2017年04月15日

毒毒展2@サンシャイン水族館!の巻。。

前回の「毒毒展」に続いて今年の「毒毒展2」も見に、サンシャイン水族館に行ってきました! 今回も沢山の「毒」生物たちがいて、それぞれ毒レベルが1から5まで分かれていましたよ。。
まず入り口に入ると、毒レベル4の「ポルカドットスティングレイ」が、、。ちなみに毒レベル4とは、救急車で治療を受けないと重症になるレベルとのことでした、、。↓

L1220106.jpg

L1220107.jpg

次は毒レベル不明の「チョウセンスズガエル」。見るからに毒っぽい色合いです。。↓

L1220112.jpg

髑髏の脇に隠れているのが、毒レベル2の「タンザニアオオヤスデ」。毒レベル2とは、噛まれると腫れたりするレベルだそうです。。↓

L1220115.jpg

あの猛毒きのこ「カエンタケ」の模型や毒蛇なども展示されていました。。↓

L1220116.jpg

L1220118.jpg

これは毒レベル3の「バラハタ」。毒レベル3は、病院にいったり安静にしたりする必要があるレベルとのこと。。↓

L1220120.jpg

「ポートジャクソンシャーク」。これも背びれに毒棘があるそうです。。↓

L1220123.jpg

これは毒レベル不明の「ミツユビハコガメ」。この亀は、もともと毒はないのに、毒キノコを食べて体内に毒を溜めるという面白い生態をもっていました!↓

L1220127.jpg

お腹丸出しでのんきに寝ているのですが、これが毒レベル4の「シマスカンク」。このスカンクの肛門から強烈な刺激臭が発射されます。。なんと、その匂いは1キロ先からでもわかるほど強烈とのこと、、。会場にはこのスカンクの刺激臭を体験するコーナーもありました! 吉田も体験してみたのですが、相当和らげられていたようで、刺激はほとんどなくて獣の匂いがしただけでした。。↓

L1220130.jpg

こちらは大迫力の「ドクウツボ」。。大きくなると、3メートルになるものもいるそうです。。↓

L1220132.jpg

これはハブの剥製。。剥製でも迫力がありました!↓

L1220135.jpg

ちなみに毒レベル5(死に到るほどの猛毒)として展示されていたのは、意外にもどこにでもいそうな鯉でした。。今まで吉田も知らなかったのですが、鯉の胆嚢には毒があるそうです。。

ここからは毒毒展ではなく、水族館の一般展示になるのですが、これも尾に毒を持つエイとのこと、、。↓

L1220137.jpg

岩に擬態するカニです。。↓

L1220141.jpg

これはサメの卵。。中にはサメの赤ん坊が蠢いていました、、。↓

L1220143.jpg

巨大なタコもいましたよ!↓

L1220150.jpg

巨大ウーパールーパ?も、、↓

L1220160.jpg

カメも沢山いました。ちなみにサンシャインのリクガメは、ほとんどが密輸されたカメを引き取って育てているそうです。。↓

L1220163.jpg

イグアナもまるで岩のように固まっていました。。↓

L1220164.jpg

ここは珊瑚礁水槽だったのですが、この魚とちょうど目が合いました。。↓

L1220168.jpg

さらに屋上には、コツメカワウソの「カワウソ鍋」も、、!↓

L1220170.jpg

カワウソも猫のように玩具で遊んでいました。。↓

L1220173.jpg

そして、最後に吉田がカフェで食べたのが、「ポルカドットスティングレイケーキ」。。見た目は毒々しかったですが、味は甘くて美味しかったです!↓

L1220181.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

早春の江ノ島猫巡り!の巻。。その3

江ノ島は日帰りでも十分行けるのですが、今回はなんと島内?に一泊しました! 泊まったのはここ「岩本楼」です。。ここはもともと「岩本院」という女人禁制のお寺で、このお寺にいた稚児が弁天小僧のモデルになったそうです。↓

L1220100.jpg

岩本楼の庭には巨大な蘇鉄が生えていました。。↓
写真は撮れなかったのですが、ここにはお寺で博打をする稚児を懲らしめるための土牢を改造してつくった「洞窟風呂」というのがあって、洞窟好きな吉田にはたまりませんでした!(洞窟風呂の中には弁天様も祀ってありましたよ)

L1220098.jpg

そして、一泊した翌日は再び猫を探して「猫の聖地」と言われる「聖天公園」へ、、。昨日は思っていたより猫遭遇率が少なかったのですが、聖天公園は聖地というだけあって猫が何匹も集まっていました!↓

L1220036.jpg

L1220043.jpg

L1220048.jpg

ぽかぽかした日溜まりの中、気持ち良さそうに寝ていました。。↓

L1220066.jpg

L1220071.jpg

L1220073.jpg

L1220077.jpg

尻尾がシンクロしています。。↓

L1220079.jpg

道の真ん中でもどうどうと寛いでいました。。↓

L1220070.jpg

江島神社のほうの山道にも猫が、、。↓

L1220088.jpg

たっぷり猫で癒された後は、公園の近くの港に行ってみました。。↓

L1220058.jpg

L1220049.jpg

これはカラス除けでしょうか??↓

L1220053.jpg

青い海には海藻も浮かんでいましたよ。。↓

L1220054.jpg

ボートの上には犬も。。↓

L1220055.jpg

港からサムエル・コッキング苑のほうを振り返ると、ちょうどロウソクのような展望台から煙が上がっているように見えました!↓

L1220060.jpg

そして、江ノ島巡りの最後を締めくくったのが、鎌倉山にあるチーズケーキの店「ハウスオブフレーバー」。ここのチーズケーキはなんと日本一高価かつ美味とのことで、ぜひ行ってみたくなったのですが、ラストオーダーが16時半で1分でも遅れたら入れないとのこと。。すでに16時を過ぎていたので江ノ島からタクシーを飛ばし、なんと16時半ジャストに入店することができたのでした、、。
これが奇跡のように現れたチーズケーキ! 濃厚なのに口当たりが軽くてとても美味しかったです!↓

L1220101.jpg

こちらはチョコレートケーキ。。メニューはこの二種類だけで、閉店までの15分くらいの間に吉田一人でほぼ両方とも一気に食べてしまいました! かなり大きかったのですが、口に入れると溶けてしまうような柔らかさで食べやすかったです。↓

L1220102.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

早春の江ノ島猫巡り!の巻。。その2

何回か江ノ島に来たことのある吉田ですが、岩屋に行くのは初めてでした。。海沿いの岩場を歩いて岩屋に向かいます。↓

L1210991.jpg

岩屋の中はとても暗く、ロウソクの灯火をたよりに進んでいきます。奥のほうには白蛇がとぐろを巻いた神像が! 他には日蓮の寝姿石や、富士山の氷穴につながっているという穴もありました。。↓

L1210993.jpg

岩屋は「第一の洞窟」と「第二の洞窟」に分かれているのですが、いったん外に出てから第二の洞窟に進みます。。↓

L1210994.jpg

第二の洞窟の奥には龍神の像が祀ってありました。この側にある太鼓を叩いて龍神の目が光れば願いが叶うとのことでしたが、、、吉田は何回やっても光りませんでした。。(すぐ後ろに並んでいた人は一発で光っていたのですが、、)ちなみに吉田の願いは「目よ光れ!」でした、、。↓

L1210997.jpg

岩屋を出たところはこんな断崖になっていました!↓

L1220004.jpg

L1210999.jpg

波もけっこう荒かったです!↓

L1220001.jpg

L1220007.jpg

外は天気が良くて、雲も奇麗でした!↓

L1220002.jpg

L1220013.jpg

岩場には潮溜まりも沢山できていましたよ!↓

L1220012.jpg

岩屋を出て少し階段を上ると、海に夕陽が沈みかけていました。遠くに富士山も見えています!↓

L1220018.jpg

こちらは岩屋の真上にあるという「龍宮」。江ノ島には弁財天と龍にまつわる伝説があり、いろいろな所に龍が祀られていました。↓

L1220020.jpg

これは「力石」で、320キロもあるそうです!↓

L1220021.jpg

L1220022.jpg

L1220023.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

早春の江ノ島猫巡り!の巻。。その1

先月初め、春の兆しが見え始めた江ノ島に、猫を探しに行ってきました。。↓

L1210954.jpg

江島神社の境内では、桃の花?が咲き始めています!↓

L1210961.jpg

水琴窟もありました。。↓

L1210962.jpg

江島神社で拝んだ後は、エスカーに乗って山の頂上にあるサムエル・コッキング苑の展望台へ。。↓

L1210964.jpg

展望台に上ると、晴れていて江ノ島の海が一望にできました!↓

L1210965.jpg

L1210968.jpg

展望台は別名「シーキャンドル」というのですが、一番てっぺんにはたしかにロウソクの芯のようなものがついていました。。↓

L1210970.jpg

展望台から外に出て下を見下ろすと、スリル満点でしたよ、、。↓

L1210971.jpg

展望台の下りはエレベーターではなく、外の螺旋階段を歩いて降りたのですが、風が強くて吹き飛ばされそうでした。。↓

L1210972.jpg

L1210974.jpg

サムエル・コックング苑を出て再び山を下っていく途中に、江ノ島大師がありました。。↓

L1210977.jpg

この真っ赤な仁王様に惹かれてお参りすることに、、。↓

L1210978.jpg

お堂の中には、お寺としては珍しくステンドグラスの窓がありました。↓

L1210980.jpg

L1210979.jpg

お寺を出てなおも進むと、商店街の裏にこんな怪しいメッセージが、、。↓

L1210981.jpg

崖っぷちには、今にも崩れそうな危険な建物もありました、、。↓

L1210982.jpg

ここまでまったく猫を見かけなかったのですが、、、海岸の岩屋に向かう途中でついに猫を発見!↓

L1210987.jpg

沖縄の猫にはサーターアンダギーが大人気だったので江ノ島の猫にもやってみましたが、、、、江ノ島の猫はあまり興味を示してくれませんでした。。やはり土地柄なのでしょうか、、?↓

L1210989.jpg

続きます。。
posted by 吉田酢酸先生 at 01:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

豊洲から水上バスに乗る!の巻。。

まだ寒い2月の終わり頃、豊洲から水上バスに乗ってみましたよ、、!
夕方17時15分発だったのですが、日暮れの豊洲はちょっとサイバーパンクな雰囲気が漂っていました。。↓

L1210893.jpg

船は豊洲から築地まで行ってまた戻ってくる、一周45分のコースです。最初に水の中に現れたのは、木場の名前の由来となったという、木を立てかけるコンクリートでした。。↓

L1210898.jpg

乗ったのはこんな感じの小さな船。甲板は寒かったものの、眺めが最高で気持ちよかったです!↓

L1210902.jpg

これは船の駐車場?のようでした。。↓

L1210905.jpg

L1210906.jpg

橋の下を通るときは、かなり天井ぎりぎりでしたよ、、。↓

L1210907.jpg

他にもいろいろなタイプの屋形船が何艘か通っていました!↓

L1210909.jpg

L1210922.jpg

遠くにスカイツリーも見えましたよ!↓

L1210920.jpg

これは築地市場を船から眺めたところ、、。水上から直接市場に荷をおろせるようになっていたのは知りませんでした。。↓

L1210928.jpg

スカイツリーの反対側には東京タワーも!↓

L1210929.jpg

L1210934.jpg

船が豊洲に戻ると、すっかり辺りは暗くなっていました。。クレーンがライトアップされて奇麗でしたよ!↓

L1210940.jpg

「ららぽーと」にはなぜか牛もいました、、。↓

L1210942.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

世界らん展&スカイツリーに上る!の巻。。

もうすでに終わってしまったのですが、、先月は東京ドームでやっていた「世界らん展」に行ってきました。。世界各地から珍しい蘭が沢山集まっていて見応えがありましたよ!
ちょうどバレンタインの頃だったので、会場には蘭の花で作られた巨大なハートマークが、、。↓

L1210814.jpg

こちらは見事な胡蝶蘭の滝。。↓

L1210816.jpg

蘭の花でできた富士山も見事でした!↓

L1210821.jpg

とにかく会場には沢山の蘭が咲き乱れていて、南国のような甘い香りがたちこめていました!↓

L1210824.jpg

L1210825.jpg

L1210828.jpg

同じ蘭の仲間でも種類によって花の形がまったく違うのが面白かったです。。↓

L1210829.jpg

L1210830.jpg

吉田的には、このピンクと黄色の色合いが好きでした!↓

L1210831.jpg

L1210832.jpg

花だけでなく、鉢も凝っていて素敵でした!↓

L1210834.jpg

こちらの花は、膨らんだ部分が柔らかそうでいい感じです、、。↓

L1210835.jpg

袋の中には黒い点々が、、、。中に入って寝てみたくなります。。↓

L1210836.jpg

掛け軸が似合う、和風な蘭もありました。↓

L1210838.jpg

東京ドームで蘭を堪能した後は、押上にあるスカイツリーへ、、。開業して4年以上たって、初めて展望台に行くことができました!↓

L1210846.jpg

展望台の床が一部ガラスになっていて、真下を見下ろすことができます。。ガラスの上はスリル満点でした、、!↓

L1210850.jpg

L1210883.jpg

そのガラス張りのある展望デッキから、さらにエレベーターに乗って100メートル上にある「展望回廊」へ。。そこにはスカイツリーの展望台の中で一番高い、451メートルのソラカラポイントがありました!↓

L1210864.jpg

吉田のカメラだと暗くなってしまうのですが、、、ここからの景色は東京の街が小さく見えて感動的でした!↓

L1210870.jpg

エレベーターの天井が一部ガラス張りで、下がっていくときの内部のようすが見えるような仕掛けになっていました!↓

L1210875.jpg

L1210876.jpg

一番下まで降りてからあらためて見上げると、やはりスカイツリーは迫力がありました!↓

L1210888.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

お蔵出しディープスポット・コスモアイル羽咋&恐竜博物館&大阪空中庭園の巻。。

ハニベ巌窟院の後は、同じ石川県にあるUFOの町、羽咋市のコスモアイル羽咋に行ってきましたよ。。
羽咋市内は電車にもUFOのイラストがついていました!↓

L1110615.jpg

電車の中にも宇宙人が、、、。↓

L1110614.jpg

お目当てのコスモアイル羽咋は、UFOの形をした宇宙科学博物館なのです。。↓

L1110613.jpg

L1110611.jpg

博物館の隣にはロケットもあります!↓

L1110610.jpg

中には隕石や宇宙人の模型、それに宇宙服などが展示してあって見応え十分でした! 写真は月面車です。。中を実際に緑色の宇宙人?が歩き回っていて、壁の陰からじっとこっちを見ていたりもしましたよ。。↓

L1110609.jpg

コスモアイルを出た後は、隣の福井県にある「恐竜博物館」へ。。福井県は「フクイサウルス」など5種類の恐竜が発見されていて、なんとここは世界三大恐竜博物館の一つに数えられているのでした!↓

L1110702.jpg

ちなみにこの実物大のティラノサウルスは、動いているのですごい迫力でしたよ!↓

L1110703.jpg

L1110705.jpg

ベンチにもさりげなく恐竜が座っていました。↓

L1110706.jpg

そして、帰りは大阪経由で東京に戻ったのですが、、せっかくなので大阪駅近くのスカイビル「空中庭園」に寄ってみました。。入り口のエスカレーターが吸い込まれそうな感じでしたよ。。↓

L1110711.jpg

屋上は、ぐるっと一周できるようにになっていました。↓

L1110714.jpg

下を見るとかなり怖いです。。↓

L1110721.jpg

L1110732.jpg

空中庭園という名前だったのでお庭があると思ったのですが、残念ながら植物はありませんでした。。でも、大阪の街が見渡せて、眺めがよかったです!↓

L1110720.jpg

L1110728.jpg

下まで降りて見上げたところです。。あの丸い穴の周りにいたのかと思うと不思議な気分でした。。↓

L1110752.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

お蔵出しディープスポット・ハニベ巌窟院!探訪の巻。。(その2)

「ハニベ巌窟院」探訪記の続きです。。
奪衣婆の横を過ぎ、いよいよ地獄の鬼たちの祝宴へ、、。↓

L1110655.jpg

振り向いた鬼の目線が怖いです、、。ちなみにテーブルの上の料理は、目玉の串刺しや耳と舌の甘煮とのこと。。↓

L1110657.jpg

これは地獄のコックさん? キッチンでは猟奇バラバラ事件が起こっていました、、。↓

L1110659.jpg

これは「闘争にあけくれた罪」による三すくみ地獄、、。蛇と蛙となめくじでしょうか??↓

L1110660.jpg

その奥には、舌先三寸や色目を使って人をたぶらかすと堕ちる地獄が、、。痛そうです。↓

L1110666.jpg

L1110664.jpg

蛇にからまれる「蛇地獄」も。。↓

L1110663.jpg

いろいろ大変そうな「乱用地獄」。。↓

L1110669.jpg

悪だくみをすると蜘蛛の巣に引っかかります。。↓

L1110671.jpg

そんな地獄のようすを厳しく監視する不動明王、、。↓

L1110672.jpg

もちろん閻魔大王も睨みをきかせています。。↓

L1110673.jpg

そして、奥のほうには「地獄に仏」のありがたい仏様たちが、、。↓

L1110676.jpg

さらに、地獄から出たところには涅槃像もありました!↓

L1110677.jpg

涅槃像は洞窟から少し離れた小高い丘の上にあったのですが、地獄から出た後は有り難さもひとしおでした。。↓

L1110679.jpg

誰だかわからないのですが、なんとなくほっとさせられます。。↓

L1110680.jpg

象も横から見るとまた別な味わいがありました。。↓

L1110681.jpg

観音様が見下ろす赤い人、、。↓

L1110682.jpg

L1110683.jpg

地上は躍動感に溢れています、、!↓

L1110686.jpg

このように、地獄と極楽の両方を味わえる「ハニベ巌窟院」。。洞窟内には、暗くて写真に撮れなかった地獄もまだまだあって見応え十分でしたよ!

L1110688.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

お蔵出しディープスポット・ハニベ巌窟院!探訪の巻(その1)。。

これも少し前になるのですが、、北陸最強の珍スポットと言われる「ハニベ巌窟院」を訪ねたときの写真です。。
ハニベ巌窟院とは、彫塑家であった初代院主とその息子さんによって造られた寺院で、なんとお庭や洞窟の中に仏の世界や地獄を再現してあります!

院内に入ると、まずはいきなり現れたこの巨大仏頭に驚かされます!↓

L1110616.jpg

なんと15mもあるとのこと。。↓

L1110619.jpg

横から見たところです。。↓

L1110625.jpg

院内のお庭には、そこかしこに仏像が。。↓

L1110621.jpg

L1110638.jpg

彫塑家だった初代院主の作品も、いたるところに置かれていました。↓

L1110622.jpg

L1110627.jpg

人物だけでなく、ライオンや象の像?も、、。↓

L1110632.jpg

L1110637.jpg

L1110634.jpg

奥の建物では、大仏Tシャツなどのお土産なども売られていましたよ!↓

L1110635.jpg

こちらは仏ゾーン、、? 清らかな空気が流れています。。↓

L1110628.jpg

そして、いよいよこの洞穴の奥が地獄世界に、、!↓

L1110639.jpg

中は広い洞窟になっていて、外とはまったくの別世界でした、、。↓

L1110641.jpg

地獄なのに、なぜかシュールな彫刻も、、、。↓

L1110642.jpg

「地獄に仏」の仏頭や神様も祀ってありましたよ。↓

L1110643.jpg

L1110646.jpg

「地獄門」の先にはいよいよ地獄が。。↓

L1110645.jpg

様々な地獄の責め苦が待ち受けています。。↓

L1110649.jpg

まずは、お馴染みの「奪衣婆」の登場です。。↓

L1110653.jpg

(次回に続きます、、、)
posted by 吉田酢酸先生 at 01:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

お蔵出しディープスポット・即身仏を巡る旅〜羽黒山&善光寺

山形で六体の即身仏を拝んだ後は、羽黒山まで足を伸ばしました。。「山」というだけあって、石段が長く続いています。↓

L1100595.jpg

途中には霊験のありそうな滝が、、。↓

L1100596.jpg

国の天然記念物にも指定されている「爺杉」。樹齢は1000年以上あるそうです。。↓

L1100598.jpg

杉の樹の近くには、国宝の五重塔も、、。↓

L1100607.jpg

霊験のありそうな場所だと、なぜか写真が白っぽくなってしまうのは気のせいでしょうか、、??↓

L1100601.jpg

石段は全部で2000段以上あるそうです。。夕方着いた吉田は、閉門時間を過ぎてしまっていたので残念ながら本殿はお参りできませんでした。。↓

L1100609.jpg

羽黒山から、帰りは赤倉のほうを回って善光寺へ。。赤倉では山道で野生のカモシカに遭遇しましたよ! 出会ったときはお互いにびっくりして立ち止まり、カモシカは静かに去っていきました。熊じゃなくてよかったです。。↓

L1100651.jpg

そして、善光寺にも放し飼い?の牛が、、。↓

L1100772.jpg

ここでも、仁王様の前には沢山の草鞋が奉納されていました!↓

L1100773.jpg

善光寺では、暗闇の中を手探りで進む「お戒壇巡り」をしたり山門に登ったりして、たっぷり拝んできましたよ。。

L1100776.jpg
posted by 吉田酢酸先生 at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープスポット探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする