャイナ教の寺院に向かったのですが、途中の街のようすです。↓
中心部は人と車でごったがえしていて、すごい活気でした!

L1150505.jpg

デリーのほうではあまり見かけなかった人力車と自転車リキシャ、、。
乗ってみたかったのですが、とうとう乗らずじまいでした。。↓

L1150508.jpg

L1150548.jpg

コルカタのどの辺が「邪悪」なのかよくわからなかったのですが、、それでもなんだかディープでスピリチュアルな雰囲気はびしびし感じましたよ!

L1150512.jpg

L1150515.jpg

昔イギリスの植民地だったころの名残で、西洋風な建物も沢山ありました。↓

L1150553.jpg

あと、ジャラジャラいろいろな物をぶら下げている車がとても多かったです。これはどうやらお守りのようでした。。↓

L1150552.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

インドで吉田も考えた・その11〜サルナートへ!その2

いよいよ入場料を払って、サルナートの仏塔(ストゥーパ)へ。
想像していたよりずっと巨大で迫力満点でした!

L1150435.jpg

近くに行ってよく見ると、表面に精密な模様が刻んであります。↓

L1150437.jpg

さらに下のほうには金箔が、、。
これは、ストゥーパの周囲をぐるぐる周りながらお祈りした後に貼り付けるようです。↓

L1150448.jpg

こういう感じで、お坊さんの後ろに大勢ついて歩きながらお祈りしていました。↓

L1150438.jpg

L1150447.jpg

こちらはストゥーパの後ろ側。。こうして見ると、やはり大きいです!↓

L1150452.jpg

6世紀頃にはこの周囲には大きな寺院があったそうなのですが、現在は遺跡が残っているのみでした。。↓

L1150457.jpg

L1150456.jpg

外はかなり暑いのですが、広々していて長閑でしたよ。。↓

L1150443.jpg

なんとなくレトロでいい感じのストゥーパのトイレ。。↓

L1150458.jpg

ちなみに、この日泊まっていたホテルもレトロで可愛い感じでした。。↓

L1150473.jpg

ホテルに荷物を取りにいったん戻ってから、今度はサルナート?の駅へ、、。ここから再び寝台車に乗り込んだ我々は、一路コルカタに向かったのでした。。↓

L1150477.jpg

とはいえ、今回もすんなり列車に乗れたわけではなく、乗るはずの列車がだいぶ遅れているので別の列車をとりなおしたらそれもまた遅れる、、、という感じで結局予定より4、5時間も遅く出発することに。。
でもこういうことは悠久のインドでは当たり前のようです。。

ホームはこんな感じで、大勢の人がのんびり列車の到着を待っていました。↓
吉田達もひたすらスーツケースの上に座って数時間、、、悠久の時に身を任せましたよ。。

L1150478.jpg

そして、なんとホームの上にも牛が、、、!↓
インドの人にとっては当たり前の光景のようで、誰も驚いていませんでしたが。。
(むしろ驚きながら写真を撮っている吉田の姿に、皆さん驚いているようでした、、!)

L1150484.jpg

牛は無心にゴミ箱の中のものを食べています。。こうやってゴミが減っていくのが、なんとなくエコロジーな感じがしました。。↓

L1150483.jpg

そして、いよいよ次回は「世界で一番邪悪な街」?と言われたというコルカタ編です、、。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

インドで吉田も考えた・その10〜サルナートへ!

ガンジス川を出た吉田達は、今度は仏教の聖地「サルナート」へ向かったのですが、その前にガンジス川の流れる街「ワラナシ」のようすです。。

道ばたで売られているこの木の棒は、なんと歯磨きとのこと、、。↓
この棒を噛んで歯を奇麗にするそうです!

L1150364.jpg

こちらはお供え物用の花と果物でしょうか??↓

L1150367.jpg

通りにあった八百屋さん。日本では見たことのないような野菜も売られています。↓

L1150363.jpg

L1150391.jpg

L1150398.jpg

女性の着ているサリーが、どれも本当に素敵でした!↓

L1150377.jpg

何かの神様の廟のようです。。大釜のスープも美味しそうでした!↓

L1150373.jpg

もちろん、牛も自由に闊歩しています!↓

L1150397.jpg

L1150424.jpg

こちらは、ワラナシ大学の近くにあった寺院。インドの形をした巨大な彫り物?がありました。↓

L1150404.jpg

お寺の外にはインド式猿回しも、、。↓

L1150402.jpg

ホテルで少し休憩した後、ワラナシから少し行ったところにあるサルナートに向かいました。
ここは釈迦が悟りを開いた後初めて説法をした場所で、説法を鹿が聞いていたことから鹿野苑とも言われているところです。
まずは、ホテルのロビーにあったいい感じの仏像です。。↓

L1150419.jpg

そして、いよいよサルナートへ! まずはストゥーパの脇にあったお寺にお参りしました。
こちらは、回転させるとお経を唱えたことと同じになるという、とてもありがたいマニ車の列です。。↓

L1150427.jpg

こちらは、お釈迦様が説法をしているときのようすを再現したもの、、。↓
(鹿はいませんでしたが、、)

L1150425.jpg

L1150428.jpg

そして、いよいよこの後、仏舎利や教典が納めてあるというストゥーパに向かいます!

L1150432.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

目黒雅叙園・和のあかり×百段階段展!の巻。。

今週の日曜日で終わってしまうこのイベントですが、先日見学してきたので早速レポートしますね!

会場は、目黒雅叙園の中にある有形文化財にも指定されているというあの百段階段。
ちゃんと百段あるか、一段ずつ番号がふってありました、、。↓

L1170740.jpg

この百段階段の途中にいろいろな部屋があって、そこに「ねぶた」やアート作品などが展示してあります。↓

L1170735.jpg

最初の部屋には青森のねぶた祭りで使う「ねぶた」が、、!
テーマは「酒呑童子」だそうです。↓

L1170717.jpg

こんな感じで、豪華な部屋の中に「ねぶた」があるのがとてもシュールで迫力満点でした!↓

L1170714.jpg

天井や壁などにも豪華な装飾が施されています!↓

L1170720.jpg

L1170721.jpg

L1170719.jpg

そして、次の部屋は風鈴がびっしり吊るされた涼しい部屋でした!↓

L1170629.jpg

L1170689.jpg

L1170631.jpg

格子に映った風鈴の影も風流です、、。↓

L1170692.jpg

こちらは別の部屋にあった「柳井金魚ちょうちん祭」の金魚の群と、「山口七夕ちょうちんまつり」の提灯です。↓

L1170648.jpg

L1170652.jpg

天井の絵も美しく照らし出されていましたよ!↓

L1170655.jpg

他にもいろいろな部屋があって見応えたっぷりでした!↓

L1170724.jpg

L1170675.jpg

階段の天井も、見上げると素晴らしい絵が、、。↓

L1170695.jpg

ロビーの廊下のほうにも、いろいろなお祭りを表現した「和のあかり」が展示してありました。↓

L1170754.jpg

こちらは「仙台七夕祭り」でしょうか?↓

L1170759.jpg

L1170762.jpg

見ているだけで涼しくなれる(実際にエアコンもきいていて涼しかったです!)夏にはもってこいのイベントでした!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

8月情念ライブ@デパートメントH、ご報告!の巻。。

先週土曜日は、毎月恒例のデパートメントH@キネマ倶楽部!
夏真っ盛りのバケーションシーズンということで、今回の情念はハワイアン衣装で頑張りましたが、皆様ハワイの気分は味わっていただけたでしょうか??

L1170600.jpg

そして、さらにリゾート気分ムンムンの衣装で登場の円奴さんと!

L1170598.jpg

ちぇちりあさんたち3人の頭に乗っていたのは、バルバラさん制作のスパム缶です!↓

L1170596.jpg

吉田の全身はこんな感じでした。。↓

L1170606.jpg

L1170607.jpg

頭の花はちぇちりあさん制作なのです!↓

L1170610.jpg

今回もご来場くださった皆様、ありがとうございました!
そして、写真は一番上が円奴さん撮影、4番目がBONさん撮影です。こちらもありがとうございました!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情念ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

インドで吉田も考えた・その9。。ガンジス川続編!

だいぶ間が空いてしまったのですが、ガンジス川編続きです。。

それぞれのガートには続々と人がやってきて、どんどん沐浴していきます、、。↓

L1150320.jpg

L1150303.jpg

この写真だと小さくてよくわからないのですが、ガートに並んでヨガをしている人々もいました。。↓
「ワッハッハ!」と大声で笑う「笑いヨガ」というのをやっている人もいましたよ!

L1150326.jpg

ガンジス川をボートで漂っていると、なんとボートの土産物屋さんが、、。↓

L1150333.jpg

売っているのは額につけるビンディーや、象の置物などなど、、。↓

L1150332.jpg

象の置物は、このなかにさらに小さな象が入っているという凝った作りでした!↓

L1150338.jpg

川の上には、他にも観光客を乗せたボートが沢山漂っています。↓

L1150325.jpg

L1150331.jpg

最後は花とロウソクに火を灯し、祈りをこめて川に流しました。↓

L1150313.jpg

遠くのボートでは、鳥に餌をやっているようで、沢山の鳥が集まっています。(どうやら餌が鳥への施しになっているようです)↓

L1150337.jpg

これは、岸に上がってから撮った最後のガンジス川。すっかり太陽が昇っています。↓

L1150358.jpg

我々が降りたガートでは、顔面を白く塗ったサドゥーが修行をしていました。↓

L1150356.jpg

本当はもっとガンジス川やガートを味わいたかったのですが、次の行程が控えている我々は、階段を上って早々にガンジス川を後にすることになったのでした。↓

L1150359.jpg

そして、またまたインドとは関係ないのですが、、本日夜は毎月恒例のデパートメントH!
情念も出演しますので、時間のある方はぜひキネマ倶楽部までお越し下さい!
posted by 吉田酢酸先生 at 01:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする